フォーマルからインフォーマルまで、自身のこだわりを移す鏡として選ばれる腕時計の数々。ここではブランド腕時計専門店・MOON PHASE(ムーンフェイズ)が最新モデルからアンティークまで、見る者の感性を刺激する1本をセレクト。今回は、当連載初のレディースウォッチとして、カルティエのパンテール ドゥ カルティエをご紹介。

Cartier
世界のトップジュエラーに君臨するブランドでありながら、時計史に刻んできた功績はとても大きく、現在の時計業界への影響力も非常に高いのがカルティエ。とくに1904年に発表された「サントス」は、“時計を腕に巻く”という腕時計の概念を普及し、懐中時計から腕時計への移行を後押ししたほど。ほかにも「タンク」「パシャ」などのロングセラーモデルをいくつもラインナップし、どのモデルも美しい造形のケースに高度な技術を誇るムーブメントが納められていることでも定評がある。近年も「バロン ブルー」「カリブル ドゥ カルティエ」などの新シリーズを続々とリリース。片時も目を離すことのできないメゾンである。

世代を問わず愛用できるレディースウォッチ

連載73回目にして、初のレディースウォッチであり、初のクォーツタイプ。
その記念すべき1本目は、カルティエのパンテール ドゥ カルティエ(以下、パンテール)だ。

画像: カルティエ パンテール ドゥ カルティエ SM

カルティエ パンテール ドゥ カルティエ SM

1983年に登場したパンテールは、25年もの間女性の憧れとして君臨し続けたモデル。しかし人気絶頂のなか、2008年に突如生産を終了。

その知らせを聞いた女性達は落胆……中古市場では品薄が続くなど、パンテールを探し求める人も多かったという。

ところが2017年に復活! 根強い人気に応えるかのように、旧パンテールとほぼ同じ状態で再展開された。

あなたの好みは新旧どっち?

新旧で異なるのは、全体の仕上げやバックル、ブレスの作りなど細かな部分だ。

今回ご紹介するのは新パンテール。改めて違いを見ていこう。

見た目に大きく関わるのは全体の磨きだろう。新パンテールはポリッシュ仕上げで輝きを増しており、よりジュエリー要素が強調されている。

バックルにも注目だ。旧パンテールは閉じる順番が決まっていたが、新パンテールでは順番を気にせず留めることができるよう変更が加えられている。

デザインは変わらないが、ストラップの作りは堅牢になっていて、より使い勝手は向上していると言えるだろう。

豊富なバリエーションから好みの1本を見つけたい

パンテールにはスクエア・ラウンドといったタイプ違い、イエローゴールドやピンクゴールドを採用したコンビネーションモデルといった、多数のバリエーションが用意されている。※2020年12月現在の現行モデルはスクエアのみ

サイズも、ミニ(XS)・SM・MMなど豊富で、好みの一本を探すのも楽しみのひとつだ。

ちなみに、今回のモデルはSMでレディースウォッチとしては一般的なサイズ。

男性諸君、健闘を祈る

このタイミングでレディースウォッチを紹介するということは……そう、クリスマスプレゼントである。(余計なことするなって?)

今年はちょっと奮発して、大切な人に時計を贈ってみてはいかがだろう?

男性はサントスで、パンテールと合わせてみるのもいいかもしれない。

Cartier
パンテール SM
品番:-
素材:SS(ステンレススチール)
サイズ:縦30㎜×横22㎜
防水:日常生活防水
ムーブメント:クォーツ
文字盤:シルバー
販売価格:225,000円(税込)※USED
【付属品】
内箱、保証書(2000年3月)等が付属
※保証書は名前が未記入の状態。内箱は時計専用の箱ではありません。
※価格は2020年8月のMOON PHASE銀座店・販売価格です。

MOON PHASE 〜STAFF VOICE〜

カルティエのレディースウォッチのなかでも、トップ3に入るほど人気を誇るのがパンテールシリーズです。

新旧ともに人気ですが、旧モデルを探されている方も多いみたいです。

理由はやはり価格でしょうか。やはり旧モデルの方が若干リーズナブルになりますからね。

とはいえ、今回ご紹介しているモデルは新モデルでこのお値段(22.5万円)ですから、かなりオススメです。

いろいろなレディースウォッチを見てきましたが、パンテールほど世代を問わず使える時計はありません。1本持っておくと一生重宝する。そんな時計です。

プレゼントにも最適ですので、男性のみなさま……ぜひ、がんばってください!笑
(なんだか自分の首も絞めてる気がします…)

所在地東京都中央区銀座1-6-6 GINZA ARROWS1F
TEL03-5250-7272
営業時間11:00~19:00(日曜祝日~18:00まで)
定休日水曜日
公式サイトhttps://www.moon-phase.jp/
【MOON PHASE(ムーンフェイズ)銀座】

腕時計に関する記事はこちらから

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.