フォーマルからインフォーマルまで、自身のこだわりを移す鏡として選ばれる腕時計の数々。ここではブランド腕時計専門店・MOON PHASE(ムーンフェイズ)が最新モデルからアンティークまで、見る者の感性を刺激する1本をセレクト。今回はパネライから、グリーンの文字盤が特徴的なラジオミールをご紹介しよう。

OFFICINE PANERAI
40㎜を越す大型ケースに厚みのある無骨なデザインの時計を展開するオフィチーネ・パネライ。創業は1860年と古いものの、元はイタリアの軍用時計を手がけるメーカーであり、軍事機密もあって一般的には知られていなかった。そんな軍需契約が終了する1993年に民生用として時計を販売。その後、シルベスター・スタローン主演の映画「デイライト」で起用され、一躍注目を集める。以降、高い防水性を備えた厚みのあるケースデザインの「ルミノール」シリーズや、厚みを抑えエレガントさを持たせた「ラジオミール」シリーズを中心に展開。近年では、自社開発キャリバーにも注力し、技術革新への期待が高まっている。

いまトレンドのグリーン文字盤を搭載

今回は、パネライの代表的なコレクションである『ラジオミール』から現行モデルをセレクト。

文字盤は2021年のトレンドでもあるグリーンダイヤルで、軍事用ダイバーズウォッチとしての歴史も相まって非常にミリタリー感溢れる仕上がりとなっている。(カラー名もミリタリーグリーンだ)

リューズガードを装着したゴツいイメージのルミノールと比べてすっきりした印象のあるラジオミール。これまでのモデルではストラップ装着にワイヤーラグを採用していたが、近年のモデルから通常ラグのモデルも増えてきた。本モデルも通常のラグを採用している。

文字盤は“サンドイッチ文字盤”という二重構造になっており、下板に塗られた夜光塗料の発光を最大限活かせる仕組み。インデックスを型抜きしているため独特の書体になっており、そのかわいさからサンドイッチ文字盤のファンも多いという。

本モデルは自社製のキャリバーP.4000を搭載。このキャリバーは自動巻きながらマイクロローターを採用しているため、手巻きモデルと同程度の厚みを実現している。

画像: サイズは左から42㎜、45㎜、47㎜

サイズは左から42㎜、45㎜、47㎜

サイズは45㎜。同シリーズには42㎜(上写真左)、48㎜(上写真右)があるが、小さすぎず大きすぎずの45㎜は非常に使いやすいだろう。

トレンドのカラーではあるが、ラジオミールが持つ雰囲気と歴史的背景がとてもうまくマッチした1本。流行問わず長く使えることは間違いない。もしグリーンの時計をお探しなら、ぜひ本モデルを手にとってみてほしい。

MOON PHASE 〜STAFF VOICE〜

近年、通常のラグを採用したラジオミールも人気が出てきています。ワイヤーラグだとどうしてもレトロになりすぎるといった声もあったため、それが理由でラジオミールを保留していた方には非常にオススメできる1本です。

ミリタリーグリーンと呼ばれる文字盤の深い緑は、近年流行りのグリーンとはまた少し違った良さがありますね。

今回ご紹介した個体にはベルトも3種類付属しますので、お好みに合わせて使い分けていただければと思います。

OFFICINE PANERAI
ラジオミール
品番:PAM00995
素材:SS(ステンレススチール)
サイズ:縦45㎜×横45㎜
防水:100M防水
ムーブメント:自動巻き
文字盤:グリーン
販売価格:1,055,000円(税込)※国内正規未使用品
国内参考定価:1,353,000円
【付属品】
外箱、内箱、保証書(2020年12月)等が付属
※価格は2021年10月現在のMOON PHASE銀座店・販売価格です。

所在地東京都中央区銀座1-6-6 GINZA ARROWS1F
TEL03-5250-7272
営業時間11:00〜19:00(日曜祝日〜18:00まで)
定休日水曜日
公式サイトhttps://moon-phase.jp/
【MOON PHASE(ムーンフェイズ)銀座】

腕時計に関する記事はこちらから

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.