ジョン・F・ケネディ大統領がダラスで暗殺されたのは1963年11月22日(米国時間)。米国憲法に基づき、ケネディの跡を継ぎ、第36代アメリカ大統領となった、ケネディ政権の副大統領 リンドン・B・ジョンソンの政治的葛藤を描いた実話ベースの一本。ラブコメ映画のプロデュースで有名なロブ・ライナー監督作品。

黒人の公民権法成立を目指したケネディ政権の遺志を継承し、ジョンソン第36代アメリカ大統領の業績とは

南部出身の政治家であるリンドン・ジョンソンは、北部の富裕な一族出身でハーバード卒、しかも若くイケメンのジョン・F・ケネディとはその政治背景も信条も正反対と言えるような政治家と見られていた。実際、下ネタとしか言いようのない(現代の我々からすれば)下卑たトークスタイルや垢抜けない見た目は、洗練されたエリート然としたケネディやその取り巻きからすれば到底受け入れ難い野卑さだった。(特に、ジョンの実弟であり、当時の司法長官であったボビーことロバート・ケネディは、ジョンソンを毛嫌いしていたとされる)

また、黒人への公民権を保障する目的とした公民権法の成立を目指すケネディ政権において、リンドン・ジョンソンは南部の政治家たちからすれば成立阻止のための拠り所(言ってみれば獅子身中の虫)であり、逆に彼を副大統領に祭り上げたケネディ陣営やそのシンパたちからすれば、南部の反対票を切り崩すためのカウンターパートとなっていた。(南北戦争ははるか昔の紛争ではあるが、リベラルな北と保守的な南というステレオタイプな政治・文化的分断は埋まることのない溝を作っていた)

そんな状態の中、テキサス州ダラスにおいて、ジョン・F・ケネディが何者かに射殺されるという大事件が起き、ケネディ政権の中で飼い殺しの憂き目に遭っていたといえるリンドン・ジョンソン副大統領は自動的に大統領に昇格、第36代米国大統領になるのである。

南部出身の大統領が誕生したことで、公民権法の成立が危ぶまれたが、ジョンソン大統領はケネディ前大統領の遺志を継ぎ、この法案を可決させる。

本作は、この成果をもって、リンドン・ジョンソンとその政権の業績の再評価を狙ったものであると言える。

理想家集団の中で苦悩する実務家の話

本作は、頭が良く生まれも育ちも良いエリート集団の中に 図らずも放り込まれた 野卑な田舎育ちの男が 彼我の違いに悩み苦しむ様と、偶然脚光を浴びることになったその男が 自分の立ち位置を定めかねて戸惑うという話だ。

どんな困難も正論と信念で立ち向かっていこうとする“世間知らずで”“頭でっかち”な若者たち=ケネディとその取り巻きたち に対して、南部育ちで長いこと院内総務として海千山千の議員たちとの泥臭い腹の探り合いに取り組んできた“叩き上げ”のジョンソンが一緒に仕事をすれば、それはうまくいくはずもない。

ジョンソンからすれば、ケネディたちの情熱や論理は認めるし、頭が下がるが、かといって物事は理屈通りに進むわけではなく、感情や個々の立場を尊重しながら調整していかなければ成り立たないという想いがある。

ケネディ政権の中でも、最も急先鋒であり攻撃的なボビー(ロバート・ケネディ司法長官。ケネディ大統領の実弟であり、ケネディ政権のブレーンの中心だった)とは全く反りが合わない。彼の頭の良さは分かるが、世の中はもっとドロドロした交渉で成り立っている、大衆にウケればいいというわけではないのだと、ジョンソンは思わざるを得ない。

このままでは、エリート集団の中で飼い殺しにされ、単なる頭の悪い老害として スポイルされる、と観念しかねたジョンソンだったが、突如 政権のリーダーであるケネディ大統領が暗殺され、副大統領である自分に次のお鉢が回ってくる。

大統領となって、政権をリードしなければならない立場に急に持ち上げられた彼は、黒人の公民権確立のための法案を成立させるという、ケネディの“理想”を引き継ぐか、時期尚早として とりあえず後回しにするという現実的な解を選択するかの選択を迫られる。
そして、ジョンソン大統領が下した決断とは?というのが、本作の流れだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.