今年マスターズを制し、ツアー81勝、メジャー15勝目を挙げたタイガー・ウッズ。サム・スニードのツアー82勝、ジャック・ニクラスのメジャー18勝の記録を超えられるかに注目が集まるが……果たして達成できるのか? 先週開幕した米シニアツアー「マスターカード・ジャパン選手権」に出場している大ベテランに聞いてみた。

スニードは超えられるがニクラスは超えられない?

米シニアツアー「マスターカード・ジャパン選手権」に出場した大ベテラン30人に、タイガーの歴史的な記録更新はなるか、アンケートを取った。タイガーは今年の4月にマスターズで優勝したことで、ツアー81勝を挙げており、メジャー15勝目を挙げている。

画像: ツアー81勝、メジャー15勝を挙げたタイガー・ウッズ(写真は2019年のマスターズ 撮影/姉崎正)

ツアー81勝、メジャー15勝を挙げたタイガー・ウッズ(写真は2019年のマスターズ 撮影/姉崎正)

まず、サム・スニードが樹立しているツアー82勝を超えられるか? について聞いてみると、1人(ジェリー・ペイト)を除いて29人がYESと答えた。

「あと1勝だろう? それはイージーだ」(ジェイ・ハース、ケン・タニガワ)「あと5勝前後はするんじゃない?」(スコット・マッキャロン)「健康だったら、まだまだ勝ち続ける」(ダン・フォースマン)などの意見があった。

諸説によれば、タイガーはすでにツアー85勝を挙げているのではないか? という話もあるが、今のタイガーなら、今年もあと1〜2勝は挙げられるのではないか、と予想する。先週のメモリアルトーナメントの最終日、67をマークしてトップ10入り。爆発力も衰えてはいない。

また、ジャック・ニクラスの持つメジャー18勝の記録を超えられるかについて、であるが、これに対しては否定的な選手が多かった。YESが9人に対し、NOが20人である。トム・ワトソン、ジェリー・ペイトらは記録更新に肯定的で「タイガーなら、可能性は十分ある。NOではない」とペイトは語っているが、他の選手たちは「あと1〜2勝はするかもしれないが、18勝には満たないんじゃないか?」(スコット・マッキャロン、ジェフ・スルーマン、ダフィ・ウォルドーフら)という意見が大半だった。

画像: メジャー18勝の記録を持つレジェンド中のレジェンド、ジャック・ニクラス。タイガーが記録を更新するためにはあと4勝が必要だ(写真は2016年のマスターズ 撮影/姉崎正)

メジャー18勝の記録を持つレジェンド中のレジェンド、ジャック・ニクラス。タイガーが記録を更新するためにはあと4勝が必要だ(写真は2016年のマスターズ 撮影/姉崎正)

タイガーも43歳。ジャック・ニクラスは46歳でマスターズに優勝しているし、タイガーの昔からのトレーニングの積み重ねがあれば、年齢的な体の衰えを急に大きく感じ、メジャーやPGAツアーで勝てなくなる年齢ではないだろう。

しかし、タイガー自身、最近は体の衰えと、練習量の限界などについて頻繁に語っている通り、全盛期のプレーができなくなっていることは確かであり、タイガー自身、若い頃に比べて体が自由に動かない、あるいは体力が持たないなどを自覚しながら、うまく自身に折り合いをつけてゴルフに向き合っている。とはいえ、ニクラスの記録に並ぶにはあと3勝。

来週に控えるペブルビーチでの全米オープンも含めて、なんとかこの1〜2年で3勝は挙げ、タイ記録までは持ち込んでほしいところである。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.