ピアッジオグループジャパンは、2017年に登場した特別限定モデルVespa Sei Giorni(ベスパ セイ ジョルニ)の第2弾となる『Vespa Sei GiorniエディションⅡ』を発売。2019年9月上旬より出荷を開始する。

伝説のベスパ再び

画像: 伝説のベスパ再び

イタリア語で6日間を意味するSei Giorni(セイジョルニ)と名付けられた本モデルは、1951年に6日間で競うアベレージラリー「Sei Giorni Internazionale di Varese」用に製造され、圧倒的な強さで9個のゴールドメダルを獲得し伝説となったレーシングベスパ「セイジョルニ」を起源としている。

「セイジョルニ エディションⅡ」は、ベスパ史上もっとも強力な新型300HPEエンジンを搭載。この300HPEエンジン(High Performance Engine)は、電子制御インジェクションを備えた278 cc単気筒4ストローク4バルブ水冷エンジンの進化型。これまでと比較し、最大出力は8,250回転で17.5kW(23.8HP)と約12%の向上、5,250回転で26Nmにおよぶ最大トルクは18%向上している。

画像: Sei Giorni エディションⅡ

Sei Giorni エディションⅡ

画像: 初代ベスパスポーツ「Sei Giorni」。世界限定で300台程度が生産され、現在コレクターが探し求める価値あるベスパとなっている

初代ベスパスポーツ「Sei Giorni」。世界限定で300台程度が生産され、現在コレクターが探し求める価値あるベスパとなっている

初代を彷彿とさせる新デザイン

ベスパ セイジョルニのスタイルは初期のベスパを彷彿とさせ、フロントマッドガード上に配置されたヘッドライトや、スチール製パイプがむき出しのハンドルバーなど当時のシンプルなスタイルを再現。メーター周りは、アナログ式のホワイトメーターを採用し、当時の面影を継承しつつも、現代技術をパッケージしてライダーへ的確な情報を表示する。

ボディフロント部にはスモークトップフェアリングを備え、縦長形状に変更されたステアリングコラムカバー(通称:ネクタイ)には、マットブラックにペイントされた3本のホーン用スリットが配置され引き締まったスタイリングを演出。レッグシールドの両サイドに配置されたハニカム形状のグリルはラジエターからの熱気を外へ排出する。

ゼッケンナンバーをあしらったグラフィックや、ブラックアウトされたサイレンサーやホイール、リム部分の深紅のライン、ホワイトのパイピングやステッチが施されたシングルシートスタイル(2名乗車可)の専用スポーツシートにより、新型ベスパはよりレーシーな印象に。

画像1: 初代を彷彿とさせる新デザイン

レーシングモデルではあるが、人間工学に基づき快適なライディングポジションを可能にするシートや、コンパートメントスペース、USBポートなど装備も充実。安全面ではテールランプに視認性の高いLEDを採用、ABS(アンチロックブレーキシステム)も標準装備。日本国内の販売は66台のみとなる。

画像2: 初代を彷彿とさせる新デザイン

【Sei Giorni エディションⅡ】
価格:730,000円(税抜)
カラー:セイジョルニグレー(専用特別色)
発売日:2019年8月9日
出荷開始2019年9月上旬
予定入荷台数:66台(日本国内)
公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.