プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年6月10日、コンパクトカー「シトロエン C3」に特別仕様車として、フランスのフレンチカジュアルファッションブランド「セントジェームス」とのコラボレーションによる「C3×SAINT JAMES(C3 セントジェームス)」を追加し発売した。

ボーダー柄をまとったシトロエン C3の特別仕様車 第5弾

2017年7月の日本デビュー以来、2000台を超える販売台数を記録しているベストセラーコンパクトのシトロエン C3は、これまでいくつもの特別仕様車をリリースしてきている。

今回の「C3 ×SAINT JAMES」は、C3特別仕様車の第5弾にして、C3 CAFÉ EDITION(2018年6月発売)同様の日本独自企画のモデルとなる。

今回のモデルは、さわやかなマリンイメージのボーダーシャツで日本でも人気の、フレンチカジュアルブランド「セントジェームス」とのコラボレーション。セントジェームスのスタイルにインスパイアされたルーフのボーダーステッカーとボーダーでトリミングされた特製フロアマット、Cピラー部のセントジェームスロゴステッカーが特別仕様としてのポイントとなる。また、ご購入者にはセントジェームス×シトロエンコラボレーション ボーダーTシャツがプレゼントされる。

車両価格

C3セントジェームス 256万円

○ボディ:5ドアハッチバック
○エンジン:1.2L 直3ターボ
○最高出力:110ps/5500rpm
○最大トルク:205Nm/1500rpm
○トランスミッション:6速AT(EAT6)

C3セントジェームス特別仕様(ベース車輌はC3 SHINE)

• セントジェームスボーダールーフステッカー
• セントジェームスロゴステッカー(Cピラー)
• ボーダーパイピングフロアマット フロント/リア(フロントはセントジェームスタグ付)
• セントジェームス×シトロエンコラボレーションボーダーTシャツ(成約プレゼント)

画像: C3セントジェームスはコバルトブルー/ブランバンキーズ/サーブルの3色展開。ルーフストライプは、コバルトブルーとサーブルがそれぞれのボディ色に準じたもの、ブランバンキーズはアデンレッドとなる。

C3セントジェームスはコバルトブルー/ブランバンキーズ/サーブルの3色展開。ルーフストライプは、コバルトブルーとサーブルがそれぞれのボディ色に準じたもの、ブランバンキーズはアデンレッドとなる。

画像: ルーフのボーダーステッカーが特徴だ。

ルーフのボーダーステッカーが特徴だ。

セントジェームスって?

フランス北部ノルマンディー地方にあるSAINT JAMES市をルーツに持つカジュアルブランド。1889年に創設され、今年130周年となるセントジェームスを代表するコットンボーダーシャツは、ノルマンディーのモン・サンミッシェルの干潟の牧草で育った羊から作られた漁師や船乗りたちが愛用したマリンセーターがそのルーツとなる。

ブランドロゴにフランス語で“Né de la mer”(海から生まれた)という言葉が添えられており、セントジェームスの製品が自然と共存するノルマンディーの海の暮らしから生まれたことを表している。ブランドロゴにはノルマンディーの海の色のブルーとかの地の歴史的遺産のモン・サンミッシェルがあしらわれている。

シグネチャー的製品であるウェッソンに代表されるコットンボーダーシャツは、その伝統を守り続け、流行に左右されない不朽のスタイルと高い品質が世界中の人々に愛されている。2005年には「伝統を正しく継承しフランスの精神を伝達する企業」として高く評価され、社会貢献した企業に授与される“EDC ETHIQUE&GOUVERNANCE”を受賞し、フランスを代表するブランドとなっている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.