2021年9月25日(土)〜2022年2月13日(日)、現代アートのコレクターズミュージアム『WHAT MUSEUM(ワットミュージアム)』(東京都・品川)にて、大林コレクション展 3つの展示『安藤忠雄 描く』、『都市と私のあいだ』、『Self-History』が開催される。

『WHAT MUSEUM(ワットミュージアム)』とは

2020年12月、東京・天王洲にオープンした『WHAT MUSEUM(ワットミュージアム)』。「モノだけではなく、価値をお預かりする」という理念に基づき、ワイン・アート・メディア保管を軸に事業展開する寺田倉庫がアート作品を展示する芸術文化発信施設だ。

倉庫会社としての美術施設はどう在るべきかを模索し、たどり着いたのは「倉庫を開放、普段見られないアートを覗き見する」というユニークなコンセプトだった。作家の思いはもちろん、作品を収集するコレクターのこだわりを大切な作品とともに展示。アートとの出会いの場を創出している。

倉庫内で静かに光を放つ文化的価値を暗示した、WHAT(WAREHOUSE OF ART TERRADA)の名のもとに展示されるのは、平面や立体のアート作品をはじめ、建築模型、写真、映像、文学、インスタレーションの数々。多様な芸術文化を、倉庫会社ならではの美術館のかたちとして、新たな切り口で企画・展示を行っている。

3つの展示を通し、大林コレクションの変遷に迫る

今回開催される大林コレクション展は、国際芸術祭「あいち2022」(愛知県)の組織委員会会長を務める大林剛郎(おおばやし たけお)氏が長い年月をかけて築いた圧巻のコレクションに焦点を当て、3つのテーマに沿って展示を行うもの。

同コレクションの出発点でもある、建築家・安藤忠雄氏の平面作品に着目した『安藤忠雄 描く』、アーティストがさまざまな視点で都市を捉えた写真が並ぶ『都市と私のあいだ』、40点以上の貴重な現代アート作品を総覧できる『Self-History』、これらの展示を通して、同コレクションの変遷に迫るとともに、収集作品群への多角的なアプローチを試みる。

【大林コレクション/大林剛郎(おおばやし たけお)氏について】
1954年東京都生まれ。公益財団法人大林財団理事長。国際芸術祭「あいち2022」組織委員会会長、ほか国内外の美術館評議員やインターナショナル・カウンシル・メンバーを務める。著書『都市は文化(アート)でよみがえる』(集英社、2019年)。

本展の見どころ

  • 安藤忠雄氏による初期のドローイング、シルクスクリーンを含む平面作品15点を展示
  • 彫刻家グザヴィエ・ヴェイヤンによる高さ約2mの彫刻《Tadao Ando》 を日本初公開
  • 未完のプロジェクト《宇都宮プロジェクト》、《中之島プロジェクトⅠ(大阪市役所)》を展示
  • 上海ビエンナーレ(2000年開催)で制作された、長さ10mの《ベネッセハウス-直島コンテンポラリーアートミュージアム》ドローイングを日本初公開

日本を代表する建築家 安藤忠雄氏の初期建築〜未来のプロジェクトまで展示

画像: 日本を代表する建築家 安藤忠雄氏の初期建築〜未来のプロジェクトまで展示

【安藤忠雄氏 プロフィール】
1941年大阪生まれ。建築家/東京大学名誉教授。
世界各国を旅し独学で建築を学び、1969年に安藤忠雄建築研究所を設立。代表作に「住吉の長屋」、「光の教会」、「ピューリッツァー美術館」、「地中美術館」、「こども本の森 中之島」、「和美術館」、「ブルス・ドゥ・コメルス・ピノー・コレクション」など。

1979年日本建築学会賞、1993年日本芸術院賞、1995年プリツカー賞、2002年米国建築家協会(AIA)ゴールドメダル、2003年文化功労者、2005年国際建築家連合(UIA) ゴールドメダル、2010年ジョン・F・ケネディーセンター芸術金賞、後藤新平賞、文化勲章、2013年フランス芸術文化勲章(コマンドゥール)、2015年イタリア共和国功労勲章グランデ・ウフィチャ―レ章、2016年イサム・ノグチ賞、2021年レジオン・ドヌール(コマンドゥール)叙勲など受賞多数。

イェール大学、コロンビア大学、ハーバード大学の客員教授、東京大学教授を歴任し、現在東京大学名誉教授。1991年ニューヨーク近代美術館、1993年ポンピドゥーセンター(パリ)、2017年国立新美術館、2018年ポンピドゥーセンター、2021年復星(Fosun)芸術センター(上海)、和美術館(佛山)にて個展開催。著書に『建築を語る』(1999)、『連戦連敗』(2001)、『安藤忠雄 仕事をつくるー私の履歴書』(2012)、『住宅』(2017)など

大林コレクション展『安藤忠雄 描く』では、長さ10mにおよぶドローイングを中心に、初期建築作品のスケッチ、未完のプロジェクトのシルクスクリーンを含む平面作品15点を展示。安藤忠雄氏のプロジェクトは、未来を 「想い描くこと」、それを「図として描くこと」から始まる。

和紙に描かれた細いペンと色鉛筆の繊細で柔らかな筆致からは、同氏が真摯に都市と建築に向き合う姿が垣間見え、ダイナミックなドローイングの筆跡からは、力強く未来に向かって挑む姿が連想される。

会期2021年9月25日(土)〜2022年2月13日(日)(年末年始休館予定)
所在地WHAT MUSEUM 1階 Space2(〒140-0002 東京都品川区東品川 2-6-10 寺田倉庫G号)
開館時間火〜日 11:00〜18:00(最終入場17:00)月曜休館(祝日の場合、翌火曜休館)
入場料一般1200円、大学生/専門学校生 700円、中高校生 500円、小学生以下 無料
※「都市と私のあいだ」、「Self-History」の観覧料含む
※チケットは2021年9月1日(水)より発売開始。詳細はWHAT MUSEUM公式サイトにて
公式サイトhttps://what.warehouseofart.org/exhibitions_events/tadaoando_egaku/
【大林コレクション展「安藤忠雄 描く」】
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.