2011年公開(日本公開は2012年)の、スティーブン・ソダーバーグ監督作品。中国から発生したと思われる新型ウィルスが旅行者を介して世界各国に伝染していく。現在のCOVID-19パニックを彷彿させる、いまだから観る意味がある一本。
監督も一流なら、キャストもマット・デイモン、マリオン・コティヤール、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウなど一線級のスターを集結している。

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)騒動の中、改めて話題になっている作品

突然発生したウイルスの大流行による災厄を描く作品は多々あるが、恐らくはそのリアルさ(感染具合や対策、あるいはそれらに対する大衆の過剰反応の描写など)が現実の状況を彷彿させるため、今再び大きな注目を集めている作品。
香港帰りのアメリカ人ビジネスウーマンが突然死する。彼女と接触した日本人ビジネスマンや中国人ウェイターらが、同様の症状をみせたあと 短時間で死亡。
WHO(世界保健機関)やCDC(アメリカ疾病管理予防センター)は、突然変異したウイルスによる感染症と断定し、対策に乗り出すが、ウイルスの感染速度は想像以上に早く、さらに致死率も高く後手後手に回らせられ、苦戦する。

医療従事者や感染症の専門家たちの懸命な努力を嘲笑うかのように蔓延していくウイルスの猛威は続き、やがて対策チームの中にも犠牲者が出始め、さらにはそんな世界的な危機の中でも利己的な私欲を満たそうとする者も現れる。世界中がパニックに襲われる中、悪化していくこの状況を食い止める術は果たして見つけられるのか・・・?
冒頭に述べたように、現実社会の「恐怖」をそのまま映画化したかのような展開で話題を集めている本作、2011年の公開(日本公開は2012年)ながら、まさしく今観ておくべき一本となっている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.