〜100年以上の歴史があるホテルの〈歴史の香り〉を創りたい〜。フランスのフレグランスブランド「HISTOIRES de PARFUMS (イストワール ドゥ パルファン)」からのオファーにより実現した世界唯一のバスアメニティ。これはアジア初、世界で3番目となるホテルコラボレーション。これにより完成した世界唯一の香りが、10月1日より東京ステーションホテルにて楽しめる。

ホテルでの滞在を記憶に残るひとときへ

東京駅丸の内駅舎の中に位置する東京ステーションホテルが、フランスのフレグランスブランド「HISTOIRES de PARFUMS(イストワール ドゥ パルファン)」とコラボレーション。1年以上もの歳月をかけて、歴史あるホテルを彷彿とさせる香りを作り上げた。

その製作工程では、テクスチャー、サイズ、ボトルデザインから、ホテルのバスルームの広さや香りの広がり方に至るまで一切の妥協なし。完成した世界でたった一つの香りは、ホテル開業年を冠したイストワール ドゥ パルファン「Est. 1915(エスト イチキュウイチゴウ)」と名付けられ、2019年10月1日(火)より、全客室に設置される。ラインナップはシャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディーローションと、石鹸の全5種。

記憶と深く結びつくといわれる香り。このバスアメニティが、東京ステーションホテルでの滞在を、記憶に残るひとときへと誘ってくれるだろう。

画像: 世界でたった一つの香りのバスアメニティ・イストワール ドゥ パルファン「Est. 1915」

世界でたった一つの香りのバスアメニティ・イストワール ドゥ パルファン「Est. 1915」

画像: ボトルサイドのラベルは列車の切符がモチーフ。切符に鋏を入れたかのような切れ込みのデザインがワンポイントになっている

ボトルサイドのラベルは列車の切符がモチーフ。切符に鋏を入れたかのような切れ込みのデザインがワンポイントになっている

イストワール ドゥ パルファンとは

画像: イストワール ドゥ パルファンとは

イストワール ドゥ パルファンは調香師のジェラルド・ギスラン氏が立ち上げた、フランスの香水ブランドである。「香りの物語」というブランド名の通り、歴史やストーリーを香りで表現した“肌で読む本”をコンセプトにコレクションを展開。そのユニークな発想と卓越したクラフトマンシップによって独創的で記憶に残るパフュームを生み出し、成熟した香水文化を有するフランスでも一目置かれる存在となっている。

クリスマス特別宿泊プラン「香りの記憶」

画像: イストワール ドゥ パルファン「1969」イメージ

イストワール ドゥ パルファン「1969」イメージ

画像: 「1969」の15mlサイズイメージ

「1969」の15mlサイズイメージ

今回のコラボレーションを記念して、東京ステーションホテルでは、クリスマス限定の宿泊プランをホテル開業記念日の11月2日から開始。ご利用の方には、イストワール ドゥ パルファンの中でも人気の高い香水「1969」(15ml)を特別にプレゼント。そのほか2018年にわずか10日で完売した人気のチャリティオーナメントや、ハーフボトルシャンパーニュもセットにして販売。

独創的な香りに包まれたフェスティブシーズンは、きっと忘れられないひとときになるだろう。

宿泊プラン「香りの記憶」

期間2019年12月1日(日)~12月25日(水)
※2019年11月2日(土)より販売スタート
料金1室2名様 78,102円~(税・サービス料・宿泊税込)
特典・イストワール ドゥ パルファンのオードパルファム「1969」(15ml)をプレゼント
・クリスマスチャリティオ―ナメント
・ハーフボトルシャンパーニュ 1室につき1 本
・ゲストラウンジ「アトリウム」の朝食ブッフェ
所在地東京都千代田区丸の内1-9-1
TEL03-5220-1111
公式サイトhttps://www.tokyostationhotel.jp
東京ステーションホテル
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.