甘党な大人のために、都内で楽しめるちょっと贅沢な大人スイーツを紹介する連載「大人スイーツ」。飲みの締めや休日の一コマにおすすめしたい一品をご紹介。今回は、GINZA SIX最上階にある「THE GRAND GINZA」内、ラウンジにて楽しめる贅沢で冷たいスイーツをご紹介。暑い夏にぴったりの特別なスイーツをぜひご賞味あれ。

大人の気品漂う、ラグジュアリーな空間

THE GRAND GINZAは、GINZA SIX最上階の13階にあり、47都道府県の旬の食材を堪能できるフレンチレストラン、ラウンジ、シェフズカウンターから構成された大人の空間。銀座の中央通りが一望できる一面ガラス張りの店内は、開放的でありながらも大人の気品が漂う。

幅広い年齢層に利用され、プライベートはもちろんビジネスの場として活用されることも多い。バーカウンター、テーブル席以外にも大人数でもゆったりと寛げるソファー席もあり、その時々に合わせて利用することができる。和モダンの雰囲気が漂う団体向けの席は、外国の方をもてなす際に利用したい。

シャンパンの香りと旬のフルーツで喉を潤す

画像: シャンパンの香りと旬のフルーツで喉を潤す

一番人気の窓際の席。この席から眺める夜景も特別だが、昼の銀座も活気があって良い。
そんな昼下がり、ショッピングの合間に喉を潤す一品として味わいたいのがこの「“食べる”シャンパンかき氷」だ。

糖度の高い日本産サマーフルーツ、シャンパンのジュレ、その上にシャンパンのグラニテがトッピングされた見た目にも涼しげな一品。さらにその場で「モエ・エ・シャンドン」のマグナムボトルを注ぐというパフォーマンスも嬉しい。パティシエ特製の贅沢なスイーツがカクテルグラスの中に見事に納められている。

はじめは、シャンパンの芳醇な香りと音を楽しみながら、スプーンでいただく。フルーツの食感、キレのあるシャンパンのコク、甘みのあるジュレが一体となり、絶妙なバランスを演出。ぜひ最後はカクテルグラスを傾け、味わうことをおすすめする。

暑い夏。“食べる”シャンパンかき氷で、身も心も満たされる贅沢なひとときを味わってみてはどうだろうか?

THE GRAND GINZA 人気の理由は?

ラウンジの看板メニューとして話題を集めているのが、アフタヌーンティーセット。なんと月に約3000食もの注文を受けているという大人気メニューだ。現在、期間限定メニューとして「サマーフルーツのアフタヌーンティーセット」が販売中。

シャンパンかき氷と同様、糖度の高い日本産のサマーフルーツをふんだんに使用したこちらのメニューは、見た目にも美しくラグジュアリーなアフタヌーンティーを過ごすのにぴったりなメニューとなっている。

画像: THE GRAND GINZA 人気の理由は?

<サマーフルーツのアフタヌーンティーセット>価格:4,200円(税抜)

・フード7種(例)
スイカとトマトのガスパチョチアシード、マンゴーとヨーグルトのムースと野菜スティック、サーモンとマスカットのサラダ
・デザート7種(例)
桃のマカロン、桃とマスカットのゼリーマスカットタルト、メロンロール、ローズマリーのスコーンとパインジャム
・銀座マキシム復刻版「苺のミルフィーユ」
・11種類から選べるマイティ―リーフの紅茶やコーヒー・カフェラテ等付き

スイーツはもちろん、紅茶やカフェラテなどドリンクメニューが豊富な点も魅力的。スタッフこだわりの厳選された茶葉が用意されている。

また、メニューのひとつとして組み込まれている、“銀座のケーキの王様”として語り継がれている銀座マキシムの「苺のミルフィーユ」を目当ての方も多いとのこと。初代シェフパティシエ植村翁氏に直接レクチャーを受け、長年マキシムのサービスを担ってきた田中保範氏監修のもと再現させた復刻版の特別スイーツだ。ぜひこちらのメニューもチェックしてみてはどうだろうか?

※「シャンパンかき氷」、「サマーフルーツのアフタヌーンティーセット」は8月31日までの期間限定メニュー
※アフタヌーンティーはドリンクのラストオーダーは着席から2時間半、席は3時間制
※THE GRAND GINZAに行く際は、予約してからの来店がおすすめ
※料金はサービス料別

所在地東京都中央区銀座6–10–1GINZA SIX13階
TEL03-6280-6129
営業時間11:00〜23:00(L.O.フードのみ22:00)
定休日不定休(GINZA SIX に準ずる)
公式サイトhttps://www.grandginza.com/
【THE GRAND GINZA LOUNGE(ザ・グラン銀座 ラウンジ)】
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.