2019年6月9日(現地時間)、F1第7戦カナダGPがモントリオール郊外のジル・ビルヌーブ・サーキットで開催され、メルセデスのルイス・ハミルトンがシーズン5勝目を挙げた。2位はフェラーリのセバスチャン・ヴェッテル、3位にはフェラーリのシャルル・ルクレールが入った。ホンダ勢はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)の5位が最上位。5番手グリッドからスタートしたチームメイトのピエール・ガスリーはルノー2台の後塵を拝し8位。トロロッソはダニール・クビアトが10位、アレキサンダー・アルボンはリタイアに終わった。

ヴェッテル、トップでゴールもペナルティで勝利を逃す

予選で会心のアタックを見せて今季初のポールポジションを奪ったヴェッテルは、レーススタートでも好ダッシュを決めてレースの主導権を奪うと、その後は盤石の走りで、タイヤとブレーキを労わりながらただひとり食いついてくるハミルトンとの差をキープし続けた。

一時はDRS圏内に入ったハミルトンも、肝心なところでタイヤをロックさせるなどして仕掛けるまでに至らず、レースも4分の3を過ぎてこのままヴェッテル&フェラーリの今季初勝利は確実かと思われた。

しかし、48周目、まさかの出来事が待っていた。ターン3で姿勢を乱したヴェッテルがコースアウトして次のターン4イン側のグリーンにエスケープ。なんとかコースに戻ったところでレーシングラインを通ってきたハミルトンの進路を塞ぐ形となった。

レース審査委員会はこのヴェッテルの動きを走行妨害と判断して5秒のペナルティを課し、ヴェッテルはトップでフィニッシュしたものの、優勝は2番手でチェッカーを受けたハミルトンのものになった。

フィニッシュ後、ヴェッテルはフィニッシュしたマシンを所定の位置に止めないなど裁定に怒りを露わにしたが、結果が覆るはずはなく、無念の2位。シーズン5勝目を挙げたハミルトンにとっても後味の悪い結末となった。

画像: 今季5勝目を飾ったルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)。メインカットはペナルティの審議対象となったシーン。故意な妨害には見えなかったが、スペースがあれば順位はかわっていただろう。

今季5勝目を飾ったルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)。メインカットはペナルティの審議対象となったシーン。故意な妨害には見えなかったが、スペースがあれば順位はかわっていただろう。

ガスリー優勝争いに加われず、ホンダはフェルスタッペンの5位がベスト

予選Q2での最後のアタック中にケヴィン・マグヌッセン(ハース・フェラーリ)のクラッシュによってタイムが出せず、今季初めてQ3に進めなかったフェルスタッペンは、他車のペナルティによって9番グリッドからのスタート。ハードタイヤを選択して、第1スティントを引き延ばす戦略で上位を狙った。

それが奏功してチームメイトのガスリーとルノー勢はかわしたものの、バルテリ・ボッタスのメルセデスを抜けるだけのペースはなく、5位まで上がるのが精一杯。今季の最下位リザルトに終わった。

一方、5番グリッドという好位置からのスタートとなったガスリーは1回目のタイヤ交換後にハードタイヤで走り続けるランス・ストロールを抜けなかったことが響いて、目標の表彰台はおろかルノー勢にも対抗することができずに8位。なんとか出来うる限りの結果を出したフェルスタッペンとの差がさらに鮮明になってしまった。

次戦第8戦フランスGPは6月23日、南フランス、ル・キャステレのポール・リカール・サーキットで開催される。

画像: 9番グリッドからハードタイヤでスタートし、上位を脅かしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)。5位でフィニッシュ。

9番グリッドからハードタイヤでスタートし、上位を脅かしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)。5位でフィニッシュ。

画像: 各ドライバーのタイヤ選択。77バルテリ・ボッタスは最後にソフトタイヤを履いてファステストラップを記録した。

各ドライバーのタイヤ選択。77バルテリ・ボッタスは最後にソフトタイヤを履いてファステストラップを記録した。

F1第7戦カナダGP決勝 結果

優勝 44 Lハミ.ルトン(メルセデスAMG) 70周
2位 5 S.ヴェッテル(フェラーリ) +3.658s
3位 16 C.ルクレール(フェラーリ) +4.696s
4位 77 V.ボッタス(メルセデスAMG) +51.043s
5位 33 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ) +57.655s
6位 3 D.リカルド (ルノー) +1L
7位 27 N.ヒュルケンベルグ(ルノー) +1L
8位 10 P.ガスリー (レッドブル・ホンダ)  +1L
9位 18 L.ストロール (レーシングポイント・メルセデス) +1L
10位 26 D.クビアト (トロロッソ・ホンダ) +1L

2019 F1ドライバーズスタンディング

1位 L.ハミルトン(メルセデスAMG)162
2位 V.ボッタス(メルセデスAMG)133
3位 S.ヴェッテル(フェラーリ)100
4位 M.フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)88
5位 C.ルクレール(フェラーリ)72
6位 P.ガスリー(レッドブル・ホンダ) 36

2019 F1コンストラクターズスタンディング

1位 メルセデスAMG 295
2位 フェラーリ 172
3位 レッドブル・ホンダ 124
4位 マクラーレン・ルノー 30
5位 ルノー 28

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.