ソウル近郊の繁華街 梨泰院=イテウォン を舞台に、意地と信念を貫いたばかりに、飲食業界を牛耳る独裁者の不興を買い 父を失い前科者にもなってしまった青年の壮大な復讐を描いた韓国ドラマシリーズ。
激しい怒りを胸に抱きながらも、暗さを感じさせず 他者への優しさと爽やかさを無くさない主人公パク・セロイ を人気俳優パク・ソジュンが演じて話題になった。

よくあるストーリーだが、主人公の臥薪嘗胆ぶりといがぐり頭が話題に

主人公パク・セロイは、転校したばかりの教室で、同級生を虐める少年チャン・グンウォンを制止するが、制止に応じないグンウォンを殴り倒してしまう。
ところが、グンウォンが飲食業界トップの長家グループ創業者チャン・デヒの長子であったことからパク・セロイは高校を退学させられ、さらに長家に勤める父親も退職を余儀なくされてしまう。

めげることなく、飲食店を始めて再起を図るパク親子だったが、不幸は続き、セロイ の父親は偶然にもグンウォンが運転する車にはねられ命を落とす。
グンウォンは長家のスキャンダルが及ぶことを恐れたチャン・デヒが手を回したことで罪を逃れるのだが、これに怒ってグンウォンを襲ったセロイ は逆に逮捕され、禁固2年の実刑を食らってしまう。
曲がったことが大嫌いで、正しく生きるという信念を貫き通したばかりに人生を棒に振ってしまったように見えたセロイ だったが、自暴自棄になることなく、チャン親子を破滅させ、長家以上の飲食店グループを作ることを目標に生きていくことを誓うのだった。

ストーリーそのものは、よくある話ではあるものの、主人公セロイの頑固なまでの一本気とその爽やかさ、そしていがぐり頭としか言いようがない彼のヘアスタイルの奇妙さが話題になり、多くの国で人気を呼ぶ話題作となった。

画像: 『梨泰院クラス』公式予告編 - Netflix youtu.

『梨泰院クラス』公式予告編 - Netflix

youtu.

半沢直樹的な不屈さを盛り上げる、長家統帥の貫禄ある悪役ぶり

主人公の仇敵となる長家創業者チャン・デヒを演じるのはユ・ジェミョン。1973年生まれながら韓国飲食業界の立役者、そしてセロイ の前に立ち塞がる強大な壁としての貫禄を十二分に発揮していて、何の違和感も感じさせない。
幾多と訪れる試練を前に不屈の闘志を見せるセロイ を好演するパク・ソジュンも見事だが、ユ・ジェミョンが見せる圧倒的な独裁者ぶりに説得力がなければ、このドラマは成り立っていないと思う。セロイ を半沢直樹とすればチャン・デヒはまさに大和田取締役。香川照之に勝るとも劣らない悪役の凄みは最大級の評価を与えてしかるべきだろう。

主人公を扶ける仲間たちのキャラクターも話題に

主人公セロイは、長家に挑むための資金を独力で必死に貯めつつ、その間に知り合った若者たちを仲間としていく。彼らはチンピラ上がりであったり、性同一障害(≒トランスジェンダー)であったりと、韓国社会においては大きなハンデとなる過去や悩みを抱えていたが(セロイ 自身が、高校中退で天涯孤独の前科者というハンデを背負っているわけだが)、セロイは自分の人生は自分で決めるべきと主張、夢を諦めたり努力を放棄することを戒めて彼らを奮起させる。

本作は、目上の者との酒の飲み方のような伝統的な作法であったり、ハーフーミックスというべきかーのような生まれやトランスジェンダーへの風当たりの強さなど、韓国ならではの保守的あるいは差別的な社会体制や文化についてもよく描かれているのが特徴だ。

セロイ 自身は決して天才でも何でもないのだが、何があっても自分の信念を曲げず、苦境にも挫けない意志の強さがあり、その頑なな靭さが周囲に才を持つ者を集め、才のない者にも努力を惜しまない気合いと根性を宿らせるのである。
(セロイ に恋して彼の側近となる天才少女イソは、効率的かつ現実的な視点から、力のない部下を切り捨てることをセロイ に幾度なく進言するが、セロイ は“甘いと知りながらも”仲間を信じ育てる方を選び続ける)
その意味で、セロイは(三国志演義の)劉備玄徳を思い起こさせる 人徳型のリーダーであり、典型的なアジアの英雄タイプのヒーローであると思う。

学ぶべき点を見つけてつまみ食いしよう、全てを真似るような愚は犯さないように

本作は、飲食業を舞台とした復讐劇であり、トップ企業で絶大な権力と資金を持つ男に挑戦する若者の話。フードテックのような新たな戦略や思想が出てくるわけでもないので、ビジネス上の下克上にはあまり参考になるところはなく、冷酷な権力者のやり方をよしとせずに情や優しさを武器とする青年の生き方、まさしく気合と信念に共鳴しながら観るドラマだ。

実際にはセロイ のような生き方をしたら現実に潰されるだけだろう(彼のような靭さを持つ者はそうそういない)から、本ドラマを見て感動してもいいし賛同してもいいが、決して自分の人生の参考にしてはならないと思う。(それができるのはほんの一握りの強者だけだ)
またセロイ がいくらカッコ良くみえたとしても、自分はパク・ソジュンではないから、彼の髪型を真似するのもやめたほうがいい。あの髪型が似合うのは180センチ越えのイケメンだけだと、一度視点を引いて冷静に考えるべきだろう。

画像: 『梨泰院クラス』で心震わされても生き方や髪型は真似しないで

小川 浩 | hiro ogawa
株式会社リボルバー ファウンダー兼CEO。
マレーシア、シンガポール、香港など東南アジアを舞台に起業後、一貫して先進的なインターネットビジネスの開発を手がけ、現在に至る。

ヴィジョナリー として『アップルとグーグル』『Web2.0Book』『仕事で使える!Facebook超入門』『ソーシャルメディアマーケティング』『ソーシャルメディア維新』(オガワカズヒロ共著)など20冊を超える著書あり。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.