キャンプやアウトドアはもちろん、日常のランチなどさまざまなシーンで活躍するカトラリーセット。コンパクトで持ち運びに困らないことはもちろん、見た目のカッコ良さも拘りたい。今回は、カードサイズに収納できるカトラリーセット『Outlery(アウトラリー)』をご紹介。機能性はもちろん、スタイリッシュなデザインが光るOutleryで、環境に優しい未来を。

携帯用カトラリーセット『Outlery(アウトラリー)』

世界最小クラス

Outleryを収納するBOXは、縦6.4cm×横8.2cmと非常にコンパクトでスマートフォンよりも小さい。この小さなBOXの中に、ナイフ・フォーク・スプーン・箸のフルセットが見事に収納。カトラリー自体は、約20.9cmと十分に使いやすいサイズとなっている。

釣りやキャンプといったアウトドアへ持っていく際も、コンパクトで邪魔にならず、ストレスフリー。また、弁当と一緒に持って行ったり、会社でのランチのときもカバンの中に入れて持っていくことが出来る優れた携帯性を実現している。

Outleryの組み立てはとても簡単。部品をひねってつなげるだけで、どんなシーンでもすぐに利用可能。シンプルな構造で、片付る際にも手間がかからない点も魅力的だ。

画像: 世界最小クラス

デザイン性・機能性

本体はステンレス鋼製で汚れに強く、錆びにくい。登山やキャンプなど、水の使用が限られた環境でも気にすることなく使用できる。また、余計な凹凸がないシンプルなデザインのため、メンテナンスも簡単だ。

カラーは全5種類。実用性とデザイン性を兼ね備える上品なカトラリーは、店の食器のような高級感もあり、アウトドアだけでなく、日常の食卓にも彩りを与えてくれるだろう。

画像: デザイン性・機能性

Outleryの活躍シーンは無限大

外食のお供に

画像3: camp-fire.jp
camp-fire.jp

旅行やアウトドアのお供に

画像4: camp-fire.jp
camp-fire.jp

会社でのランチ利用に

画像5: camp-fire.jp
camp-fire.jp

日常で渡されるプラチックカトラリーをOutleryへ置き換える

プラスチックごみは、今、地球にも人類にも深刻な問題を引き起こしている。世界では、年間約800万トンものプラスチックが海に流れ込んでいると推計されている。このペースで海のプラスチックが増えていくと、2050年には海にいる魚すべての重量よりプラスチックの方が重くなり、「プラスチックの海」になってしまうのではと懸念されているのだ。

camp-fire.jp

使い捨てのプラスチックカトラリーや割り箸を置き換えるために設計された『Outlery』。使い捨てプラスチックが環境に与える影響を減らし、食器は衛生的にも環境的にも優れているものを選びたいものだ。

アイテム詳細

カトラリー+箸のフルセット
・ボックスサイズ(64mm × 80mm × 26mm)
・スプーン・フォーク・ナイフ・お箸ヘッド(各1つずつ)
・持ち手(3セット)

ストロー
・ストロー(1本)畳んだ時の長さ約70㎜、伸ばした時の長さ約205㎜
・洗浄用ブラシ(1本)
・ストローカバー(10mm × 10mm × 80mm)
 カトラリーセットのボックスに入れて一緒に持ち運びができるサイズ

商品の購入はこちら
※クラウドファウンディングサイトCAMP FIREにて、2020年8月27日まで募集受付中。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.