フォーマルからインフォーマルまで、自身のこだわりを移す鏡として選ばれる腕時計の数々。ここではブランド腕時計専門店・MOON PHASE(ムーンフェイズ)が最新モデルからアンティークまで、見る者の感性を刺激する1本をセレクト。今回は、2018年に日本再上陸を果たしたチューダーから、ブラックベイ ダークをご紹介する。

TUDOR

ロレックスのディフュージョンブランドとして知られてきた「チューダー(チュードル)」。1930年代にロレックスの創業者ハンス・ウィルスドルフが、イギリスでの販売不振から高級時計のテイストを持つウォッチを低価格で提供すべく投入したのがはじまり。ブランド名の由来は、イングランドの王家「チューダー家」にちなんだもので、時計にはイングランドの紋章である「バラ」のモチーフが入る。日本からは一度撤退するも2018年に再上陸。現在はロレックスのディフュージョンブランドではなく、独立した高級時計ブランドとしての道を歩んでいる。

“チューダー”としての新たな道

当連載初登場となるチューダー(チュードル)。時計好きの方はご存知のとおり、ロレックスのディフュージョンブランドである。いや、“だった”と言ったほうが正確かもしれない。

元々はロレックスのブティックなどで併設して販売されていたチューダー。当時はブランドネームもチュードル、チューダーなど曖昧で、単純にロレックスの廉価版的なイメージが強かった。

1990年頃まで日本でも販売していたが、その後撤退。2018年に心機一転(?)、「TUDOR(チューダー)」として日本に再上陸したわけだ。そのため本記事は「チューダー」に統一してご紹介していく。

さて、今回セレクトしたのはチューダーの代表作である「ブラックベイ」。ひと昔前の同ブランド時計とは異なり、マニファクチュールのムーブメントを搭載したモデルである。

画像: ブラックベイ ダーク

ブラックベイ ダーク

ひと昔前、というと先述した通り、ロレックスのディフュージョンブランドとしての印象が強かった時代。それはパーツの共有(リューズや裏蓋、ムーブメントまで)などからも明白で、アンティークのチューダーを探せばロレックスと見間違うほど。

ところが日本から撤退したのち、ブランドの方向性は大きく変わりはじめた。

デザインこそ似てはいるものの、パーツ類はすべてチューダーオリジナル。ムーブメントもチューダーとして製作した機械式マニファクチュールムーブメントを搭載するなど、ロレックス云々は関係のない、独立した高級時計ブランドとしての道を歩み始めたのだ。

画像: 2015年に発表したチューダー マニファクチュール キャリバー MT5602を搭載

2015年に発表したチューダー マニファクチュール キャリバー MT5602を搭載

ブラックベイの特徴

ブラックベイとしての特徴は、文字盤で一際目を引く「スノーフレーク針」、通称イカ針だろう。

これは1969年頃にフランス海軍で使用されていたチューダー ウォッチから取り入れられたもので、現在まで続くチューダーの伝統というべき針だ(搭載していないものある)。

そしてドーム型になったクリスタルも、初期のチューダー ダイバーズウォッチにインスパイアされたもの。

画像: ブラックベイの特徴

ダークならではのPVDコーティング

今回のモデル「ブラック ベイ ダーク」としての特徴は、その名の通りダークなケースにある。

ロレックスでありえないブラックな装いは、ブラックPVDコーティング仕上げ。PVDとはNASAが宇宙プログラムのために開発した薄膜技術に由来するPhysical Vapor Depositionの略で、マグネトロンスパッタリング物理蒸着という意味。

簡単にいえばブラックの皮膜を全体に施すことで、金属の耐摩耗性などを向上させているというわけである。

文字盤のインデックス配置などは、ロレックス同様、視認性を考えた最良のものが使われているが、全体的にはスポーツウォッチのロレックスに対して、少しアンティーク感が強い印象に仕上げてある。

元々の価格こそ手に取りやすいものの、モデルによってはいまやプレミア価格にもなるというチューダー。

これ以上人気が高まり品薄になる前に、ぜひ手に入れておきたい1本といえるだろう。

TUDOR
ブラックベイ ダーク
品番:79230DK-0008
素材:SS(ステンレススチール)
サイズ:縦41㎜×横41㎜
防水:200M防水
ムーブメント:自動巻き
文字盤:ブラック
販売価格:385,000円(税込)※USED
参考定価:501,600円
【付属品】
外箱、内箱、保証書(2019年12月)等が付属
※価格は2020年1月現在のMOON PHASE銀座店・販売価格です。

MOON PHASE 〜STAFF VOICE〜

クオリティの高さは継承しつつ、価格はお値打ちの代表格がチューダーです。日本での再始動は2018年ということで、キレイな個体も多く流通しています。

特に近年は人気も上昇していて、ラグビーのニュージーランド代表チーム・オールブラックスとコラボした際はかなりのプレミアがついていました。

ほかにもデヴィット・ベッカムやレディ・ガガといった著名人をアンバサダーに迎えていて、いまもっとも勢いのあるブランドといってもいいと思います。

今回のブラックベイ以外にも、よりスポーツウォッチテイストに溢れるモデルだったり、素材にブロンズを使ったモデルだったり、ラインナップも豊富です。

1本目に選ぶ時計としてはもちろん、2本目3本目にちょっと変わったタイプのものを……なんて方にもオススメできます。

もし古いイメージで見ている方がいたら、ぜひこの機会に新たなチューダーの世界をのぞいてみてください。

所在地東京都中央区銀座1-6-6 GINZA ARROWS1F
TEL03-5250-7272
営業時間11:00~19:00(日曜祝日~18:00まで)
定休日水曜日
公式サイトhttps://www.moon-phase.jp/
【MOON PHASE(ムーンフェイズ)銀座】

最大30万円OFF! プライスダウンキャンペーン実施中!

現在、MOON PHASE銀座&岐阜本店では、一部商品がプライスダウンするキャンペーンを実施中。ロジェ・デュブイ、ウブロ、ブレゲ、フランクミュラー等、多数の人気ブランドが勢揃い。対象商品は随時追加される。気になる商品はこちらからチェックだ!

腕時計に関する記事はこちらから

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.