フォーマルからインフォーマルまで、自身のこだわりを移す鏡として選ばれる腕時計の数々。ここではブランド腕時計専門店・MOON PHASE(ムーンフェイズ)が最新モデルからアンティークまで、見る者の感性を刺激する1本をセレクト。今回は、フランク ミュラーのコンプリケーションモデル『パーペチュアルカレンダー クロノグラフ エクエーション』をご紹介しよう。

FRANCK MULLER
1986年に発表した「フレー・オシレーション(自動振動)トゥールビヨン」により、その名を世界に知らしめたフランク ミュラー氏。その後、ジャンピングアワー機能付きのレギュレータータイプの文字盤を持つトゥールビヨンや、スプリットセコンド・クロノグラフ 、ミニッツリピーター、ワールドタイムなどを搭載した名作を次々に発表し「ブレゲの再来」とまで呼ばれるほどに。そんな同氏が「自分の時計を望む人たちのために、良い時計を届けたい」という思いから1992年に立ち上げた時計メーカーが、フランク ミュラーのはじまりである。

フランク ミュラーのオリジン

フランク ミュラーと聞くと真っ先に思い浮かべるのがトノウ型の腕時計で、「フランク ミュラー = トノウ」という図式はもはや一般的といえる。

しかし、初期のフランク ミュラー作品はすべてラウンド型であり、ブランドのオリジンはラウンドタイプにあるといっていい。今回ご紹介するのもそんなラウンドタイプの1本。

天才時計技師であるフランク ミュラー氏がかねてより得意とした複雑機構を搭載した『パーペチュアルカレンダー クロノグラフ エクエーション』である。

画像: パーペチュアルカレンダー クロノグラフ エクエーション

パーペチュアルカレンダー クロノグラフ エクエーション

パーペチュアルカレンダー(永久カレンダー)とは時計における3大複雑機構のうちのひとつで、時計が止まらない限り日付の調整や閏年の計算が一切不要という機能だ。
※2100年は閏年がないため、そのときは1日だけ進める必要がある

デジタルの世界では当たり前だが、これを歯車とゼンマイを用いた機械式腕時計で、しかも数十㎜という小さなスペースの中で実現してしまうというのが恐ろしい。(だからこそ金額も恐ろしいことになる……)

さらに本モデルには、月齢表示のムーンフェイズ、クロノグラフ機能も搭載。
インダイヤルが多く一見しただけでは分かりづらいかもしれないが、12時位置の大きなダイヤルが日付で、そこについた小さなダイヤルが閏年を表している。

そして、3時位置のダイヤルがムーンフェイズを。6時位置の大きなダイヤルは曜日表示で、その右上に付いた小さなダイヤルが24時間表示だ。

文字盤の左側に配置されているのは、レトログラードの月表示。レトログラード(フランス語で逆行の意)とは、始点から終点まで針が進んだら再び始点に針が戻る機能のこと。200年以上前からある機構のひとつであり、これだけでも非常にクラシカルな趣だ。

画像: 月表示はレトログラードになっている。月の左側に表記された「+-」が近時差表示。これを備えた時計はかなり少ない

月表示はレトログラードになっている。月の左側に表記された「+-」が近時差表示。これを備えた時計はかなり少ない

ここで特筆したいのは、月表示の横にある近時差表示である。近時差の解説は後述するが、近時差表示を搭載した時計は世界的にも数が少なく大変珍しい。

近時差とは
「視太陽(実際に我々が目にしている太陽)」と、「平均太陽(等速度で動いていると仮定した太陽)」の位置の差を時間に換算したもの。人は1日24時間で生活しているが、実際は日毎に時間のズレが生じている。その差は最大で16分ほど。

時計としての機能はもちろんだが、フランク ミュラーらしさはデザインにも表れている。ラグ部分に配置された大きな飾りネジ、ラウンド形状を崩さぬようシンプルに配置されたプッシュボタンなど、これぞ美を追求するフランク ミュラーといったところ。

ピンクゴールド製のケースに複雑機構を搭載しているためお値段もそれなりにするが、その価値は十二分に感じ取れる仕上がり。天才と称されるフランク ミュラーの才能を、ぜひこの1本から感じてみてほしい。

画像: フランク ミュラーのオリジン

FRANCK MULLER
パーペチュアルカレンダー
クロノグラフ エクエーション
品番:7000QPE 90 FO
素材:ピンクゴールド
サイズ:縦39㎜×横39㎜
防水:−
ムーブメント:自動巻き
文字盤:シルバー
販売価格:3,280,000円(税込)※国内正規USED品
国内参考定価:8,525,000円
【付属品】
国内正規保証書(2019年4月)が付属
※価格は2021年11月現在のMOON PHASE銀座店・販売価格です。

MOON PHASE 〜STAFF VOICE〜

フランクミュラーのなかでも名作と名高いラウンドタイプの1本です。全体的にアールデコな雰囲気で、非常にドレッシーな装いですね。

パーペチュアルカレンダーやムーンフェイズはもちろんですが、なんといっても近時差表示という珍しい機能がついているのがポイント。他にはなかなか見つからない機能なのでかなりオススメな1本です。

また、通常の7000QPEとは異なりインダイヤルが縦に並んでいるのにも注目です。通常のものはレトログラードが6時位置にあるんですが、それが9時位置に変わるだけでかなり見栄えも違います。時計全体の雰囲気にマッチして、よりクラシカルなイメージが強くなった印象です。

これまでラグジュアリースポーツな時計が主流でしたが、最近ではドレスウォッチの人気も高く、フランク ミュラーの遊び心あるデザインセンスや優れた機能性を持ったタイムピースが注目を集めています。天才時計技師の片鱗が味わえる本モデル。ぜひこの機会にお手にとってみてはいかがでしょう?

所在地東京都中央区銀座1-6-6 GINZA ARROWS1F
TEL03-5250-7272
営業時間11:00〜19:00(日曜祝日〜18:00まで)
定休日水曜日
公式サイトhttps://moon-phase.jp/
【MOON PHASE(ムーンフェイズ)銀座】

腕時計に関する記事はこちらから

This article is a sponsored article by
''.