出来立ての味わいが楽しめる卓上調理。ホットプレートや鍋料理など、これから寒くなる季節は特に出番が増えてくるだろう。調理の幅も広がり、まさにステイホームに最適だが、気になるのが油煙やニオイ。そこでご紹介したいのが、レンジフードメーカー FUJIOH(フジオー)が展開する空気清浄一体型ダイニング照明『cookiray(クーキレイ)』。空気を清浄しながら室内を照らす、新発想のダイニング家電に注目したい。

ダイニングで必須の家電同士を融合させる発想

卓上調理の油煙やニオイは、部屋全体の空気を汚す原因のひとつ。前日に満喫した焼肉や鍋などのニオイが翌朝まで残り、不快な朝を迎えたことがあるという方もきっと多いのではないだろうか。

ニオイ対策のために空気清浄機の購入を検討するも、サイズの大きさやデザインが自宅に合わないことなどを理由に見送ることもしばしば。こだわりのインテリア空間を実現させるには、どうしても生活感が出てしまいがちな家電はなるべく目立たなくしたいものだ。

そこで今回オススメしたいのが、空気清浄一体型ダイニング照明 クーキレイ。クーキレイは、独自の4層脱臭フィルターを搭載し、空気を清浄しながら室内を照らしてくれる新発想のダイニング照明だ。

cookiray(クーキレイ)

美しさと機能性を兼ね合わせたデザインは、インテリアに馴染みやすく部屋を選ばない。もちろん、設置やメンテナンスも簡単だ。では、一体どんな特徴があるのか早速ご紹介する。

国内トップシェアを誇るキッチン換気のプロ FUJIOH

クーキレイを生み出したのは、国内トップシェアを誇るレンジフードメーカー FUJIOH。キッチンの歴史とともに歩んできた富士工業グループが、暮らしの空気環境を守り、“本物の快適さ”の提供を目指している企業ブランドである。

富士工業は、1914年創業。1973年よりレンジフードの開発・製造に取り組み、現在では日本だけでなく中国をはじめシンガポールや東南アジアにも拠点を置き、グローバル企業として幅広い展開を行う。

FUJIOHと言えば、洗練美と先端技術を兼ね備えたプレミアム・レンジフード『アリアフィーナ』にてその名を知るという人も多いだろう。イタリアのデザインと日本の職人技が融合した高品質レンジフードは他のレンジフードと一線を画し、高級キッチンやモダンなリビング空間にとって欠かせない存在となっている。

レンジフードから快適な環境づくりを追求する『FUJIOH

『FUJIOH」は、キッチンの歴史、レンジフードの歴史とともに歩んできた富士工業グループが、暮らしの空気環境を守り、“本物の快適さ”の提供を目指している企業ブランド。

1941年の創業以来、ものづくりにこだわり続けてきた富士工業は、1973年よりレンジフードの開発・製造に取り組み、国内でシェアナンバーワンを獲得するまで成長。現在は、日本だけではなく中国をはじめシンガポールや東南アジアにも拠点を置き、世界トップの家電製品・電子機器が出展する展示会『Appliance&Electronics World Expo(AWE)』や『Kitchen&Bath China(KBC)』に出展するなど、グローバル企業として幅広い展開を進めている。

ダイニングライフの選択肢を増やすクーキレイ

独自の4層フィルターで空気を綺麗にろ過

クーキレイの特徴としてまず挙げられるのが、FUJIOHが独自に開発した4層のフィルター。これらのフィルターが汚れた空気を吸い、綺麗になった空気が上部から排出される仕組みとなっている。各フィルターの機能は以下の通り。

画像1: 空気清浄×ダイニング照明『cookiray(クーキレイ)』で快適なダイニングライフを

<上から順に>

  • 油煙が漏れにくい照明カバー
  • 脱臭フィルター
    …調理時のニオイを除去
  • SEK基準制菌加工 脱煙フィルター
    ※標準モデル
    …調理時の煙を除去
    (アースプラス™採用の抗ウィルス集じんフィルターモデル有)
  • 脱油フィルター
    …プレフィルターを通り抜けた油を吸着
  • プレフィルター
    …調理時の油を捕集

国内トップシェアの技術が詰まったフィルターは、油・煙・ニオイそれぞれを吸着・除去するよう設計されている。

フィルターに入る前と入る後では、なんとニオイ約80%カット、油約95%もカット。まさに空気の流れ、油煙の特徴を知り尽くしているからこその優れた機能。キッチン換気のプロだからこそ為せる技術と言っても過言ではないだろう。

また、優れた脱臭効果を持つ活性炭素材の脱臭フィルターを搭載しているため、調理後も弱運転を続けることで、室内に残ってしまったニオイを低減。常にダイニングを快適な空気に保ってくれるのだ。

クーキレイは、『標準モデル』『抗ウィルス集じんフィルター搭載モデル』の2種類をラインナップ。『抗ウィルス集じんフィルター搭載モデル』には、殺菌材料開発の信州セラミックス(長野県)が開発したセラミックスの複合機能材料アースプラス™が採用されている。

アースプラス™は、食品添加物に認可されている成分で構成され、細菌・ウイルス・アレル物資・ニオイ(細菌由来)などのタンパク質を吸着分解する技術。医学系英文誌で発表され、国際的に高い評価を受けている。

ライトには、調光・調色機能を搭載。暖かみのある電球色と自然な光の昼中色を選択し、シーンに合わせて雰囲気を演出することができる。付属のリモコンでは、光の調整に加えてファンの運転モードの変更が可能となっている。

シーリングライトさえあれば、場所を選ばず取り付けが可能

クーキレイを早速取り付けようにも、実際に自宅に設置が可能かどうか気になる方も多いだろう。クーキレイは、面倒な取り付け工事は不要。備え付けの引っ掛けシーリングに簡単に設置できるため、新築・マンション問わずに取り付けることが可能となっている。

また、メンテナンスも簡単。複雑な解体は必要とせずに、内部に搭載されているフィルターを交換・洗浄するだけで完了する。フィルターは、FUJIOH 公式サイトの他、大手家電量販店などでも取り扱っている。

画像: 【FUJIOH】cookirayビデオリリース youtu.be

【FUJIOH】cookirayビデオリリース

youtu.be

価格は『標準モデル』64,900円(税込)、『抗ウィルス集じんフィルター搭載モデル』69,850円(税込)。メーカー保証は、通常お買い上げ日から1年間。ユーザー登録をすると、さらに3年間まで延長される。

【フィルターの交換目安】
脱油フィルター:汚れたら交換 ※1
脱煙フィルター:1年に1回 ※2
抗ウイルス集じんフィルター:1年に1回 ※2
脱臭フィルター:1年に1回 ※2
※1 …焼肉を2回以上行い、フィルターが黄色くなっている場合
※2…月に1回800gの焼肉を行った場合

スタイリッシュなデザインでインテリアに馴染みやすい

画像2: 空気清浄×ダイニング照明『cookiray(クーキレイ)』で快適なダイニングライフを
画像3: 空気清浄×ダイニング照明『cookiray(クーキレイ)』で快適なダイニングライフを
画像4: 空気清浄×ダイニング照明『cookiray(クーキレイ)』で快適なダイニングライフを
画像5: 空気清浄×ダイニング照明『cookiray(クーキレイ)』で快適なダイニングライフを

クーキレイのデザインは2種類。カラーは、ブラック・ホワイトの2色展開だ。スタイリッシュなデザインのためインテリアに馴染みやすく、軽やかでモダンな空間を演出してくれる。

また、FUJIOHショップ限定で木目調ローゼットカバー搭載モデルも販売されているため、気になる方はぜひチェックを。

『cookiray(クーキレイ)』使用例

諦めていた卓上調理はもちろん、新居の天井や壁を守るにもオススメ

自宅で過ごす時間が増え、卓上調理のレパートリーを増やそうにも、排出される油煙やニオイが気になり諦めていた、という方も多いだろう。空気清浄一体型ダイニング照明クーキレイならば、インテリアを邪魔することなくダイニングを快適な空間に保ち、さらに日常生活の食事のレパートリーを広げることも可能となる。

使いやすさとデザイン性を兼ね備えた、日本のクラフトマンシップが詰まったユニークなダイニング家電。ぜひ、新生活のスタートに・暮らしの見直し・インテリアの買い替えの際にオススメしたい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.