第31回東京国際映画祭東京グランプリと最優秀脚本賞をW受賞した『アマンダと僕』のミカエル・アース監督作品『サマーフィーリング』が7月6日(土)よりシアターイメージフォーラムほか全国順次ロードショー致します。

哀しみの扉を開けて、ゆっくり生まれ変わる。喪失を抱えながら過ごす三度の夏――

夏真っ盛りのある日。30歳のサシャは突然この世を去る。
彼女の死は、二人の見知らぬ者同士を出逢わせる。
サシャの恋人ロレンスとサシャの妹ゾエ。
突然の別れとなったベルリン。
深い悲しみが残るパリ。
少しずつ自分の生活を取り戻すニューヨーク。
三度の夏、三つの都市。愛した人の思い出と幾つもの美しい景色の中で、遺された者達は少しずつ人生の光を取り戻していく。

画像: 三度の夏、ベルリン、パリ、そしてニューヨーク--「アマンダと僕」で注目のミカエル・アース監督の長編第2作『サマーフィーリング』オフィシャルインタビュー

東京国際映画祭東京グランプリと最優秀脚本賞をW受賞した
『アマンダと僕』のミカエル・アース監督長編第2作品

「明るい光が射す夏こそ、空虚さが際立ち、激しい喪失感を感じる季節だ」と語るアース監督は、それぞれの街を舞台に優しい眼差しで、哀しみを受け止める人々の繊細な心情描写を描く。撮影は、『わたしたちの宣戦布告』、『アマンダと僕』のセバスティアン・ブシュマン。夏の木漏れ日、青々とした木々の葉、行き交う人々の表情、瑞々しい夏の世界を16mmフィルムの荒い粒子越しに切り撮る。
何より、湖で泳ぐ人、芝生に寝転がる観光客、フランスの避暑地アヌシー湖のシーンは、涙が出る程美しい。

――本作の構成を思いついたきっかけを教えてください

ベルリン、パリ、そしてニューヨーク。
これらの都市は、僕の心の中にいつもある景色で、強く影響を受ける場所です。だから、これらの都市を撮りたかった。 その「撮る」という行為を通して、僕はこの大好きな場所を再訪し、いつでも 心の中にその場所を描いておきたかった。僕は、映画というのは過ぎ行く時間に逆らう一つの方法だと思っています。それは非現実的であると同時に、 「永遠」を創り出すことだとも思うのです。

――この題名をつけた理由を教えてください

ジョナサン・リッチマンの曲から発想を得ました。「That Summer Feeling」という英語の題名は中々うまくフランス語に翻訳することができませんが、作家である僕の友人が小説のタイトルを「Ce sentiment de l'été」としたことがあるんです。その文言の選び方がとてつもなく美しいと思いました。友人は最終 的には小説のタイトルを変更したけど、僕はこのタイトルを拝借することにしました。雰囲気のあるタイトルで、この作品にピッタリですし、僕では思いつかなかったと思います。

画像: 東京国際映画祭東京グランプリと最優秀脚本賞をW受賞した 『アマンダと僕』のミカエル・アース監督長編第2作品

――キャスティングの経緯を教えてください

僕は、以前一緒に仕事をしたことがある人を再び集めて仕事をすることで、 一人一人が年齢を重ねている様子を、スクリーン上で見るのが好きなんです。 映画を作り始めて10年が経ち、ステファニー・デールやティボー・バンソンと いった俳優たちと仕事をしました。10年というのはそれほど長くはありません。 彼らは変わらず美しいままでありながらも、確実に変化をしいます。そして、 僕はそれを映画に生かすことができないかと考えました。もしそれが成功していたら、とても幸せなことだと思います

――3年間という期間であるのはなぜですか?

長い期間を描くというのは、初期の段階から考えていたことです。喪に服すというのは短期間のことではないと思うからです。時間の流れ、物事が進行していく様、それらが登場人物たちにどのように作用するか、時になかなか気づかないけれど、連続して起こっていること、何かにひるんだり、躊躇したりする瞬間・・・そして時には、突発的な行動をしたり、心が揺れたりする瞬間を撮りたいと思うんです。

ミカエル・アース監督

監督・脚本:ミカエル・アース
1975年2月6日、フランス、パリ生まれ。名門映画学校フェミスの製作部門で学び、2004年にディプロマ(免状)を得て卒業。2006年、パトリック・モディアノの小説を自由に脚色した初の中編「Charel」を監督。カンヌ映画祭の批評家週間に選出された。
2007年、「Primrose Hill」を監督。再び批評家週間に選出、クレルモンフェランでも受賞。
2009年、3本目 の中編「Montparnasse」を監督。同年、ジャン・ヴィゴ賞とカンヌの監督週間賞を獲得。映画監督リュック・ムレに認められ、「明日の最も偉大なフランス人映画監督」と称される。2010年、初の長編「Memory Lane」を監督。ロカルノ国際映画祭に初出品。フランスでは2010年11月に公開された。2015年、長編第2作『サマーフィーリング』、2018年『アマンダと僕』で東京国際映画祭グランプリと脚本賞を受賞する。

『サマーフィーリング』予告

画像: 『サマーフィーリング』予告_7月6日公開 youtu.be

『サマーフィーリング』予告_7月6日公開

youtu.be

STORY
 夏真っ盛りのある日。30歳のサシャは突然この世を去る。彼女の死は、ある二人の見知らぬ者同士を出逢わせる。サシャの恋人ロレンスとサシャの妹ゾエ。突然の別れとなったベルリン。深い悲しみが残るパリ。少しずつ自分の生活を取り戻すニューヨーク。三度の夏、三つの都市。愛した人の思い出と幾つもの美しい景色の中で、遺された者たちは少しずつ人生の光を取り戻していくーー。

監督:ミカエル・アース(『アマンダと僕』)
脚本:ミカエル・アース、マリエット・デゼール 
撮影:セバスティアン・ブシュマン 
編集:マリオン・モニエ 
音楽:タヒチ・ボーイ  

出演:アンデルシュ・ダニエルセン・リー(『パーソナル・ショッパー』『7月22日』)、ジュディット・シュムラ(『女の一生』『カミーユ、恋はふたたび』)、マリー・リヴィエール(『緑の光線』『恋の秋』)、フェオドール・アトキーヌ(『海辺のポーリーヌ』)、マック・デマルコ、ドゥニア・シショフ、ステファニー・デール  

2015年/フランス・ドイツ/フランス語・ドイツ語・英語/カラー/1:1.85/DCP/106分 原題;Ce sentiment de l'été  

7月6日(土)より、シアターイメージフォーラムほか全国順次ロードショー

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.