フォーマルからインフォーマルまで、自身のこだわりを移す鏡として選ばれる腕時計の数々。ここではブランド腕時計専門店・MOON PHASE(ムーンフェイズ)が最新モデルからアンティークまで、見る者の感性を刺激する1本をセレクト。今回はカルティエから、2020年に新たなコレクションとして生まれ変わった パシャ ドゥ カルティエをご紹介しよう。

Cartier
世界のトップジュエラーに君臨するブランドでありながら、時計史に刻んできた功績はとても大きく、現在の時計業界への影響力も非常に高いのがカルティエ。とくに1904年に発表された「サントス」は、“時計を腕に巻く”という腕時計の概念を普及し、懐中時計から腕時計への移行を後押ししたほど。ほかにも「タンク」「パシャ」などのロングセラーモデルをいくつもラインナップし、どのモデルも美しい造形のケースに高度な技術を誇るムーブメントが納められていることでも定評がある。近年も「バロン ブルー」「カリブル ドゥ カルティエ」などの新シリーズを続々とリリース。片時も目を離すことのできないメゾンである。

新たなコレクションとして始動

1985年に誕生して以来、熱狂的な人気を誇っていたカルティエのパシャ コレクション。メンズモデルやレディースモデル、ユニセックスモデルと多数のサイズ展開を見せていたが、近年はその一部を残し生産を終了していた。

そんなパシャコレクションが2020年に『パシャ ドゥ カルティエ』として、モデルを一部統合する形でリローンチ。今回は同コレクションから、41㎜サイズのメンズモデルをご紹介しよう。

画像: パシャ ドゥ カルティエ

パシャ ドゥ カルティエ

リローンチといっても、大きくデザインが変わったわけではない。文字盤の中に配置されたスクエア、特徴的なアラビア数字、チェーンで固定されたリューズキャップなど、パシャとしてのデザインコードはそのまま継承している。

しかし、新たに展開するにあたって、細かな調整が加えられている部分もある。

まずはパシャシリーズではお馴染みとなっているリューズキャップ。チェーンを固定するプレートがケースに埋め込まれ、よりスッキリとしたシルエットに。

そのリューズキャップを外すと、シンセティック スピネル(人工宝石)を搭載したリューズが現れる。これまでのモデルではリューズ本体に石は無かったため、より豪華仕様になったといえる。

パシャ ドゥ カルティエになってもっとも大きな変更点は、ブレスレット部分に搭載されたクィックスイッチシステムだ。これは工具不要で簡単にストラップ交換ができるというもの。

本モデルにはブレスレットとは別に、アリゲーターレザーのストラップが付属されているので、いつでも気軽に交換が可能だ。これはかなりうれしい仕様だろう。

画像: 新たなコレクションとして始動

心臓部には耐磁性に優れた自社製ムーブメントの1847 MCを搭載。その精密な動きはシースルーバックから見ることができる。

新たなコレクションとして、よりエレガンスに、より利便性が向上したパシャ。そのスタイリングは、ラミ・マレックやレイジー・ウィリアムズといったアンバサダーたちのインタビュー動画でも垣間見ることができる。こちらも併せてチェックだ。

画像: Interview with Rami Malek www.youtube.com

Interview with Rami Malek

www.youtube.com

Cartier
パシャ ドゥ カルティエ
品番:WSPA0009
素材:SS(ステンレススチール)
サイズ:縦41㎜×横41㎜
防水:100M防水
ムーブメント:自動巻き
文字盤:シルバー
販売価格:598,000円(税込)※国内正規USED品
国内参考定価:781,000円
【付属品】
外箱、内箱、保証書(2021年3月)、純正新品革ベルト、純正バックル等が付属
※価格は2021年8月現在のMOON PHASE銀座店・販売価格です。

MOON PHASE 〜STAFF VOICE〜

カルティエのパシャはとても人気のあるコレクションです。そのデザインは非常に洗練されていて、身につけるだけでその人をエレガントにしてくれる……そんな錯覚(笑)すら感じさせる時計です。

本モデルには、ベルト交換のクィックリンクシステムとは別に、ブレスレットの長さ自体を簡単に調整できるスマートリンクサイズ調整システムという最新機能も搭載しています。これを利用してパートナーと兼用する、なんてのもいいかもしれませんね!

所在地東京都中央区銀座1-6-6 GINZA ARROWS1F
TEL03-5250-7272
営業時間11:00〜19:00(日曜祝日〜18:00まで)
定休日水曜日
公式サイトhttps://moon-phase.jp/
【MOON PHASE(ムーンフェイズ)銀座】

腕時計に関する記事はこちらから

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.