コーヒー豆と水をセットしておくだけでコーヒーが淹れられ、アプリや音声で便利に操作できる「スマート全自動コーヒーメーカー」が2020年6月25日(木)より販売開始する。アプリはもちろん、スマートスピーカーとも連携可能。自分の飲みたいタイミングに、全自動で挽きたてコーヒーが味わえる新しいスマート家電の登場だ。

あなたの生活にフィット。飲みたい時間に合わせて全自動で稼働

画像: あなたの生活にフィット。飲みたい時間に合わせて全自動で稼働

「あらゆる人に、ちょうどいい」をコンセプトとした+Style家電「スマート全自動コーヒーメーカー」は、アプリ「+Style」との連携により好みのタイミングで挽きたてコーヒーを自動で淹れてくれる。コーヒーを飲むのに必要な作業は、コーヒー豆※1と水をセットするだけ。

アプリ機能「スマートモード」では、曜日・時間を指定してコーヒーメーカーをONにできる「タイマー」をはじめ、『おまかせ家電』という新しい家電体験を実現する。

画像: スマート全自動コーヒーメーカー youtu.be

スマート全自動コーヒーメーカー

youtu.be

※1 コーヒー粉も利用可能
※2 アイスコーヒーを作るには、氷の用意が必要

全ての工程を自動で完結。挽きたての香りとコクが深い味わい

ドリップ式コーヒーは、「豆を挽く」「湯を沸かす」「蒸らし」「ドリップ」というステップでコーヒーを抽出。コーヒー豆は酸化しやすく、挽いてから時間が経つと雑味が増すため、飲む直前にコーヒー豆を挽くことが美味しいコーヒーを楽しめる要素の一つとされている。スマート全自動コーヒーメーカーは、ドリップ式コーヒーの作業をすべて自動で完結し、いつでも挽きたてコーヒーを楽しめめるのだ。

内蔵ミルによる豆の挽き具合は、杯数に応じた中挽き6段階を用意。続く「蒸らし」の作業では、美味しいコーヒーを作り出す「少量のお湯を少しずつ馴染ませる」という蒸らし作業により、お湯を一気にかけた場合に生じる、豆の微細な穴から空気が抜けず、コーヒーを十分に抽出できない現象を回避する。

また、蒸らし・ドリップ時間を変えることで実現したコーヒー濃度の変更機能では「濃」「淡」の二段階設定で、自分好みのこだわりのコーヒーが完成するのだ。

画像: 全ての工程を自動で完結。挽きたての香りとコクが深い味わい

さらにフィルターは、ペーパーではなくステンレスを採用したことで、豆の油分を余さずコク深いコーヒーを楽しめる。この仕様によりコーヒー1杯あたりの単価を抑えられるほか、ペーパーのゴミも生じない。

加えて、最大容量750mL(カップ6杯分)の水タンクには水量の目安を記載し、これからの時期にあうアイスコーヒーに最適な水量も一目瞭然。水タンクとミル付き容器は取り外して丸々洗えるほか、コーヒーサーバーもガラス製でいつでも清潔に保つことができるのだ。

連携アプリ「+Style」によるおまかせ家電

画像: 連携アプリ「+Style」によるおまかせ家電

「+Style」は、物理的なボタンはもちろん、アプリも毎回操作する必要がない「おまかせ家電」を実現する。スマート全自動コーヒーメーカーを含むすべての+Style家電が「タイマー」「お天気」「GPS」「+Styleデバイス」「スマートスピーカー」という5種類の連携に対応。

アプリ「+Style」の「スマートモード」で設定すれば、日々のルーチン作業をすべて+Styleに任せることができる。

夜セットすれば、朝には淹れたてのコーヒーが飲める

曜日・時間を1分単位で指定可能。生活習慣が定まった「起床時」「出勤時」などのルーチンに有効だ。スマート全自動コーヒーメーカーの場合は、目覚ましと同じ時間にタイマー設定するだけで、時間の余裕がない朝でも、起きてすぐに淹れたてコーヒーが楽しめる。

寒い朝だけホットコーヒーなんてことも可能

天気情報(温度・湿度・天気・日の出・日の入り・風速)と連動し、+Style家電の電源ON/OFFなどができる。スマート全自動コーヒーメーカーの場合は、タイマー設定と組み合わせて「8:00に気温が15度未満の時にON」といった設定が可能。

GPS設定で帰宅したら淹れたてのコーヒーを

3月より提供を開始した新時代のスマートホーム機能。自宅や最寄り駅などの半径100~1000mの範囲を自身で指定して境界線を出入り。これにより、位置情報と連携して+Style家電の電源ON/OFFや、スマートマルチリモコンで設定した既存家電の自動操作が可能になる。

スマート全自動コーヒーメーカーの場合は「土日の夕方のみ、自宅の半径300mに入ったらコーヒーメーカーをON」といった設定で、休日午後のコーヒータイムを楽しめるのだ。

+Styleデバイスで連携

+Style家電は、+Styleデバイスで取得できる各種データと連携して自動的に電源ON/OFFしたり、指定した機能の動作(照度変更・チャンネル変更など)を実行できる。スマート全自動コーヒーメーカーの場合は「朝の時間帯に寝室のドアに設置したセンサーが開閉を検知したら、コーヒーメーカーをON」と設定できる。

スマートスピーカーで連携

+StyleアカウントとGoogle / Amazonアカウントを連携することで、Google アシスタント / Amazon Alexa搭載スピーカーで+Style家電の操作ができる。スマート全自動コーヒーメーカーの場合は「おはよう」と話しかけるだけで、スマート照明などと一緒にONにすることが可能となっている。

画像: スマートスピーカーで連携

「スマート全自動コーヒーメーカー」の価格は、13,800円(税込)。+Style本店Amazon店PayPayモール店などから購入できる。

主な仕様

画像: 主な仕様
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.