PGAツアーデビュー4戦目にして勝利を挙げた新鋭マシュー・ウルフ。あまりにも独特な彼のスウィング写真を前に編集部で議論していると、たまたま「みんなのゴルフダイジェスト」編集部を訪ねて来てくれた飛ばしにはちょっとうるさいプロゴルファー・武市悦宏が解説してくれた!

指導の前にお尻をターゲット方向に一瞬向ける予備動作、大きなヒールアップ、8の字を描くスウィング軌道、トップでのシャフトクロス……パッと見ただけでも、ウルフのスウィングは特徴だらけだが、武市によればそれらすべてが“飛ばしの要素”だという。

画像: 背骨と同じ角度にクラブが上がるバックスウィング、大きなヒールアップ等々、マシュー・ウルフのスウィングは“特徴だらけ”だ(写真は2019年のフェニックスオープン 撮影/姉崎正)

背骨と同じ角度にクラブが上がるバックスウィング、大きなヒールアップ等々、マシュー・ウルフのスウィングは“特徴だらけ”だ(写真は2019年のフェニックスオープン 撮影/姉崎正)

「たとえばトップでシャフトがターゲットラインの右を向くシャフトクロス。これは、悪い動きだと言われがちですが、オンプレーンスウィングよりもヘッドの助走距離が長くなり、飛ばしには有利なんです」(武市)

シャフトクロスの他にも、飛ばしの要素はいくつもある。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.