クォーターマルチが帰ってきた。カワサキが発表した4気筒250ccモデル Ninja ZX-25Rは、2020年の夏には国内発売が期待される。
どうせなら最新モデルに乗りたいのが若者の常。なのになんでいまさら90年代のレトロなマシンに乗らなきゃならないんだ?
免許取立ての少年の心に、カワサキZXR250はどう映るのか—??
オートバイ2020年1月号別冊付録(第86巻第2号)「Ray it on thick」(東本昌平先生作)より
©東本昌平先生・モーターマガジン社 / デジタル編集:楠雅彦@dino.network編集部

バイクの免許を取ったばかりの少年

カワサキが超久しぶりにニィハン(250ccクラス)にマルチ(4気筒)を搭載した新型マシンNinja ZX-25Rを発表した2019年の秋、俺はバイクの免許を取った。

これは最新モデルを買うっきゃない!これからバイト漬けの毎日だ!と意気込んだ俺だったが、そろそろバイクを降りることを考え始めていた親父が“まずはこいつに乗ってみろ”とばかりに自分のバイクをあてがってきた。

そのバイクとは同じカワサキではあるものの、1989年にデビューしたZXR250だった。悪くはない、いや、ほんとに悪くはないよ。
ZX-25Rと同じく4気筒のクォーターマルチ。
249cc 4ストロークの水冷DOHC4バルブ並列4気筒エンジンは、40馬力を発生させる。140kgちょいのボディには十分すぎるパワーだ。

俺が生まれる前からずっと親父はこのバイクを大切に乗ってきた。だから申し分ないくらい調子もいい。

ただ古いんだ。俺は最新型のマシンに乗りたいんだ。そんな思いが俺の心から離れず、ZXRに跨っても気持ちは弾まないのだった。

画像1: バイクの免許を取ったばかりの少年
画像2: バイクの免許を取ったばかりの少年
画像3: バイクの免許を取ったばかりの少年

仲間とのツーリングに出掛けた少年

案の定、仲間は「なにこの古いバイク?」という顔をした。カッコイイと褒めてくれる子もいたが、俺にはどうにもお世辞にしか聞こえない。

「なんとでも言ってくれ!」俺は煩わしさを振り切るようにZXRに跨った。

ところが、仲間と共に走り出してみると、少し事情が変わってきた。

あれ?俺って速い?
俺とZXRはまさしく今どきのバイクたちを抑えてキビキビと走る。その走りは、老いたバイクのそれではない、間違いなく現役のそれだ。

俺は走りながらZXRへの認識を少しずつ改め始めた。
とはいえ、このバイクがそのまま俺の愛車になるのか、それともやっぱり最新モデルの国内発売に心揺らぐのか、どちらになるのかわからない。
わかっているのは、クォーターマルチ最高!ということだけだ。
俺はさらに右手を捻りスロットルを開け始めたのだった。

画像1: 仲間とのツーリングに出掛けた少年
画像2: 仲間とのツーリングに出掛けた少年
画像3: 仲間とのツーリングに出掛けた少年

あなたなら大切にしている何かを、息子や娘に託したい?引継いでもらいたい?

画像1: 古き良き時代のバイクを若者は楽しめるのか?
RIDE『Ray it on thick』(東本昌平先生)より
  • バイクでも時計でも車でも、自分の子供にいつか譲りたいと思う
  • 自分が愛する物と子供たちが好きなものは別。押しつけたくないね。
  • バイクでも時計でも車でも、自分の子供にいつか譲りたいと思う
    50
    31
  • 自分が愛する物と子供たちが好きなものは別。押しつけたくないね。
    50
    31
画像2: 古き良き時代のバイクを若者は楽しめるのか?
RIDE『Ray it on thick』(東本昌平先生)より

楠雅彦 | Masahiko Kusunoki

車と女性と映画が好きなフリーランサー。

Machu Picchu(マチュピチュ)に行くのが最近の夢。

This article is a sponsored article by
''.