富士フイルムは、黒白フィルム「ネオパン100 ACROS II」を新たに開発し、2019年秋に35mmサイズ、ブローニーサイズの2種類を発売すると発表した。

黒白フィルムの需要の減少と、原材料が入手困難になったため、黒白フィルムの販売を昨秋に終了していた。しかし、フィルム愛好家やフィルム独特の風合いによる写真を好むSNS世代の若年層を中心に、黒白フィルムの販売継続を望む声が多く寄せられたことを受け、販売再開に向けた検討を進めたという。入手困難な原材料の代替品の研究、新たな原材料に合わせた製造プロセスの抜本的な見直しにより、黒白フィルム「ネオパン100 ACROS II」の開発に成功し、2019年秋に発売となる。

画像: 写真は昨秋販売終了となったネオパン 100 ACROS

写真は昨秋販売終了となったネオパン 100 ACROS

ネオパン100 ACROS IIの特長

●「Super Fine-Σ粒子技術」を採用することにより、感度ISO100の黒白フィルムとして世界最高水準の粒状性を実現。
●「ネオパン100 ACROS」に比べハイライト部の階調をメリハリのある設計とし、立体的な階調再現が可能。
●世界最高水準のシャープネスにより、被写体の輪郭を強調した描写が可能。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.