実際ツアー会場の練習場では、プロのほとんどが後ろポケットに携帯やヤーデージブックを入れっぱなしで練習している。あれって気にならないの? 素朴な疑問を三ヶ島かなにぶつけてみた。 

ツアー会場の練習場で選手たちを見ていると、ほとんどの選手が後ろポケットに何かしらモノを入れたまま練習していた。ポケットから半分近くヤーデージブックがはみ出て落ちそうで、見ているこちらがハラハラするような選手も。

画像: ヤーデージブックとともにペンやハンカチも後ろポケットに入れたまま練習をする選手たち

ヤーデージブックとともにペンやハンカチも後ろポケットに入れたまま練習をする選手たち

ポケットにモノを入れたまま練習する選手、実に9人中7人! 中には前ポケットにボールを3つ入れっぱなしでショット練習をしているツワモノも……。アマチュアゴルファーで「ポケットにモノを入れていると気になる」なんて人はよく見かけるが、プロのほうがそういう少しの差が気になるんじゃないの?

「全っっっっっ然、気にしたことありませんね!」

そう言い切ったのは三ヶ島かな。気にならない?

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.