フォーマルからインフォーマルまで、自身のこだわりを移す鏡として選ばれる腕時計の数々。ここではブランド腕時計専門店・MOON PHASE(ムーンフェイズ)が最新モデルからアンティークまで、見る者の感性を刺激する1本をセレクト。今回は久々に登場のロレックス・バブルバックだ。

ROLEX
世界でもっともポピュラーな腕時計ブランドがROLEX(ロレックス)。高級時計の代名詞といっても過言ではないが、その歴史は1905年の創業から100年余りと意外と短い。その間の偉業は数知れないが、高い防水性を実現した「オイスターケース」、自動巻ローター「パーペチュアル」の技術は、新興ブランドであったROLEXを不動の地位に押し上げた。

ロレックスのアンティークといえばこの1本

ロレックス初の防水自動巻き時計「オイスターパーペチュアル」。時計ファンの間では“バブルバック”の愛称で知られる一品である。

その由来は自動巻きムーブメントを納めたことで膨らんだ裏蓋がまるで泡のように見えることから。(バブルバックについてはこちら

画像: バブルバックは裏蓋の膨らみから名付けられた愛称だ

バブルバックは裏蓋の膨らみから名付けられた愛称だ

今回セレクトしたバブルバックは1949年前後に製造されたもので、バブルバックの中では後期に該当するモデルである。

文字盤はリダン(修復)などされておらずオリジナルのままで、当時のロレックスロゴや書体がしっかりと残っている。インデックスはアップライトで、ロレックスのなかでも数少ない全アラビア数字のものだ。

また、本モデルはスリーピースケースになっており、裏蓋だけでなくベゼルを外すこともできる(外すことはないと思うが)。

アンティークだと9Kや14Kのものも多いが、こちらは18Kモデルであり、当時としては珍しい1本といえるだろう。

独特の形状や雰囲気で、アンティークロレックスの中でも群を抜いて人気のバブルバック。現行にはない“味”をぜひ楽しんでみてほしい。

ロレックス
バブルバック
品番:ROLEX / 3131
素材:YG(イエローゴールド)
サイズ:縦32㎜×横32㎜
ムーブメント:自動巻き
文字盤:イエロー
販売価格:785,000円(税込)
※アンティーク
【付属品】
なし
※価格は2021年3月現在のMOON PHASE銀座店・販売価格です。

MOON PHASE 〜STAFF VOICE〜

ロレックスの変遷が非常に色濃く出ているのがバブルバックです。文字盤の種類も多種多様で、お気に入りの一本を探すのがとても楽しいモデルかと思います。

手前味噌ですが、当店ムーンフェイズでは岐阜店・銀座店合わせて30本以上のバブルバックを取り揃えています。日本でも有数の品揃えです!

今回ご紹介しているバブルバックはもちろん、デザインが特徴的なものも多数あるので、ぜひ一度お店にきてみてください。きっとあなただけの1本が見つかると思いますよ!

所在地東京都中央区銀座1-6-6 GINZA ARROWS1F
TEL03-5250-7272
営業時間11:00~19:00(日曜祝日~18:00まで)
定休日水曜日
公式サイトhttps://moon-phase.jp/
【MOON PHASE(ムーンフェイズ)銀座】

腕時計に関する記事はこちらから

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.