国際大学スポーツ連盟(FISU)が主催する「第30回 ユニバーシアード競技大会」のテニス競技(イタリア・ナポリ/7月5~13日/クレーコート)の女子シングルス準決勝で、第9シードの佐藤南帆(慶應義塾大学)が第7シードのチョンプーティップ・ジュンダカテ(タイ)を6-4 6-1で退け、決勝進出を果たした。

 今大会での佐藤は、初戦となった2回戦でアンドレア レニー・ビジャレアル(メキシコ)を6-1 6-3で、3回戦でコモラ・ウマロバ(ウズベキスタン)を6-1 6-2で、4回戦で第8シードのイェ・キウユ(中国)を6-3 6-3で、準々決勝では第2シードのリー・ヤーシュエン(台湾)を7-5 6-4で下してメダル確定となる4強入りを決めていた。

 佐藤は金メダルをかけた決勝で、第6シードのエウディス・チョン(香港)を6-1 6-3で破って勝ち上がった第16シードのエミリー・アーバスノット(イギリス)と対戦する。

 ダブルスは決勝が行われ、男子は第2シードのサンジャル・ファイジエフ/フモユン・スルタノフ(ウズベキスタン)がホン・ソンチャン/シン・サンヒ(韓国)を7-5 4-6 [10-5]で、トップ2シードの対戦となった女子は第1シードのグオ・ハンユー/イェ・キウユ(中国)が第2シードのリー・ペイチー/リー・ヤーシュエン(台湾)を6-7(8) 6-2 [10-8]で倒し、それぞれ金メダルを獲得した。

 ユニバーシアード競技大会とは、国際大学スポーツ連盟(FISU)が主催する学生を対象にした国際総合競技大会で、2年ごとに開催される。1959年にイタリア・トリノで第1回夏季大会、1960年にフランス・シャモニーで第1回冬季大会が開催された。当初は奇数年に夏季大会、偶数年に冬季大会が行われていたが、1980年代から夏冬ともに奇数年に開催されている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

日本代表チーム

男子選手◎島袋将(早稲田大学4年)、伊藤雄哉(University of Texas at Austin4年)

女子選手◎佐藤南帆(慶應義塾大学1年)、森崎可南子(2019年筑波大卒→橋本総業ホールディングス)

監督◎宮地弘太郎(大阪体育大学、日本テニス協会ユニバーシアード男子ヘッドコーチ)

コーチ◎三好勲(トミオカテニス、日本テニス協会ユニバーシアード男子コーチ)

トレーナー◎安田忍(法政大学 他)

テニス競技8日目の試合結果

男子シングルス準決勝

○33フモユン・スルタノフ(ウズベキスタン)[3] 6-0 6-3 ●17ルカ・プーラン(フランス)[9]

○96ツェン・チュンシン(台湾)[4] 6-0 6-1 ●128イワン・ガホフ(ロシア)[2]

女子シングルス準決勝

○48エミリー・アーバスノット(イギリス)[16] 6-1 6-3 ●32エウディス・チョン(香港)[6]

○112佐藤南帆(慶應義塾大学)[9] 6-4 6-1 ●65チョンプーティップ・ジュンダカテ(タイ)[7]

男子ダブルス決勝

○32サンジャル・ファイジエフ/フモユン・スルタノフ(ウズベキスタン)[2] 7-5 4-6 [10-5] ●11ホン・ソンチャン/シン・サンヒ(韓国)

女子ダブルス決勝

○1グオ・ハンユー/イェ・キウユ(中国)[1] 6-7(8) 6-2 [10-8] ●32リー・ペイチー/リー・ヤーシュエン(台湾)[2]

ミックスダブルス準決勝

○1イアナ・シジコバ/イワン・ガホフ(ロシア)[1] 6-4 2-6 [10-5] ●9イェ・キウユ/ウー・ハオ(中国)[4]

○32アナスタシア・ザリカ/ドミニク・ケロフスキー(チェコ)[2] 3-6 7-6(2) [10-7] ●18アリス・ロブ/ロナン・ジョンクール(フランス)

画像: 女子ダブルスの表彰式の様子(3位表彰台左から佐藤南帆、森崎可南子)(写真提供◎ユニバーシアード日本代表チーム)

女子ダブルスの表彰式の様子(3位表彰台左から佐藤南帆、森崎可南子)(写真提供◎ユニバーシアード日本代表チーム)

画像: 女子ダブルスで銅メダルを獲得した森崎可南子(橋本総業ホールディングス/右)と佐藤南帆(慶應義塾大学/左)(写真提供◎ユニバーシアード日本代表チーム)

女子ダブルスで銅メダルを獲得した森崎可南子(橋本総業ホールディングス/右)と佐藤南帆(慶應義塾大学/左)(写真提供◎ユニバーシアード日本代表チーム)

※トップ写真は女子シングルスで決勝進出を果たした佐藤南帆(慶應義塾大学)
写真提供◎ユニバーシアード日本代表チーム

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.