昭和、平成、令和と時代を超えて子供たちのヒーローであり続ける仮面ライダー。1971年4月の第一話公開から50年が経過してもその魅力が色褪せることがない。
生誕50周年を記念したさまざまな企画が発表される中、エヴァンゲリオンシリーズで知られる巨匠庵野秀明監督による『シン・仮面ライダー』の制作が決定した。

ストーリー・キャラクター設定などはこれから順次行われる?

公開は2023年3月と発表されたものの、その他の詳細はまだ何も明らかになっていない。
脚本と監督を庵野秀明監督が担当すること以外は、キャストもストーリーも何も知らされていないこの企画だが、公開されているメインビジュアルを見る限りは、石ノ森章太郎先生の原作が持つダークな雰囲気を再現する、ライダーの原点に立ち返るオマージュ的作品になることが予想される。

ウルトラマンと並ぶ、日本生まれのヒロイックキャラクターの雄、仮面ライダー。その新たな活躍が始まると思うと、今からワクワクドキドキが止まらない大人も多いことだろう。

画像: shin-kamen-rider.jp
shin-kamen-rider.jp
画像: 『シン・仮面ライダー』超特報 youtu.be

『シン・仮面ライダー』超特報

youtu.be
画像: 生誕50周年「仮面ライダー」メモリアル映像【庵野秀明構成】 youtu.be

生誕50周年「仮面ライダー」メモリアル映像【庵野秀明構成】

youtu.be
画像: 仮面ライダー生誕50周年企画で、庵野秀明監督による『シン・仮面ライダー』制作決定。2023年公開へ

小川 浩 | hiro ogawa
株式会社リボルバー ファウンダー兼CEO。
マレーシア、シンガポール、香港など東南アジアを舞台に起業後、一貫して先進的なインターネットビジネスの開発を手がけ、現在に至る。

ヴィジョナリー として『アップルとグーグル』『Web2.0Book』『仕事で使える!Facebook超入門』『ソーシャルメディアマーケティング』『ソーシャルメディア維新』(オガワカズヒロ共著)など20冊を超える著書あり。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.