フォーマルからインフォーマルまで、自身のこだわりを移す鏡として選ばれる腕時計の数々。ここではブランド腕時計専門店・MOON PHASE(ムーンフェイズ)が最新モデルからアンティークまで、見る者の感性を刺激する1本をセレクト。今回はロレックスのドレスウォッチ・チェリーニを紹介しよう。

ROLEX
世界でもっともポピュラーな腕時計ブランドがROLEX(ロレックス)。高級時計の代名詞といっても過言ではないが、その歴史は1905年の創業から100年余りと意外と短い。その間の偉業は数知れないが、高い防水性を実現した「オイスターケース」、自動巻ローター「パーペチュアル」の技術は、新興ブランドであったROLEXを不動の地位に押し上げた。

革ベルトのロレックス

ロレックスと聞いて思い浮かべるのは、シルバーでブレスレット仕様のものだろう。

「いやいや、バブルバックにはレザーベルトもあるし、デイトナやヨットマスターにはラバーベルトもある」 なんていうのは時計に明るい人であって、パブリックイメージとしてはロレックス=ブレスレットとなっているのは間違いない。

実際にロレックスのラインナップを見ても、9割がスポーツウォッチであり、堅牢さや装着感といった実用性を考慮すれば自ずとブレスレット仕様になるのは必然だ。

ただそこは“ロレックス”、「美」に対するこだわりも忘れていない。ブレスレットだけでも、オイスターブレスレット、ジュビリーブレスット、パールマスターブレスレットなど、時計全体が美しく映えるようなブレスレットを専用設計で作っており、そのこだわりがロレックス=ブレスレットのイメージを形作っているといえる。

しかし、ブレスレットの輝きや堅牢さが時に邪魔をするシーンもある。

完璧なドレスウォッチ・チェリーニ

比較的ドレスコードに緩い日本では、フォーマルなシーンでブレスレットの時計をしていても咎められることはまずない。しかし、これが海外ともなると話は別だ。いくら数百万の高級腕時計でも“カジュアルなブレスウォッチ”は外してほしい……なんて言われることも。

あなたが一流になればなるほど、こうしたシーンは増えてくる。では、そこで求められる時計はなにかというと、シンプルな2針、または3針で、革ベルトというのが通例だ。

さて、ロレックスにそんな時計があるかというと……

ある。

どんなドレスコードもクリアしてしまう完璧なドレスウォッチ・チェリーニだ。

画像: ロレックス チェリーニ デュアルタイム

ロレックス チェリーニ デュアルタイム

芸術家チェリーニに敬意を表して

「チェリーニ」とは、ルネサンス期のイタリアの芸術家、ベンベヌト・チェリーニ(ベンヴェヌート・チェッリーニとも)のことで、同氏に敬意を表したロレックスが生み出したのが、その名を冠する時計・チェリーニである。

クラシックで落ち着きのある洗練されたライン、シンプルながらも美しく繊細な装飾。そして主張しすぎない39㎜径、どれもが伝統的な時計製造からなるものであり、チェリーニが手掛けた芸術作品のように、時を超えて愛されるタイムピースとして作られている。

画像: 均等に掘られた溝が印象的なフルーテッドベゼル。ピンクゴールドの輝きと相まって非常に美しい

均等に掘られた溝が印象的なフルーテッドベゼル。ピンクゴールドの輝きと相まって非常に美しい

シンプルな中に光る機能

ドレスウォッチとしてシンプルな作りながら、本モデルはデュアルタイムの名称のとおり2つのタイムゾーンを表示するGMT機能を搭載している。スモールセコンドを彷彿とさせる6時位置のものがそれである。

また、そこには全体のデザインテイストを邪魔しないシンプルなデイ・ナイト表示(GMT内9時位置)も搭載。

世界を飛び回る一流ビジネスマンにとっては非常に嬉しい機能と言える。

素材にはピンクゴールドが使われており、ブラウンの文字盤と相まって非常に上品。

これは余談だが、このピンクゴールドはロレックスが独自で18ctピンクゴールド合金を開発し特許を取得したものであり、名前を「エバーローズゴールド」という。

ブレスレットからその素材まで、美を追求するためにはイチから作り出してしまうロレックス。

やはり、“時計界の王者”の名前は伊達ではない。

ROLEX
チェリーニ デュアルタイム
品番:50525
素材:PG(ピンクゴールド)
サイズ:縦39㎜×横39㎜
ムーブメント:自動巻き
文字盤:ブラウン
販売価格:1,650,000円(税込)
国内参考定価:1,998,000円
【付属品】
外箱、内箱、保証書(2019年2月)等が付属
※価格は2020年1月現在のMOON PHASE銀座店・販売価格です。

MOON PHASE 〜STAFF VOICE〜

ロレックスを革ベルトで着けたい、という方って実は多くて、自分でベルトを付け替える人もいるほど。でもやっぱり最初から革ベルトを想定して作られたモデルが欲しいところですよね。そんな方にオススメしたいのがこのチェリーニです。

一見してロレックスかどうか分からなそうですが、ケースサイドのギザベゼ(フルーテッドベゼル)がカフスから見えるだけでも、分かる人にはちゃんとロレックスだと分かります。

スポーツウォッチはどうしてもかっこよさを主張しているので男性目線で見がちですが、ドレスウォッチ・チェリーニは誰が見ても納得の美しさで、所有者の満足感だけでなく、周囲からの評価も非常に受けやすいモデルです。

ロレックスを革ベルトで、普段とは違うイメージのものを着けたい──なんて方は、ぜひこのチェリーニをお手にとってみてください。

所在地東京都中央区銀座1-6-6 GINZA ARROWS1F
TEL03-5250-7272
営業時間11:00〜19:00(日曜祝日〜18:00まで)
定休日水曜日
公式サイトhttps://www.moon-phase.jp/
【MOON PHASE(ムーンフェイズ)銀座】

腕時計に関する記事はこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.