フォーマルからインフォーマルまで、自身のこだわりを移す鏡として選ばれる腕時計の数々。ここではブランド腕時計専門店・MOON PHASE(ムーンフェイズ)が最新モデルからアンティークまで、見る者の感性を刺激する1本をセレクト。今回はドイツ時計の最高峰A.ランゲ&ゾーネから、アニュアルカレンダー搭載のサクソニアをご紹介しよう。

A.LANGE & SÖHNE
ドイツにて時計師として名を馳せていたアドルフ・ランゲが、1845年に時計工房を開いたのがはじまり。彼はこの地を、住民と共に高級時計製造の聖地へと押し上げた。アドルフの死後は2人の息子が後継ぎになり、製造規模を拡大。1868年に「A.LANGE & SÖHNE(A.ランゲ&ゾーネ)」=A.ランゲと息子たち、というブランド名が誕生。伝統的な手法、技術を惜しみなく現代のハイテクノロジーに投入し、2007年には「31日間パワーリザーブ」という空前絶後の『ランゲ31』、2008年には120時間パワーリザーブ、世界初ハック機能付きトゥールビヨン『カバレット トゥールビヨン 』などの発表で、次々と時計の常識を覆してきた。その挑戦はいまなお続いている。

復活の狼煙

1948年、東独政府の接収によって一度はブランドが消滅したA.ランゲ&ゾーネ。

それから40年以上の月日が経ち、1990年に東西ドイツが統一。長きに渡り再起の夢を持ち続けたウォルター・ランゲはその年に行動を開始する。

そして1994年、ブランドは満を辞して復活の狼煙をあげた。この狼煙こそ、復興コレクションと呼ばれる4本の時計『ランゲ1』、『サクソニア』、『アーケード』、『トゥールビヨン “プール・ル・メリット”』である。

今回ご紹介するのは、その中の一つ『サクソニア』。

当連載ではVol.16にて、シンプルな3針タイプのサクソニアを紹介しているが、本モデルはアニュアルカレンダー、ムーンフェイズといった多数の機能を搭載した上位モデルだ。
※アニュアルカレンダー(年次カレンダー)とは、年に1回のみの調整で30日・31日と変化する月にも対応してくれる機構のこと
※ムーンフェイズは月齢(月の満ち欠け)表示機能

画像: サクソニア アニュアルカレンダー

サクソニア アニュアルカレンダー

明快なカレンダー機能の数々

では、さっそくその詳細を見ていこう。

ダイヤル上部にはアウトサイズデイト(ビッグデイト・日付)、そして左右には曜日、月表示が並ぶ。

余白、文字の見やすさ、どれもシンプルだが美しいバランスで仕上がっており、すべての要素が明快に読み取れるようになっている。

「シンプル」とは言ったが、ダイヤル下部にあるムーンフェイズがアクセントとなっているためまったく飽きがこないことも特筆したい。

変化に富む表情

そして、本モデルを手に入れた人だけが気づく魅力がもう一つ。それが表情の変化だ。

写真ではインダイヤルの針はすべて12時方向を指しているが、この方向で揃うのは12月の月曜日のみ。デイト表示も加味すれば、1年を通して同じ見た目になることはない。

針の位置によって、笑っている、怒っている、泣いている……といったように、まるで時計に意思があるかのような表情が楽しめるわけだ。

画像: 美しいブルーで彩られたムーンフェイズ

美しいブルーで彩られたムーンフェイズ

ムーンフェイズ表示も然り。鮮やかなブルーの空に浮かぶ銀色の月、そして散りばめられた金の星たちが、日々持ち主の目を楽しませてくれるだろう。

この数々の機構を動作させている心臓部はシースルーバックから見ることができる。手作業によって施されたエングレービング(彫金)は圧巻だ。

機能、装飾、そしてブランドとしてのステータス。どれをとっても一級品のA.ランゲ&ゾーネ。

当然価格にもそれらは反映されてくるが、世界中が納得する仕上がりの美しさは値段以上の価値があるといえるだろう。

A.ランゲ&ゾーネ
サクソニア アニュアルカレンダー
品番:330.026 / LS3303AP
素材:WG(ホワイトゴールド)
サイズ:縦38.5㎜×横38.5㎜
防水:日常生活防水
ムーブメント:自動巻き
文字盤:ホワイト
販売価格:3,180,000円(税込)※USED
参考定価:5,940,000円
【付属品】
外箱、内箱、保証書(2019年10月)等が付属
※価格は2020年10月現在のMOON PHASE銀座店・販売価格です。

MOON PHASE 〜STAFF VOICE〜

腕時計といえばスイス……と言いたいところですが、ドイツブランドの技術力も負けておりません。とくにA.ランゲ&ゾーネは超一級。世界5大ブランドとして数えられるほど間違いのないブランドです。

本モデルはアニュアルカレンダーがついていますので価格もちょっと高めですが、実機を目の前にしたら思わず納得してしまう不思議な魅力があります。

同じシリーズにはプラチナやピンクゴールドのモデルもあって、それぞれダイヤルカラーやムーンフェイズのカラーが異なります。

本モデルはケースにホワイトゴールドを使っており、シーンを選ばず活用できるかと思います。(プラチナモデルも似た色ですが、ちょっとお値段が上がります)

この美しさはやはり写真ではなく実機で見ていただきたい!ぜひ本モデルを見にお店にいらしてくださいませ。

所在地東京都中央区銀座1-6-6 GINZA ARROWS1F
TEL03-5250-7272
営業時間11:00〜19:00(日曜祝日〜18:00まで)
定休日水曜日
公式サイトhttps://www.moon-phase.jp/ --
【MOON PHASE(ムーンフェイズ)銀座】

腕時計に関する記事はこちらから

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.