皆さんこんにちは。第2回目となる紺野ミクの連載「美女とBAR」。今回は、まるで映画の世界に入ったような幻想的な雰囲気のBARをご紹介します。

連載コラム「美女とBAR」。大切な人と行きたい、二人の距離を縮めたい、そんな時にぴったりな大人のBARやデートコースを、紺野ミクが皆さんに紹介していきます。美女とのデートを想像しながら読んでみてくださいね。

映画の世界に入ったような空間 【BAR LEM(バー レム)】

麻布十番駅から徒歩1分のビルにある「BAR LEM」。今回はこちらにお邪魔してきました。

扉を開けると、まるで映画の世界に入ったような華やかなカウンターが目に入ります。

その後ろには、幻想的なロウソクが置かれたテーブルも。

画像: 映画の世界に入ったような空間 【BAR LEM(バー レム)】

こだわりの内装は、美術監督である種田陽平氏が手がけたとのこと。赤い煉瓦の壁とロウソクの灯りが、一気に非現実的なムードを作り出してくれます。

また、店名の「LEM」はアポロ計画の月着陸船(lunar excursion module)を略して、「LEM」だそうで、コースターやテーブル席の真ん中に穴が開いていたりと、月をモチーフにしたデザインもお店のこだわりです。

そんな話を彼女にさりげなくするのも会話が広がって良いですよね。

オリジナルカクテルで至福のひとときを...

もちろん絶品と噂のオリジナルカクテルも作っていただきました。

画像1: オリジナルカクテルで至福のひとときを...

お店の看板メニューでもある、フルーツを使ったフレッシュカクテル。こちらはメロンとヨーグルトのリキュールを使用。メロン本来の味に、やや甘酸っぱいヨーグルトが合っていてとても濃厚な味わいでした。(画像右)

高級バーボンで有名な“ウッドフォードリザーブ”にオレンジリキュールを使用したカクテルです。グラスの縁にチョコレートを纏い、ビターで大人な味わいになっています。(画像左)

画像2: オリジナルカクテルで至福のひとときを...

お酒の説明を聞きながら飲むと、より一層味わい深く感じますね。

お酒はもちろん、お店オリジナルのフードも豊富なので、一軒目から足を運ぶお客さんも多いそうです。

画像3: オリジナルカクテルで至福のひとときを...

また、カップルだけでなく一人でもとても来やすい雰囲気なのも特徴。カウンターで一人飲んでいるのを見かけたら、ぜひ話しかけてくださいね。

一人で行けるBARにはそんな出会いがあるのも魅力。

そんな素敵な「BAR LEM」で、二人だけの物語を作ってみては?

【BAR LEM】

所在地東京都港区麻布十番1-3-8 Fプラザ 2F
TEL03-3586-8588
営業時間19:00~5:00 日曜営業
定休日なし
画像8: 幻想的なBARで、二人だけの物語を

紺野ミク|Miku Konno
モデル・女優などで活躍中の他、2017年からはライターとしても活動。連載を持ちコラム執筆をするなど多方面で活躍中。食べること・飲むことが大好きなお色気お姉様。
InstagramTwitterにて活動をcheck。

連載「美女とBAR」 前回の記事はこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.