毎日の家事に役立つ、かつ調理するのが楽しくなるキッチンアイテムを展開する「récolte(レコルト)」から、1台7役もこなすフードプロセッサー「カプセルカッター ボンヌ」が誕生。気になる機能を紹介していこう。

レコルトとは?

2009年に日本で生まれたレコルト。フランス語で「収集」や「収穫」を意味する「récolte」の名称通り、コレクション心をくすぐるアイテムを多く展開するブランドだ。

同ブランドの主軸である、シンプルでスタイリッシュな調理家電シリーズは、“今どきの暮らしにちょうどいい”をコンセプトに、コンパクトなサイズと、インテリアに合わせやすいカラーラインナップで展開しており、多くのユーザーから支持されている。

フードプロセッサー [カプセルカッター ボンヌ]

今回ここで紹介するのは、小さいながらも多くの機能を持ったフードプロセッサー 「カプセルカッター ボンヌ」。ボンヌとはフランス語で“お手伝いさん”という意味だ。

その使い方はカップに食材を入れて、ボタンをプッシュするだけとカンタン。 食材が飛び散らないので、キッチンを汚す心配もない。また、そのサイズは非常にコンパクトなのでキッチンのちょっとしたスペースに置けるのも魅力だ。

画像: フードプロセッサー [カプセルカッター ボンヌ]

7つの機能

01.「刻む」
面倒なニンニクやしょうがの“ひとかけ”分のみじん切り。本製品なら中身が飛び散ることもなく一瞬で行える。

02.「混ぜる」
液体を混ぜられるのはボンヌならでは。フレッシュジュースやフラッペも簡単につくれる。

03.「潰す」
野菜やピーナッツ等もペースト状にできる。ディップや離乳食もお手のもの。

04.「砕く」
かき氷やフラペチーノ風ドリンク、冷凍したフルーツでジェラートもできる。これからの季節にぴったり。

05.「練る」
ハンバーグや餃子のタネもあっという間に完成。手が汚れることもなくノンストレスで料理に取り組める。

06.「泡立てる」
短時間でキメ細かいメレンゲやホイップクリームが完成。お菓子作りなどにも重宝しそうだ。

07.「おろす」
食材のおろし作業が手でおろすよりも断然速く、ラクに、しかも大量にできてしまう。

これを手にしたあなたはもうボンヌを手放せなくなるだろう。

Newカラーも追加

夏らしい爽やかな「アイスブルー」が数量限定カラーとして2020年4月下旬より発売中。これにより、カラーラインナップはアイスブルー、ホワイト、レッドの3色展開に。自宅のキッチンにあわせて選択したい。

画像: アイスブルー

アイスブルー

いまなら人気料理家エダジュンさん監修の専用レシピブック付き。なかでは簡単に作れる時短レシピを公開している。

さらに、Newカラーの発売にあわせ夏季限定のレシピを店頭で配布中だ。台湾風かき氷や、おろしだれなど、今すぐ作りたくなるメニューばかり。こちらもぜひチェックしたい。

画像3: recolte-jp.com
recolte-jp.com

製品情報

製品名:カプセルカッター ボンヌ
希望小売価格:6,500円(税抜)
容量:500ml
モーター回転数:24,000回/分
製品寸法:本体 約W12.4×D11.7×H23.4cm
セット内容:本体、カップ、カバー、ブレード、シャフト、おろしプレート、泡立てプレート、オリジナルスパチュラ、専用レシピブック
電圧:100V 50/60 Hz
消費電力:260W

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.