フォーマルからインフォーマルまで、自身のこだわりを移す鏡として選ばれる腕時計の数々。ここではブランド腕時計専門店・MOON PHASE(ムーンフェイズ)が最新モデルからアンティークまで、見る者の感性を刺激する1本をセレクト。今回は老舗ブランドのオーデマ・ピゲが2019年に発表した、26年ぶりの新型シリーズ・CODE11.59をご紹介します。

AUDEMARS PIGUET
オーデマ・ピゲは1875年に創業されたスイスの伝統的な時計メーカー。パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンとともに、世界三大高級時計メーカーの一つに数えられる存在である。複雑機構の開発を得意としており、これまで数多くの名機を世に送り出してきた。スイスのル・ブラッシュに本社を構え、ル・ロックの小さな町にある「AP ルノー・エ・パピ」というムーブメント会社で超複雑時計を制作しており、同社からは数々の技術者を輩出している。

26年振りの完全新作

2019年のジュネーブサロン(SIHH)にて、公開された26年振りとなるオーデマ・ピゲの新作シリーズ「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」。

“CODE 11.59”というこれまでの時計史や固定観念にとらわれない名称には、数々の意味が込められていて、Cは挑戦(Challenge)、Oは継承(Own)、Dは追求心(Dare)、Eは進化(Evolve)、そして11.59は日付が変わる直前(23:59)を表しているという。
まさに新シリーズをもってオーデマ・ピゲが切り開く新たな時代の幕開け、というわけである。

同シリーズは、オートマティック(3針・デイト表示)、クロノグラフ、パーペチュアルカレンダー、トォールビヨン オープンワーク(スケルトン仕様)、ミニッツリピーター スーパソヌリ、フライング トゥールビヨンという6種類のラインナップで展開。

これからご紹介するのは、クラシックとスポーツテイストが絶妙に絡み合うクロノグラフモデルだ。

画像: オーデマ・ピゲ CODE11.59 by AUDEMARS PIGUET クロノグラフ

オーデマ・ピゲ CODE11.59 by AUDEMARS PIGUET クロノグラフ

ブティック限定 ブラックラッカーモデル

今回セレクトしたのは、オーデマ・ピゲのブティックでのみ販売されている限定モデル。

この限定モデルには美しい光沢が魅力的なラックラッカーダイヤルを採用。ダイヤル内には18Kホワイトゴールドを使ったアワーマーカーと針、そして24Kホワイトゴールドを使ったアプライドロゴとインナーベゼルが配置される。

正面から見るとラウンド形状の時計に見えるが、サイドから見るとケースは八角形になっており、ブランドを象徴するフラッグシップモデルのロイヤルオークを彷彿とさせる。

ラウンドと八角形を融合させたフォルムを美しく彩るラグには、これまたロイヤルオークでおなじみのビスが見てとれる。新シリーズながら、ブランドのDNAはしっかりと継承されているわけだ。

ムーブメントには、インスタントジャンプ日付表示、精密制御を可能にする垂直コラムホイール、フライバック機能を備えた新型の一体型クロノグラフを搭載。その操作性はもちろん、精度も秀逸である。

画像: 新型となるキャリバー4401

新型となるキャリバー4401

ストラップは竹斑入りのブラックアリゲーターストラップで、バックルには18Kホワイトゴールドピンバックルを搭載。今回セレクトした1本は、前オーナーが18Kホワイトゴールドの純正Dバックルに変更しており、使い勝手はより向上していると言える。

2019年の登場以来、多くの新規ファンを獲得したCODE11.59。しかし、オーデマ・ピゲの既存ファンのなかではいまだ賛否両論あるという。とはいえ、今でこそ認められたロイヤルオークも、登場時はあまりの斬新さに否定的な意見があったのも事実。

新たな挑戦には反対や批判はつきもの。むしろ、それらを覚悟したうえで1歩を踏み出したオーデマ・ピゲは称賛に値する。この革新的な1本は、いずれブランドを代表するモデルとなること間違いないだろう。

画像: ブティック限定 ブラックラッカーモデル

AUDEMARS PIGUET
CODE 11.59 バイ オーデマピゲ クロノグラフ
品番:26393BC.OO.A002CR.01
素材:WG(ホワイトゴールド)
サイズ:縦41㎜×横41㎜
防水:日常生活防水
ムーブメント:自動巻き
文字盤:ブラック
販売価格:3,680,000円(税込)※国内正規USED品
参考定価:4,895,000円
※ブティック限定モデル
※Dバックル仕様
【付属品】
外箱、内箱、保証書等が付属
※価格は2020年8月現在のMOON PHASE銀座店・販売価格です。

MOON PHASE 〜STAFF VOICE〜

完全新作ということで話題にもなったCODE11.59。なかでも今回セレクトしたのは、ブティック限定モデルという特別仕様のものです。

CODE11.59は一見するとクラシカルかつドレッシーですが、ロイヤルオークのスポーティさも随所に散りばめられていてまさにハイブリッドな次世代モデルという風貌ですね。

Webで情報公開のカウントダウンをするなど新しい取り組みもしており、世界三大ブランドという地位に甘んじることなく挑戦する姿勢には感服させられます。

今回紹介した1本は、前オーナーが純正のDバックルに交換しているため標準モデルを購入するよりかなりお得です(Dバックルもホワイトゴールドでお高いですから……)。

また、製品自体の個体数もまだまだ少なく現物をじっくり見るチャンスでもあります! すぐに売れてしまう可能性もありますので、まずは当店HPで在庫を確認いただければ幸いです。

皆様のご来店、お待ちしております。

所在地東京都中央区銀座1-6-6 GINZA ARROWS1F
TEL03-5250-7272
営業時間11:00〜19:00(日曜祝日〜18:00まで)
定休日水曜日
公式サイトhttps://www.moon-phase.jp/
【MOON PHASE(ムーンフェイズ)銀座】

腕時計に関する記事はこちらから

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.