ソニーのハイブリッド型スマートウォッチ「wena™ wrist」シリーズからLOWERCASE・梶原由景氏がプロデュースしたセイコーとのコラボモデルが登場。ビンテージテイストでクラシックな機械式時計でありながら、実はスマートウォッチという意外性を表現している。

各300本限定のスペシャルモデル

多くの腕時計デザインを手掛けてきたLOWERCASE・梶原由景氏が、初めて機械式時計をプロデュース。ソニーの最先端のテクノロジーと融合したこの特別モデルをシルバー、プレミアムブラックそれぞれ300本の数量限定で発売する。

画像: 各300本限定のスペシャルモデル

こう見えて、スマートウォッチなんです!

画像: こう見えて、スマートウォッチなんです!

ハイブリッド型スマートウォッチ「wena™ wrist(ウェナリスト)」シリーズの新モデルとして、セイコーとコラボレーションした「seiko wena wrist pro Mechanical set -LOWERCASE Edition-(セイコー ウェナリスト プロ メカニカル セット ロウワーケースエディション)」。

これは、世界で初めて腕時計の“バンド部分”にスマートウォッチの機能を搭載したwena wristと、数々の世界初を世に届けてきた130年以上の歴史を誇るセイコーブランドとのコラボレーションモデルの第2弾だ。

ヘッド部分の特徴

画像: ヘッド部分の特徴

セイコーらしい王道なスタイルをもとに、ファッションアイテムとしての魅力をビンテージアレンジで表現。針とインデックスにはエイジングをイメージしたルミブライトを採用し、よりクラシカルな印象を演出。裏面はシースルーとなっており、”LOWERCASE LIMITED EDITION”の文字とLOWERCASEロゴをあしらっている。

バンド部特長

画像: バンド部特長

バンドにはwena wrist proを採用し、「電子マネー」「通知」「活動ログ」機能を搭載。さらに、バンド裏には“LIMITED EDITION”と、001から300のエディションナンバーを刻印。

デザイン・監修はLOWERCASE・梶原由景氏

画像: ソニーのハイブリッド型スマートウォッチ「wenaトレードマーク wrist」にコラボモデルが登場

商品開発アドバイザー 梶原 由景 Yoshikage Kajiwara

LOWERCASE代表。元BEAMSクリエイティブディレクター。多数の著名ブランドのコンサルテーションを務め、ソニーとのデザインホテル・プロジェクトを行うなど異業種コラボレーションの草分けとして知られる。またルイ・ヴィトンとKDDIのプロジェクトを手掛けるなどデジタル、デザインからアパレルまで幅広い業界にクライアントを持つ。藤原ヒロシ氏とコンテンツサイトRing of Colourを立ち上げ情報発信中。

商品名seiko wena wrist pro Mechanical set -LOWERCASE Edition-
型名WNW-SB15A/S・WNW-SB15A/B
カラーシルバー・プレミアムブラック
価格オープン価格
市場推定価格*約92,000円(シルバー)・約95,000円(ブラック)
発売日2019年11月23日(土)
数量各限定300本

* 実際の販売価格は各販売店により決定されます。
* 本モデルは、wena wrist pro(バンド部)とセイコーの機械式時計(ヘッド部)をベースとした特別仕様のセット商品です。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.