オフロードバイクを公道で乗っていると荷物の積載に悩まされます。キャリアに載せようにも限界があるし、ツーリング行く時も結構大変だったりもします。サイドバックがつけられたらいいな…と思ってたら、実は出たんです。GIVIから出たんです!

オフロードバイクに適した設計のサイドバッグ

ハードケースやトップケースなどで有名なGIVIから新たにオフロードバイクでも使えるサイドバッグが発売されました。

画像: オフロードバイクに適した設計のサイドバッグ

オフロードバイクにサイドバッグをつけるのは難しいもの。マフラーに干渉したり、タイヤに当たったりと問題が山積みです。そんな悩みを吹っ飛ばしてくれる救世主がこの「GRT718」。専用の設計で作られているので、比較的簡単に積載量をUPすることができます。

レーサーにもつけられちゃう!

商品写真を見てみると、なんとモデルはKTM250 EXC-F。レーサーも想定された作りになっています。

画像: レーサーにもつけられちゃう!

KTMのオフロードバイクにサイドバックをつけるなんて考えたこともありませんでしたが、これはこれでかっこいい…。編集長によれば、自転車の世界では「バイクパッキング」なるものが流行っていて、それに似てるよねってことらしいんですが、なるほど。

これは確かにいい文化かも。レーサーのミニマルスタイルに、洗練されたバッグとライトなツーリングギヤを詰め込んで、ショートトリップに出かけたいです。

バイクを降りても使いやすい

このサイドバックはショルダーベルトが付属しており、ショルダーバックにもなっちゃうんです。そのまま外して持ち歩くことができるので、ツーリング先でバイクを降りるときも、気軽にバッグを持ち歩けますね。

画像1: バイクを降りても使いやすい

また防水加工もIPX5レベルの加工が施されており、雨の日でも使用することができます。

画像2: バイクを降りても使いやすい

GIVI GRT718
容量   : 片側15ℓ
サイズ  : 180×380×320(mm)
商品構成: バッグ本体×2(左右)、固定ベルト×2、ショルダーベルト×2
価格   : 33,000円(税抜き)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.