フォーマルからインフォーマルまで、自身のこだわりを移す鏡として選ばれる腕時計の数々。ここではブランド腕時計専門店・MOON PHASE(ムーンフェイズ)が最新モデルからアンティークまで、見る者の感性を刺激する1本をセレクト。今回はチューダーのヘリテージ クロノをご紹介しよう。

TUDOR
ロレックスのディフュージョンブランドとして知られてきた「チューダー(チュードル)」。1930年代にロレックスの創業者ハンス・ウィルスドルフが、イギリスでの販売不振から高級時計のテイストを持つウォッチを低価格で提供すべく投入したのがはじまり。ブランド名の由来は、イングランドの王家「チューダー家」にちなんだもので、時計にはイングランドの紋章である「バラ」のモチーフが入る。日本からは一度撤退するも2018年に再上陸。現在はロレックスのディフュージョンブランドではなく、独立した高級時計ブランドとしての道を歩んでいる。

70年代のデザインから着想を得たクロノグラフ

今回ご紹介するのはチューダーの『ヘリテージ クロノ M70330B』。1970年代のクロノグラフモデル(通称モンテカルロ)から着想を得た伝統的なデザインが特徴的な1本だ。

画像: ヘリテージ クロノ M70330B

ヘリテージ クロノ M70330B

まるでカジノのルーレット盤のようなダイヤルは、1971年に登場したチューダーのオイスターデイト クロノグラフそのもの。左右に配置された2つのカウンターは右がスモールセコンド、左が45分の積算計となっており視認性も抜群だ。

クロノグラフ針や、インデックス、各ダイヤルのビビッドなオレンジカラーがアクセントになっており、ブルー&オパラインの文字盤をグッと引き締めてくれている。

ローレット加工(細かい凹凸)が施されたリューズとプッシャーはクロム仕上げのねじ込み式。よく触れる部分であるリューズはラッカー仕上げになっており耐摩耗性も確保。その輝きも一際だ。

古き良き伝統と、現代的なシェイプを共存させたヘリテージ クロノ。本個体はスチール製ブレスレットだが、ブランドサイトでは交換のできるファブリックストラップ(NATOストラップ)も展開中。よりカジュアルに着用できるので、シーンに合わせた変化を楽しみたい。

画像: ベゼルは両方向に回転する。第二時間も確認出来るので旅先などにも連れて行きやすい

ベゼルは両方向に回転する。第二時間も確認出来るので旅先などにも連れて行きやすい

TUDOR
ヘリテージクロノ
品番:70330B
素材:SS(ステンレススチール)
サイズ:縦42㎜×横42㎜
防水:150M防水
ムーブメント:自動巻き
文字盤:ブルー×オパライン
販売価格:365,000円(税込)※USED
参考定価:490,600円
【付属品】
外箱、内箱、保証書(2019年3月)が付属
※価格は2020年4月現在のMOON PHASE銀座店・販売価格です。

MOON PHASE 〜STAFF VOICE〜

精度や堅牢性はロレックス譲り。しかし、その価格は非常に手頃。チューダーほどバランスの取れたブランドもそうありません。

同ブランドにはさまざまなシーンで活用できる時計がラインナップされていますが、今回のヘリテージ クロノはプライベートシーンをはじめ、ラフなスタイルに最適な1本といえます。アメカジファッションが好きな方にとっては、最高の相棒になってくれるんじゃないでしょうか。

日常使いできる高級時計が欲しいと考えている方は、ぜひ手にとってみてくださいね。

所在地東京都中央区銀座1-6-6 GINZA ARROWS1F
TEL03-5250-7272
営業時間11:00〜19:00(日曜祝日〜18:00まで)
定休日水曜日
公式サイトhttps://moon-phase.jp/
【MOON PHASE(ムーンフェイズ)銀座】

腕時計に関する記事はこちらから

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.