脱毛は女性だけではなく、男性も受ける時代。清潔感や若々しい印象を与えられるとのことで“ヒゲ脱毛”は、20〜30代を中心に需要が増えてきている。今回、脱毛をすることで得られるメリットやその実態について「表参道スキンクリニック」に話を聞いた。

ヒゲ脱毛で「脱・老け顔」

「表参道スキンクリニック」は、東京、名古屋、大阪、福岡、沖縄に各院を展開している美容皮膚科・美容外科クリニック。医療脱毛の他、スキンケアやリフトアップなどさまざまな治療科目を展開している。

注目したいのが、“メンズ医療レーザー脱毛”。表参道スキンクリニックでは、男性に向けた脱毛コースを展開しており、数多くの男性が施術を受けている。脱毛専門医とドクターがしっかりとカウンセリングをし、効果的な治療をするため肌の状態をチェックしながら施術を行なっている。ヒゲ脱毛の他にも、腕・腹部・ヒザ上下・カラダ全身の脱毛を受けることができる。

脱毛は女性が受けるものというイメージが強いかもしれないが、近年は男性のニーズが増え、今では20代から行う男性が増加。今回は、ヒゲ脱毛について表参道スキンクリニック 兵藤 秀忠医師に話を伺った。

画像: 表参道スキンクリニック 兵藤 秀忠医師

表参道スキンクリニック 兵藤 秀忠医師

──ヒゲ脱毛の実態やメリットについて、教えてください。

兵藤医師:ヒゲ脱毛は5年ほど前から増えてきた印象ですね。20代から30代の層が多く、下は大学生から、さまざまなな職業の男性が受けています。ヒゲがなくなると若く見えるため、20代や30代で「老け顔になりたくない」と多くの男性がヒゲ脱毛を受けています。

もみあげを残し、頬から下の全体を脱毛するのが一番人気です。今後ヒゲを生やそうと思っている方は、顎など不要なところのみを脱毛し、鼻の下や顎などを部分的に残すデザインにすることも可能です。

──肌質改善にも効果があるのか?

肌荒れの原因にカミソリ負けがあるので、スキンケアの観点でもヒゲ脱毛はおすすめです。脱毛そのものに肌質改善の効果はありませんが、ニキビが改善するケースもあります。表参道スキンクリニックでは、脱毛と合わせてスキンケアを行うメニューを今後展開する予定です。

──実際の痛みや、注意しなければならないことは?

脱毛に痛みは避けられませんが、機械の出力や肌の色によって変わり、黒いほど痛みは強くなります。耐えられる痛みによって機械の出力を調整しますが、どうしても痛い場合は、麻酔テープや麻酔クリームを使うことも可能です。

注意することは、当日にヒゲを剃っていくこと(※肌荒れやカミソリ負けをしてしまう場合はあらかじめ相談)。当日は皮膚が赤くならなければ大丈夫ですが、飲酒や激しい運動などは避けること。
処置の前後1カ月は日焼けに注意しましょう。脱毛は肌を露出する夏にすることが多いですが、秋や冬に始めるのがおすすめです。

──完了するまでの期間と回数を教えてください。

脱毛完了までは1年半~2年が目安です。通うペースは2カ月に1回で、所要時間は1回30分程度。メニューには1回、5回、8回、12回があります。脱毛を受けるたびにヒゲは薄くなっていくので、“ツルツルになるまで何回か”と考えるのではなく、受けながら完了のタイミングを決めると良いでしょう。

私はだいたい10回くらいでほとんどなくなりましたが、“1~2本ヒゲが残っているな”というところもしっかり脱毛して、全部で15回ほど受けました。およそ1年半から2年の期間を見ましょう。

ビジネスマンの毎日に欠かせない“ヒゲ剃り”。日々の習慣として当たり前になっているものの、かける時間と肌へのダメージは大きい。ヒゲを脱毛することで肌への負担が抑えられ、若見えの効果も期待できる。ヒゲの濃さや悩みは人それぞれ。まずは専門医のカウンセリングを受けることをおすすめする。

男性型脱毛症(AGA)治療について

また、表参道スキンクリニックでは、男性型脱毛症(AGA)治療も力を入れいている。頭髪の悩みや薄毛が進行する前の予防対策として、抜け毛や薄毛の悩みを医師に相談し、予防・改善に取り組んでいる。

画像1: 男性型脱毛症(AGA)治療について

発毛治療のメリットとは

AGAは進行性の症状であり、早めの治療が大切です。そのため、表参道スキンクリニックでは患者様をお持たせすることなく、できるだけ短期間で発毛の結果に繋げられるよう努めています。通院の必要がない遠隔診療も導入済のため、忙しい方でもAGA治療に取り組むことができます。

表参道スキンクリニックにて「発毛カウンセリング」を重要視されている理由は

薄毛や抜け毛、脱毛症といっても、その発症原因や最適な治療法は一人ひとり異なります。男性ホルモンに影響を受けるAGAや、免疫異常によって起こる円形脱毛症、心因性による脱毛症などさまざまです。患者様の頭皮・髪の毛の状態によって、患者様にあったオーダーメイドのプランをご提案するために、発毛カウンセリングを重要視しています。

市販の育毛剤との違いとは?

現在、市販薬でも発毛成分「ミノキシジル」を含んだ製品が多く流通しています。しかし、一般に流通する発毛剤のミノキシジルは最大濃度5%までと国で定められています。表参道スキンクリニックの「HAIRGENIUS(ヘアジニアス)MT」は医療期間で取り扱う医薬品のためミノキシジルを6.5%含有しています。また、市販薬には有効成分はミノキシジルしか含まれていませんが、もう一つの有効成分フィナステリドも含まれています。

HAIR GENIUSについて

ひとりひとりに合わせた治療とは

患者様の症状や原因に対して、専門の医師やカウンセラーが、情報と技術を提供し、脱毛症の程度・頭皮・健康状態・ご予算など、患者様にとって最適な治療を行なっています。

画像2: 男性型脱毛症(AGA)治療について

オリジナル治療薬【ヘアジニアス・プログラム】
HAIRGENIUS MTは他製品よりもミノキシジルの濃度が高いためより優れた効果が期待できると同時に、フィナステリドが含まれていることによって《発毛と薄毛予防のWアプローチ》が可能な治療薬です。

《治療内容》ヘアジニアス・プログラム
      医療発毛頭皮治療
      内服薬(フィナステリド・プロペシア・ザガーロ)
      スカルプケア点滴・注射
《期間》最低半年
《費用》表参道スキンクリニックでは月々5,000円~
発毛治療施術について

所在地東京都渋谷区神宮前5-9-13 喜多重ビル4階
TEL0120-334-270
営業時間月・火・木 11:00~20:00
金・土曜(祝日を除く) 11:00~19:00
※日曜・祝日 10:30~18:00
定休日水曜日
公式サイトhttps://www.ep-omotesando.jp/mens/
【表参道スキンクリニック(表参道院)】
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.