2020年4月4日、話題のニューモデル カワサキZ H2/Ninja 1000SXがいよいよ国内デビュー!カワサキプラザでの定期点検5回・オイル交換3回を無償で行なう“カワサキケアモデル”です。
(カワサキプラザネットワークのプレスリリースより)
画像: (C)東本昌平先生・モーターマガジン社

(C)東本昌平先生・モーターマガジン社

ラグジュアリーとは、いわば必要がないモノに対して贅を尽くすことだと思う。ある意味、不要不急なものだ(苦笑)。
オートバイに乗る、ということは、大抵の人にとっては移動手段としてではなく、趣味として、どこかに行くことではなく乗ることそのものが目的になる。
そういう何物にも変えがたい極上の時間を得るために、人はオートバイを買う、オートバイに乗るのである。
カワサキというメーカーは、そのことをよく知っている、と思う。ストリートモデル、それもネイキッドで200PSものハイパワーを用意することは、効率を考えればムダの一言だ。それでも出せるなら出してしまう、必要ないかもしれないけど、出してみたいじゃない、というやんちゃな気分。そんな子供じみた心持ちをいまだに抱えたオトナには、やけに響くのである。

カワサキZ H2

新時代の幕開けを予感させる、Zシリーズの新しいフラッグシップモデル Z H2。

ネイキッドのスタイリングに磨きを掛けて、バランス型スーパーチャージドエンジンを搭載。
パワー全域を余すところなく楽しめるパフォーマンスと燃費性能に加え、多数の最新装備を採用し、操縦性・快適性を高いレベルで実現。
まさにZシリーズのフラッグシップと呼ぶにふさわしい革新的ニューモデル。

くわしくはこちらから

カワサキ Ninja 1000SX

スポーティなライディングフィールとツーリングでの快適性を持ち合わせるスポーツツアラー Ninja 1000SX。

片側1本出しマフラーの採用と全灯LED化による、よりスポーティかつダイナミックな新スタイリング。
スマートフォン接続機能を備えた新型4.3インチフルデジタルTFTカラー液晶スクリーンを始め、最新の電子制御システムを採用。
ライダーの幅広いニーズを満たすスポーツツアラーが、さらに魅力的なマシンへと変貌を遂げた。

くわしくはこちらから

画像3: Kawasaki Z H2/Ninja 1000SXがいよいよ国内デビュー

楠雅彦 | Masahiko Kusunoki

車と女性と映画が好きなフリーランサー。

Machu Picchu(マチュピチュ)に行くのが最近の夢。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.