博多人形師 中村 弘峰(なかむら ひろみね)氏の展覧会「サマー スピリッツ(SUMMER SPIRITS)」が東京・銀座のポーラ ミュージアム アネックスにて開催中。2019年9月1日(日)で幕を閉じる本個展、見逃している方に知ってほしい、なんとも言えない愛らしさとは。

「願わくはあなたにも僕が見た白昼夢のような、時間を忘れる人形の世界を感じてほしい」

現在、東京・銀座のポーラ ミュージアム アネックスにて開催されている展覧会「サマー スピリッツ(SUMMER SPIRITS)」は、古典の日本人形に現代のアスリートを掛け合わせた作品を手掛ける博多人形師 中村 弘峰氏の不思議な世界を味わえる特別な場所だ。

104年続く博多人形師の4代目として福岡に生まれ、東京藝術大学大学院を修了後、家業を引き継ぎながら従来の概念に留まらない創作人形を発表している中村氏。

ポーラ ミュージアム アネックスの展覧会 公式ページによると、中村氏の斬新な作品は江戸時代の人形師が現代にタイムスリップしたらどうなるか、という視点から発想を得て制作を行っているとのこと。

では「SUMMER SPIRITS」ではどのような作品にお目にかかれるかというと……

画像: 「この矢はづさせ給ふな」2019年 素材:陶に彩色

「この矢はづさせ給ふな」2019年 素材:陶に彩色

画像: 「不動如山」 2018年 素材:陶に彩色

「不動如山」 2018年 素材:陶に彩色

画像: 「AIR 不老Ⅰ 内裏雛 model」 2018年 素材:陶に彩色

「AIR 不老Ⅰ 内裏雛 model」 2018年 素材:陶に彩色

まず色彩の美しさに目を奪われた次の瞬間、モチーフが何かと一瞬混乱する。落ち着いて確認するとアーチェリー、(野球の)キャッチャー、そしてスニーカー……? 360度くまなく目に焼き付けたくなる、ユーモア溢れる魅惑のアート作品に仕上げられている。

胡粉の艶が光る白い人形が一生懸命ボールを投げる姿や、緑の目をした極彩色の動物たちを作るとき、時間も忘れて夢中になっていて、もうその答えを完全に悟ったような気分になっている。でも、気づくとその感覚がスーッと引いて、掴んだものは手にはない。そして目の前には、またひとつ溌剌とした新しい人形が立っている。

僕の作品はこうやってできている。本当に狐につままれた気分だ。サマースピリッツというタイトルにはこういう思いを込めた。

願わくはあなたにも僕が見た白昼夢のような、時間を忘れる人形の世界を感じてほしい。

新しい時代の真夏の銀座で。

中村 弘峰

ご紹介した作品以外にも、人気の高いアスリートシリーズから動物シリーズまで、新作を中心に約40点が展示。8月の終わりに、伝統と革新を同時に感じられるアートに触れてみては。素晴らしいひらめきの種を得られるかもしれない。

会期2019年8月8日~9月1日
会場ポーラ ミュージアム アネックス
所在地東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階
TEL03-5777-8600
営業時間11:00~20:00(最終入場19:30)
定休日会期中無休
公式サイトhttps://www.po-holdings.co.jp/m-annex/exhibition/index.html
中村弘峰「SUMMER SPIRITS」
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.