6月11日

画像: ©映画「青の帰り道」製作委員会

©映画「青の帰り道」製作委員会

上映32日目。
トークショー付き上映も残すところあと4回。

15日からはじまる6週目からは上映は1回になってしまうが、最初は2週間だった上映を無期限延長にしてくださったアップリンクさんには本当に感謝している。

引き続き宜しくお願いいたします。

画像1: どうにか映画を届けたいと走り続けた1ヶ月。尊敬する先輩との貴重な時間に感無量-『青の帰り道』再上映記念連載/監督・藤井道人 #32 ゲストは嶋田久作さん

本日のゲストは嶋田久作さん。
2016年の「青の帰り道」で出会い、その後「新宿セブン」ではチャイニーズマフィアのボスを演じてくれた、尊敬する大先輩だ。

久作さんは、本当に人として大好きで、現場でも年関係なく真摯に演出を聞いてくださるし、色々な監督の現場の話も教えてくれる。

そんな久作さんとのトークショーはドキドキだったが、楽しく色々な話をすることが出来た。

画像2: どうにか映画を届けたいと走り続けた1ヶ月。尊敬する先輩との貴重な時間に感無量-『青の帰り道』再上映記念連載/監督・藤井道人 #32 ゲストは嶋田久作さん

久作さんには、再撮影の影響を与えてしまった。
2016年8月22日に久作さんのシーンを撮り終えた翌日に撮影が中止になった。

久作さんがオールアップした直後だった。本当にお忙しい方なのに、2017年の撮影はスケジュールを調整してくださり、無事に2度目のクランクアップを迎えた。

昨日のトークで、一年ぶりに会った横浜流星や戸塚純貴くんの成長ぶりを語ってくれたことは嬉しかった。

インスタライブのアーカイブを通しても沢山の方に見ていただくことができた。
「帝都物語」の実相寺昭雄監督の裏話など、かなりレアな話も出た。

久作さんとまた作品を撮れるように頑張ります。
本当にありがとうございました。

トークショーは残り3回。是非お楽しみください!

画像: 左から藤井道人監督、嶋田久作さん

左から藤井道人監督、嶋田久作さん

藤井道人

■嶋田久作 Kyusaku Shimada
1955年4月24日生まれ、神奈川県出身。84年小劇団「東京グラン・ギニョル」の旗揚げに参加し、全公演に出演。解散後、実相寺昭雄監督の映画「帝都物語」(88)の魔人・加藤保憲役で注目される。実相寺作品の常連となり、岡本喜八、大林宣彦など、名だたる監督たちの作品に起用される。独特の風貌や声を生かし、数々の作品で存在感を発揮する。近年の主な出演作に「破裂」(15/NHK)、「おかしのいえ」(15/TBS)、「撃てない警官」(16/WOWOW)、大河ドラマ「おんな城主直虎」(17/NHK)、映画「64-ロクヨン-
前編・後編」「星ガ丘ワンダーランド」(15)、「シン・ゴジラ」(16)、「密使と番人」(17)、「孤狼の血」(18)などがある。

■藤井道人 Michihito Fujii
映画監督、映像作家、脚本家。1986年生まれ、東京都出身。日本大学芸術学部映画学科脚本コース卒業。伊坂幸太郎原作『オー!ファーザー』でデビュー。『光と血』などの作品を発表する一方で湊かなえ原作ドラマ『望郷』、ポケットモンスター、アメリカンエキスプレスなど広告作品も手がける。2017年Netflixオリジナル作品『野武士のグルメ』や『100万円の女たち』などを発表。2019年『デイアンドナイト』『青の帰り道』公開中。6月28日『新聞記者』の公開が控える。

ご来場のお客様からご感想をいただきました!

■横川良明様

映画『青の帰り道』を観た。恥ずかしいくらいに泣いた。「青春」は終わってからの方が長くて。人生はこんなはずじゃなかったの連続で。頑張っているのにちっとも上手くいかなくて。真面目に生きてるだけなのに利用されたり搾取されたりする。美しき映像で紡ぐ、青の季節を過ぎた20代の挫折と再出発。

歌手の夢を追うカナ(真野恵里菜)、自分の存在価値を認められないキリ(清水くるみ)、仲間に置いていかれる焦りから悪事に手を染めるリョウ(横浜流星)、そして夢と現実のはざまで自分を見失うタツオ(森永悠希)。それぞれにちょっとずつ自分がいる気がして、胸がちぎられそうになった。

横浜流星はこういうちょっとチャラくてダークサイドに足を踏み込む青年の役がとてもよく似合う。対照的に、平凡ながら幸福な家庭を築くコウタ役の戸塚純貴もこういう人いるよなあというリアリティある人物造形で群像劇としての厚みをつくった。amazarashiの『たられば』が最後に観客の心を打つ。

あの田んぼに囲まれた一本道は彼らにとっての帰り道であり、これからも続く長い人生の進む道でもあるんだよな。もう会えない、懐かしい友人の顔が浮かんで、余計に瞼が熱くなった。
とてもいい映画でした。おすすめ。ぜひたくさんの人に観てほしい。

■mitoko様

長く社会人をしていると年齢ごとの悩みがある。もがき苦しみ陰で涙して乗り越えても、一段登った悩みがある。 人に迷惑かけない、人には頼らないと自分に暗示をカケて、必死にもがいても、一人で出来る事は限られてる。
今日は糸が切れた。ただ泣ける。私も7人の様な素敵な仲間が欲しい。

■ʚɞ様

5年後、10年後の彼らはどんな風に生きてるのかな。

『青の帰り道』 東京再上映・トークイベント開催中!

東京・アップリンク渋谷 https://shibuya.uplink.co.jp/
5/11(土)〜(終映日未定)

《トークイベント登壇予定者》

藤井道人監督
12日(水)伊藤主税プロデューサー/13日(木)秋月三佳、岡本麻里/14日(金)清水くるみ、岡本麻里

※詳細は劇場HPをご覧ください。

■アップリンク吉祥寺 拡大上映!
https://joji.uplink.co.jp/
5/17(金)〜6/14(金)

連日満席の東京から関西、そして新潟でも上映決定!

■大阪第七芸術劇場
http://www.nanagei.com/
6/22(土)〜

■京都・出町座 https://demachiza.com/
6/22(土)〜

■新潟・市民映画館 シネ・ウインド https://www.cinewind.com/line-up/
7/27(土)〜

映画『青の帰り道』

画像: 映画「青の帰り道」特報/2018年12月7日(金)全国ロードショー www.youtube.com

映画「青の帰り道」特報/2018年12月7日(金)全国ロードショー

www.youtube.com

出演:真野恵里菜 清水くるみ 横浜流星 森永悠希 戸塚純貴 秋月三佳 冨田佳輔
山中崇 淵上泰史/嶋田久作
工藤夕貴 平田満

主題歌:amazarashi『たられば』

監督:藤井道人
原案:おかもとまり
脚本:藤井道人/アベラヒデノブ
制作プロダクション:and pictures
制作協力:BABEL LABEL/プラスディー
配給:NexTone
配給協力:ティ・ジョイ
再上映配給:BABEL LABEL/ボタパカ/and pictures

©映画「青の帰り道」製作委員会

公式サイト:(以下より)

連載第31回

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.