フォーマルからインフォーマルまで、自身のこだわりを移す鏡として選ばれる腕時計の数々。ここではブランド腕時計専門店・MOON PHASE(ムーンフェイズ)が最新モデルからアンティークまで、見る者の感性を刺激する1本をセレクト。今回はA.ランゲ&ゾーネのサクソニアをご紹介。

A.LANGE & SÖHNE
ドイツにて時計師として名を馳せていたアドルフ・ランゲが、1845年に時計工房を開いたのがはじまり。彼はこの地を、住民と共に高級時計製造の聖地へと押し上げた。アドルフの死後は2人の息子が後継ぎになり、製造規模を拡大。1868年に「A.LANGE & SÖHNE(A.ランゲ&ゾーネ)」=A.ランゲと息子たち、というブランド名が誕生。伝統的な手法、技術を惜しみなく現代のハイテクノロジーに投入し、2007年には「31日間パワーリザーブ」という空前絶後の『ランゲ31』、2008年には120時間パワーリザーブ、世界初ハック機能付きトゥールビヨン『カバレット トゥールビヨン 』などの発表で、次々と時計の常識を覆してきた。その挑戦はいまなお続いている。

復興コレクション

世界五大ブランドに数えられるA.ランゲ&ゾーネ。ブランド創設から150余年。いまでこそ最高級ブランドとして知られているが、栄枯盛衰、その軌跡は決して順風満帆なものではなかった。

第一次世界大戦後の恐慌、第二次世界大戦での軍需工場化、そして空襲による工場の焼失……ブランドが築き上げてきた名作たちは失われ、現存するものはほんの一握り。

なかには世界に1本しかないもの、ごく少数しか残っていないものなども多く、博物館や個人のコレクションとして収蔵されているものも少なくない。

いくら名門時計ブランドでも、生み出したものが世に残っていなければ、やがて人々の記憶からは失われ、記録でしか見ることができなくなってしまう。つい30年ほど前まで、最高級ブランドはほとんど消滅に近い状況であった。

復活した最高峰のドイツ時計

1990年に東西のドイツが統一され、A.ランゲ&ゾーネはブランドとして復興することになる。

その復興第一弾として発表されたのが、これまでの伝統的な製法や意志を引き継いで製作された『復興コレクション』だ。

同コレクションには、4つのラインがあり、その中の一つが今回紹介するサクソニアである。

画像: サクソニア

サクソニア

「サクソニア」とは、技術開発のメッカとして知られるドイツ・ザクセン州(Sachsen)から取られた名前。

同地はシリコン・サクソニー(ザクセンは英語でサクソニー)などと呼ばれ、自動車産業や半導体産業といった欧州の産業拠点として形成されている世界的にも注目の場所である。

実はブランド創設者のアドルフ・ランゲが生まれたのもこの地であり、その生誕・ブランドの軌跡・ドイツの技術史に敬意を払って造られたのが、サクソニアコレクションなのだ。

究極のシンプリシティー

実際に時計を見てみると、シンメトリーに構成されたダイヤルに、ビッグデイトとスモールセコンドが鎮座するのみで非常にシンプル。

ケースサイズは34㎜。派手な装飾はなく、大きな時計に慣れた人にとっては物足りなく見えるかもしれない。

しかし、このコレクションでもっとも重視されているのは技術の結晶ともいえる「機構」。マニファクチュールのムーブメントは、ランゲ伝統の二度組により他ブランドの追随を許さないほどの高精度を誇る。その美しさはシースルーバックから見ても明らかだ。

画像: 4分の3プレートの下、見えないパーツ一つひとつにまでエングレービングを施し、丁寧に仕上げた究極のムーブメント

4分の3プレートの下、見えないパーツ一つひとつにまでエングレービングを施し、丁寧に仕上げた究極のムーブメント

ランゲはコレクションによってムーブメントを専用で造っており、こちらのムーブメントもサクソニア専用設計である。

最高の技術力をもって造った究極のシンプル時計・サクソニア。見ることは出来ずとも、ケース内には、A.ランゲ&ゾーネが培ってきたすべてが納められている。

新たなA.ランゲ&ゾーネの始まりに相応わしい一本をアナタのコレクションにぜひ加えてみてほしい。

A.LANGE & SÖHNE
サクソニア
品番:105.035
素材:Pt(プラチナ)
サイズ:縦34㎜×横34㎜
防水:日常生活防水
ムーブメント:手巻き
文字盤:ブラック
販売価格:1,380,000円(税込)※USED
国内参考定価:3,240,416円
【付属品】
なし
※価格は2020年2月現在のMOON PHASE銀座店・販売価格です。

MOON PHASE 〜STAFF VOICE〜

本連載Vol.8にて紹介した復興コレクション4本のうちの一本、ランゲ1

さまざまな機能が盛り込まれ、デザインもアシンメトリーだったランゲ1と比べると、今回のサクソニアは非常にシンプルです。

サイズも34㎜と小さく、派手な装飾も一切なし。にも関わらず、ドレスウォッチとして輝くこの存在感はさすがランゲ……とただただ感心してしまいます。

サクソニアやランゲ1は現行のものもございますが、初期のデザインの人気が非常に高く、探してる方も多い印象です。

今回のモデルは同ブランドとしてはかなりお値打ち価格となっておりますので、ぜひこのチャンスにチェックしてみてくださいませ。

所在地東京都中央区銀座1-6-6 GINZA ARROWS1F
TEL03-5250-7272
営業時間11:00〜19:00(日曜祝日〜18:00まで)
定休日水曜日
公式サイトhttps://www.moon-phase.jp/
【MOON PHASE(ムーンフェイズ)銀座】

腕時計に関する記事はこちら

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.