国産腕時計を代表するグランドセイコーから、独創の駆動機構である「スプリングドライブ」の誕生20周年と、日本が誇る怪獣映画の金字塔「ゴジラ」の65周年を記念した、世界限定650本のコラボレーションモデルを2019年11月9日(土)より発売する。

「ゴジラ」の力強さと威厳を身に纏ったグランドセイコー

画像: 「ゴジラ」の力強さと威厳を身に纏ったグランドセイコー

1954年に第1作が公開されてから、世界中の映画ファンを魅了し続ける、日本が誇る怪獣映画の金字塔「ゴジラ」。セイコーとゴジラは、作品内において、銀座に上陸したゴジラが和光本館にそびえる時計塔を破壊したときから因縁の仲。
本製品は、そうした過去の縁とゴジラの力強さと威厳を尊重、製品のいたるところに宿したアニバーサリーにふさわしい特別なモデル。

ゴジラの放つ“放射熱線”をイメージした深紅のダイヤル

画像: ゴジラの放つ“放射熱線”をイメージした深紅のダイヤル

強烈なインパクトを放つ深紅のダイヤルには、ゴジラの口から放たれる「放射熱線」をモチーフにした、力強い放射パターンが施されている。

鮮やかで印象的なダイヤルに見劣りしない立体的で大きな針やインデックスは、日中はもちろん、それぞれに塗布されたルミブライトによって夜間でも高い視認性を実現。ブランドの哲学に則り、高い実用性を追求している本作は、グランドセイコーだからこそ成しえる、スポーティデザインといえるだろう。

屈強なシルエットとストラップ

画像: 屈強なシルエットとストラップ

圧倒的な迫力と威厳を体現するマッシブなケースは、ケース底面と腕の接地面を広く、かつケースの重心を下げることで、優れた装着性をもたらしている。ザラツ研磨による歪みのない平面とヘアラインの仕上げを施されたかん足が屈強なシルエットを強調。

また、ゴジラの肌の質感を表現するために採用されたシャークストラップには赤いコーティングが施され、赤黒く光るゴジラの皮膚の不気味な躍動感を感じさせる。

裏には因縁のイラスト

画像: 裏には因縁のイラスト

コラボレーションモデルだけの特別仕様として、裏ぶたには1954年の第1作を彷彿とさせる、銀座の街を破壊するゴジラと和光本館の時計塔の姿が映し出されている。この裏ぶたのデザインは、「シン・ゴジラ」で監督・特技監督を務めた樋口真嗣氏が、このコラボレーションモデルのためだけに、グランドセイコーのアイコンである「獅子」をオマージュして作り上げた完全オリジナルのゴジラとなっている。

搭載するムーブメントは、誕生20周年を迎えた独創の機構「スプリングドライブ」。本作では、平均月差±10秒を誇る特別精度のキャリバー「9R15」を採用。

「シン・ゴジラ」監督・特技監督 樋口真嗣氏コメント

1960年、初代グランドセイコーの誕生とともに、裏ぶたにあしらわれたのが「獅子の紋章」です。力や威厳、王の象徴である獅子が百獣の王ならば、怪獣の王…ゴジラこそ新しい時代のグランドセイコーの裏ぶたにふさわしいのではないか、と思い、どのゴジラとも異なる、グランドゴジラともいうべきゴジラを生み出さなければならないと心を引き締めデザインしました。
また、ゴジラといえば今なお銀座四丁目にそびえる和光本館を忘れてはなりません。1954年の第一作から時報の鐘という時計にしかできない方法で果敢にもゴジラに戦いを挑み敗れ去った因縁浅からぬ戦友であります。ゴジラの傍には幾度となく壊されてもなお時を刻み続ける和光本館の時計塔を添えてみました。
日本が産んだ最高の腕時計、グランドセイコーと日本が産んだ最高の怪獣、ゴジラ。汲めども尽きぬ不撓不屈のエネルギーで貴兄の時を刻んでみてはいかがでしょうか?…というか、私も欲しい。

<Grand Seiko> Sport Collection Godzilla 65th Anniversary Limited Edition

品番SBGA405
希望小売価格1,300,000円(税抜)
ケースブライトチタン
ストラップ・中留シャーク(中留:ステンレススチール)
ダイヤルレッド
販売数量世界限定:650本
国内取扱店グランドセイコーブティック/グランドセイコーサロン
発売予定日2019年11月9日(土)

グランドセイコー公式サイト

セイコーウオッチ公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.