フォーマルからインフォーマルまで、自身のこだわりを移す鏡として選ばれる腕時計の数々。ここではブランド腕時計専門店・MOON PHASE(ムーンフェイズ)が最新モデルからアンティークまで、見る者の感性を刺激する1本をセレクト。今回はロレックスから、クラシックウォッチの典型としてロングセラーになっている『デイトジャスト』をご紹介しよう。

ROLEX
世界でもっともポピュラーな腕時計ブランドがROLEX(ロレックス)。高級時計の代名詞といっても過言ではないが、その歴史は1905年の創業から100年余りと意外と短い。その間の偉業は数知れないが、高い防水性を実現した「オイスターケース」、自動巻ローター「パーペチュアル」の技術は、新興ブランドであったROLEXを不動の地位に押し上げた。

超ロングセラーのクラシックウォッチ

高級腕時計の代名詞として知られるロレックス。デイトナやサブマリーナーといったスポーツウォッチから、デイデイトやチェリーニといったクラシックウォッチまで、そのラインナップは多岐にわたる。

今回ご紹介するのは、クラシックウォッチとして1945年に誕生した『デイトジャスト』。ベゼルや文字盤、素材やブレスレット形状など、多彩なバリエーションの組み合わせが楽しめるコレクションで、誕生から75年以上ロングセラーとなっている。

画像: デイトジャスト36

デイトジャスト36

数あるデイトジャストの中からここでセレクトしたのは2021年12月現在の最新モデルで、各部位の組み合わせは下記の通り。

サイズ:36㎜
素材:ステンレススチール
ベゼル:ドーム
ブレスレット:オイスター
文字盤:ブライトブルー、フルーテッドモチーフ

デイトジャストといえば、フルーテッドベゼル(山型でギザギザのベゼル)を想起する方も多いだろうが、本個体には丸みを帯びたドームベゼルを採用。フルーテッドベゼルとは異なる柔らかい光の反射で、美しくエレガントな輪郭が際立つ仕上がりとなっている。

画像: ベゼルからラグにかけて美しい曲線を描くドームベゼル

ベゼルからラグにかけて美しい曲線を描くドームベゼル

そんなベゼルと対照的なのが青みの美しいブライトブルーを採用した文字盤だ。本個体は文字盤のデザインが“フルーテッド”モチーフになっており、盤面に施された2種類の彫りが見る角度によって煌めく。ホワイトのゴールド製アワーマーカーは、明暗に輝くブルーの中でも際立って見え視認性も抜群である。

3時位置にはデイトジャストでお馴染みのサイクロップレンズを搭載。日付表示を2.5倍に拡大してくれるので、文字盤同様に視認性は非常に高い。

ブレスレットは、シンプルなフォルムと機能性が融合したオイスターブレスレット。堅牢性に優れた構造であり、快適な着用感を与えてくれる定番ブレスレットだ。

ムーブメントには自社製キャリバー3235を搭載。パワーリザーブは約70時間となっており、日々の生活で非常に使いやすい仕様。

ロレックスの中でもデイトジャストは非常に人気が高い。各部位の組み合わせが自分好みなものであれば、すぐにでも入手したい1本である。

ROLEX
デイトジャスト36
品番:126200
素材:ステンレススチール
サイズ:縦36㎜×横36㎜
防水:100M防水
ムーブメント:自動巻き
文字盤:ブライトブルー
販売価格:1,208,000円(税込)※未使用品
【付属品】
外箱、内箱、保証書(2021年8月)等が付属
※価格は2021年12月現在のMOON PHASE銀座店・販売価格です。

MOON PHASE 〜STAFF VOICE〜

ロレックスのロングセラーであり、機能性やビジュアルにおいて間違いのない1本がデイトジャストです。キャリバーも新しくなってパワーリザーブは70時間。土日に外しておいても止まらないというのは、ビジネスパーソンにとって非常にありがたい仕様でしょう。

現在の時計シーンでは40㎜以上を求める人も多く、デイトジャストにも41㎜サイズがあります。しかしオリジナルサイズは36㎜であり、現在高騰してきているのもこちらのサイズです。

実際、ビジネスウォッチとしては36㎜は非常に使いやすいので、サイズ感、費用、今後の価格推移など複合的に考えて選んでいただくのが良いかと思います。

余談ですが、来年の春頃には新作が発表されるのでは?と予想されているロレックス。デイトジャストに関しては出たばかりですので変更はないかと思いますが……はたして何が発表されるのか? 今から楽しみですね!

所在地東京都中央区銀座1-6-6 GINZA ARROWS1F
TEL03-5250-7272
営業時間11:00〜19:00(日曜祝日〜18:00まで)
定休日水曜日
公式サイトhttps://moon-phase.jp/
【MOON PHASE(ムーンフェイズ)銀座】

腕時計に関する記事はこちらから

This article is a sponsored article by
''.