9月下旬。秋晴れの空の下、千葉県・新東京サーキットにて女性だけのカート大会『M4 マドンナカート』が開催された。会場には、モータースポーツを楽しみたいという女性たちが集結し、爽やかな笑顔で溢れていた。今回は、カート初心者であるdino.network女子編集部員が実際に参加し、大会の模様を体験レポートという形にてご紹介する。

『M4マドンナカート』とは?

M4マドンナカート(通称:マドンナカート)の『M4』とは、Masters 4 stroke(マスターズ・4ストローク)の略。年間で争うシリーズ戦ではなく、レンタルカートの耐久レースとして企画されたものであり、今年で第3回目の開催となる。

本大会の目的は、カート初心者の女性を対象に『安全に誰でも楽しく完走すること』。レースの順位や勝ち負けではなく、“カートを楽しむこと”をコンセプトに開催している。

画像: 新型コロナ対策として、マスクの着用及び検温とアルコール消毒も徹底されている

新型コロナ対策として、マスクの着用及び検温とアルコール消毒も徹底されている

レース形式は、1チーム2〜4名で競う60分間耐久レース。自動車運転免許(AT限定可)を取得する満20歳以上の女性を対象に、当日は25チーム/計67名もの女性ドライバーたちが集った。

また、車のレースは各々のマシンにて出場するイメージだが、本大会で使用するカートは、主催者が用意するレンタルカートにて行う。ヘルメットとグローブの着用、規程の服装さえ守れば、長袖・長ズボンでも参加することができるのだ。

初心者安心のサポートが充実

画像1: 初心者安心のサポートが充実

当日(2021年9月19日)は台風14号の影響が心配されたが、台風一過により開催を祝福するような最高の天気となった。

開催会場の新東京サーキットは、千葉県市原市にある日本自動車連盟(JAF)の公認のレーシングカート専用サーキット場。マドンナカート以外にもさまざまなカートレースが開催されている他、カート初心者に向けたレンタル走行なども行っている。全長1,076mのコースは筆者にとって非常に広く感じたが、久しぶりの屋外での活動に開放感と高揚感でいっぱいになった。

画像2: 初心者安心のサポートが充実

会場には、配布されたマドンナカートの白Tシャツを着用した参加者の女性が多数集結していた。レーシングスーツに身を纏う女性たちも多く、その着こなしと明るい笑顔は爽やかでとてもかっこいい。大会への気持ちがグっと高まった。

走行前、参加者に向けたブリーフィングと初心者講習が行われた。使用するフラッグやボードの意味、ドライバーの交代方法、その他レース上の注意点などを丁寧に説明。

画像3: 初心者安心のサポートが充実

初心者講習では、カートの乗り方・操作方法・スピンしてしまったときの対処法などもレクチャーしてくれたため、より理解が深まり、安心して大会に臨むことができた。

ルール説明とピットエリアへの図解資料なども配布され、レース直前まで復習することができ、こうした充実サポートがカート初心者にとって大変ありがたかった。

画像4: 初心者安心のサポートが充実

その後、チーム一斉にて約20分間の練習走行が行われた。筆者は過去に別のサーキット場にて走行経験があったが、複数人の中で走ることはなかったため、少々緊張していた。

画像: エンジンのかけ方を忘れてしまい、少々焦りながらのスタート

エンジンのかけ方を忘れてしまい、少々焦りながらのスタート

カート経験者は速く、間近でカートを抜く技術を目の当たりにし、体験したことのない新鮮な驚きが感じられた。周囲に圧倒されながらも、「速い人は抜いていくので、まっすぐ走ることを心がけてください」という講習での言葉を守り、自分のペースで走ることができた。

また、新東京サーキットのコース幅は、最大11.5m 最小8mとやや広い印象だったため、速いカートに抜かれる際も余裕が感じられ、その点が個人的に安心だった。

その後は記念撮影を終えて、いざマドンナカートがスタートする!

画像5: 初心者安心のサポートが充実
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.