未知の体験を企画・提供する「休日ハック」より、新サービス『おうちハック』が登場。マンネリ気味なおうち時間を、刺激的なものに変えてくれるサプライズ体験に注目したい。

おうちにいても充実した休日を

『おうちハック!』は、2020年10月にリリースした休日おまかせサービス「休日ハック! 」のおうち版。

休日ハック利用者から多数寄せられた「コロナ禍で外出しづらいと感じる」という意見を元に、外出しなくても自宅で未知の体験を提供するため、サービスの開発がスタート。

まだまだ続くおうち時間を充実させることを目的に、2021年3月よりサービスがリリースされた。

サプライズな体験が自宅に届くおうちハック

『おうちハック!』とは、‟おうち時間をハックする”をコンセプトに、利用者の好みに合った体験キットをサプライズで届けてくれる体験サービスだ。性格診断・要望・購入者情報を元に、利用者の好みに合った体験キットを約100種類の中から『おうちハックが!』が選定する。

体験キットの内容は、当日届いてからのお楽しみ。到着日や詳細については、LINEで通知され、到着予定の3日前には体験キットの”ヒント”が届く。体験キットが到着するまでのドキドキを楽しむことができるのだ。

画像: サプライズな体験が自宅に届くおうちハック

【ハンドメイド】
キャンドルつくりキット、宝石石鹸つくりキット、レザークラフトキット など

【インテリア】
グリーンインテリアキット、3Dウッズキット、糸掛け曼荼羅キット など

【エンジョイ】
ロボット作成キット、3次元ジグソーパズルキット、脱出ゲームキット など

【ホームメイド】
和菓子つくりキット、宮古島サトウキビ満喫キット、味噌つくりキット など

東京エリア限定で提供する「休日ハック!」と異なり、「おうちハック!」は全国※どこでも配送可能。東京エリア以外に在住する人でも、手に取って楽しめるサービスとなっている。
※離島除く

登録は簡単!利用までの流れ

画像: 1分ちょっとでわかる!「おうちハック!」サービス説明動画 youtu.be

1分ちょっとでわかる!「おうちハック!」サービス説明動画

youtu.be

依 頼:性格診断・要望・利用者情報 の入力
お届け:おうちハックによる体験キット選定
    3日前のヒント開示後、自宅に体験キットが到着。あとは楽しむだけ!
体験後:アンケート記入

料金は、体験キット、送料、おうちハック利用料すべて込みで5,500円(税込)
※予算の範囲内で体験キットを選定するため料金変動あり

画像1: 登録は簡単!利用までの流れ
画像2: 登録は簡単!利用までの流れ

お客様からの嬉しい声

ほとんどの方が友達に勧めたい!という結果に

【20代女性 カップル組木体験】
いつもは休日ハックでアクティブな体験をして楽しんでいましたが、今回はおうちハックでのんびりと過ごしました。体験した組子細工キットは本当にいい香りで説明もわかりやすくて簡単に作ることができました!作ったコースターにのせて飲むお酒は格別でした!一人でも友達とでもカップルとでも楽しめるプランがたくさんあるみたいでわくわくしました。次も楽しみです!

【40代男性 ファミリー豆腐つくり体験】
コロナの状況で家庭内での家族の過ごし方として、いつもにない体験ができたことは本当によかったです。家族でゆっくり時間を使いながら色々準備や調理ができたこともよかったです。子供が料理できた事で自信に繋がっていたので、何か新しく体験させて自信をつけさせるには良いなと思いました!

画像2: おうち時間に悩む人必見!新サービス『おうちハック』登場

〜代表コメント〜 
休日おまかせサービス「休日ハック!」は現在、LINE登録者数17,000人を超えて非常にご好評を頂いております。しかし現在は東京エリア限定でサービスを進めている関係上、一部のエリアのみでしかご利用ができない現状です。

また、新型コロナウイルスにより外出を自粛している方、怪我や病気などで外で楽しめない方から「おうちで楽しめるサービスを作って欲しい。」と兼ねてより強くご要望を頂いておりました。

そこで全国各地にお届けでき、おうちでも新たな体験を楽しんでもらえるよう、おうち体験サービス「おうちハック!」を急遽開発し、リリースすることになりました。

「おうちハック!」のテストマーケティングでは、先着30名様限定で先行リリースした際に募集開始1分で完売するほど非常に高い期待をいただいております。休日ハック!と同様、自宅で未知の体験を堪能してもらい、少しでもみなさんの人生に変革をもたらすことができれば嬉しいです。

厳しい状況が続きますが、私たちのサービスを通じてより多くの方にチャレンジするきっかけを届けたり、思わぬ出会いが生まれる機会が提供できるようサービスの推進に努めてまいります。

公式サイトはこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.