2019年12月に公開されたスター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け。1977年から40年以上もの間、人々を熱狂の渦に包み込んだ作品もついに完結。この記念すべき区切りの年に、香港で誕生したカスタマイズ腕時計ブランド・UNDONE(アンダーン)が、「UNDONE スター・ウォーズ スペシャルコレクション」を展開中だ。

人気時計ブランドとスター・ウォーズのコラボレーション

高級スイス時計の技師として知られるマイケル・ヤンが、「多くの人にカスタマイズ時計の素晴らしさを広めたい」として立ち上げた時計ブランド・UNDONE(アンダーン)。同ブランドは、文字盤へのテキストプリントや、裏面へのプリントなど4億通り以上のカスタマイズが可能で、世界にひとつだけの自分だけの時計を作れると人気のブランドである。

そのアンダーンが、SF映画の金字塔であるスター・ウォーズとコラボレーション。どれも遊び心溢れるデザインで、休日の腕元を飾るのにぴったり。

これまでもスター・ウォーズとはコラボ実績のある同ブランド。今回は完結という節目のタイミングで、スター・ウォーズを代表するキャラクターや特徴的なシーンを捉えたデザイン性にこだわった「リミテッドモデル(完成モデル)」と、「カスタマイズシリーズ」を発売する。

ミレニアム・ファルコン/第2弾リミテッドモデル

ハン・ソロをキャプテンとして伝説的な活躍を見せるミレニアム・ファルコン。そのイメージを外装をヴィンテージカラーの文字盤とブラウンカーフのベルトで表現。文字盤上部には同機のロゴが鎮座し、背面にはレジスタンスのロゴも刻印。両回転ベゼルとシルバーケースが大人の印象を与えるデザインに仕上がっている。

ムーブメントは、SEIKO Cal.VK64(メカニカルハイブリッドクォーツ)を採用。ダイヤル内左側はクロノグラフ(ストップウォッチ機能)の60分計、右側は午前/午後を表す24時間計となっている。

価格:36,000円(税抜)

R2-D2/第2弾リミテッドモデル

個性豊かな人気ドロイドであるR2-D2がデザインされた限定モデル。背面には機械式のムーブメントが見えるシースルーバックを採用。全体をホワイトでシンプルにまとめ、アクセントとしてブルーのセラミックが映えるデザインとなっている。

文字盤には3Dで特殊加工を施した立体的なR2-D2が印象的。デザインのカジュアルさに加え、サファイアガラスにSEIKO機械式ムーブメントと、本格的なスペックが備わったモデルだ。100m防水の自動巻機械式で、フルリザーブ状態で40時間駆動するSEIKO NH35を採用している。

価格:54,000円(税抜)

ダース・ベイダー/第2弾リミテッドモデル

特殊3D加工で文字盤に浮かぶダース・ベイダーが印象的な1本。彼のイメージカラーでもあるブラックをメインに、ガラスベゼルの光沢で、黒光するボディを表現。ベルトやリューズには彼のライト・セイバーカラーであるレッドが入り、ワンポイントとして効果的なアクセントとなっている。

ストラップは20mmの伸縮性に優れたNATOベルトを使用。背面はガラス面にダース・ベイダーが描かれている。100m防水の自動巻機械式で、フルリザーブ状態で40時間駆動するSEIKO NH35を採用。フレームは316Lステンレスで、これは医療用のメスなどにも利用されている耐摩耗性や耐腐食性に優れている素材だ。

価格:44,000円(税抜)

デス・スター&タイ・ファイター/第2弾リミテッドモデル

最強の宇宙要塞である初代デス・スター。エピソード3で登場するこの宇宙ステーションと、帝国軍の象徴的な戦闘機であるタイ・ファイターが描かれた文字盤が特長的。左サブダイアル(クロノグラフ )には、デス・スターのスーパーレーザー砲が位置し、他の惑星を右サブダイアル(24時間計)に見立てデザインしてあるのも面白い。

ストラップは20mmのコーデュラ素材で使いやすいようコーディネート。背面には帝国軍姿で結成されたメタルコアバンド『ギャラクティック・エンパイア(Galactic Empire)』の文字が。ムーブメントには、SEIKO Cal.VK64(メカニカルハイブリッドクォーツ)を採用している。

価格 36,000円(税抜)

ファンにはたまらない。特別イラスト入りのパッケージも!

自分仕様にカスタマイズできるモデルも用意

こちらはリミテッドモデルとは異なり、ベースを選べばダイヤルカラーやキャラクター、ケース、ベゼル、針、ストラップに至るまでフルカスタマイズができるモデルとなっている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.