続いて昨夜はノーコメントだったIWGPヘビー級王者防衛に成功したオカダ・カズチカのコメント。

オカダ「まあ、すごいムカついてます。ええ。タイトルマッチのあとにジェリコにぐちゃぐちゃにされて、お客さんも本当にあれだけ大阪城ホール超満員で集まってもらったのに。ああいう試合後の暴れっぷりというんですかね。そのせいでしっかりとハッピーで帰れなかった人たちが多かったのは申し訳なかったと思いますし、これで終わりじゃないでしょう、ジェリコ。また、昨日やられた分を次あればしっかり返したいなと思います。防衛できたので、この勢いでKIZUNA ROADもそうですし、G1に向かっていきたいなと思います。

(ジェリコとのシングルの感想は)さすがクリス・ジェリコだなと思ったところもありますし、ここでそういうリズムの取り方をするんだ、そこでその技を出す考えがあるんだとか、そういう意味ではすごいレスラーだなと思いましたけど。世界中のいろんなレスラーと闘って、最終的にああいうスタイルになって…オレはあんなスタイルになりたくないなって思いましたね。10年後か20年後なのかわからないですけど。あんなスタイルじゃなくて。あのスタイルはオレなんか認めたくないなって。IWGPとして。なんかちょっとさみしい部分はありましたよね。期待してたのとちょっと違ったのかなって思います。

(このままIWGPヘビー級王者としてのG1出場については)そうですね。昨日のせいでというか、オカダ大したことないじゃんって思われるかもしれないんで…やっぱりオカダスゲエなというのをG1で見せていきたいですね。

(ジェリコのハンディキャップマッチ発言については)ハンディキャップマッチの必要ないでしょ、と思いますけどね。ボクはまたシングルでやればいいと思ってますし。ボクだけじゃなくてみんなが溜まったものをジェリコにぶつけることができたらなと思います。

(G1の初出場選手については)そうやって新しい人がどんどん来ることによってまたこのメンバーか、となるよりはいいんじゃないかなと思いますけどね。この人がG1出ることによってどうなるんだろうって見てくれるお客さんが感じてくれれば、また今年のG1も盛り上がるんじゃないかなと思いますね。

(気になる初出場選手は)やっぱり昨日の試合見て、オスプレイはすごいなって思いましたね。気になるってなったらオスプレイですかね」

画像: IWGP王座V2のオカダがコメント
「すごいムカついてます」
新日本一夜明け会見②

6・9大阪城ホール大会で王座防衛に成功したオカダ・カズチカ

週刊プロレスmobile(月額324円)ではプロレス界の最新ニュースや大会リポート、バックステージコメントなどを完全網羅!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.