第46回 東京モーターショー2019が開催。2019年10月23日のプレスデーにて、川崎重工(カワサキ)は、スーパーネイキッドZシリーズのフラッグシップとして、超絶のハイパワーと公道での扱いやすさ、そして優れた燃費性能を持つ、Z H2 を発表した(参考出品にて発売は未定。)

Zの称号を冠し、スーパーチャージャーを搭載した究極の公道モデル

究極を意味するZの称号を持つこのモーターサイクルは、Ninja H2ゆずりのスーパーチャージャー付き998㎤ 水冷並列4気筒バランス型スーパーチャージドエンジンを搭載、実に200馬力を叩き出す。(主要諸元は下記参照)

およそ公道を疾るバイク、しかもサーキットに持ち込んだり主に高速道路での走行を想定していない、カウリングなしの(=ネイキッド)マシンには過ぎたるスペックのように思うが、低中速域に重きを置いたセッティングや、新設計のトレリスフレームやフロントサスペンション「SFF-BP(Separate Function Fork-Big Piston)」などの採用によって剛性を増した車体により、安全性と快適さを併せ持つ、近代的なモンスターを生み出すことに成功した。

画像1: Zの称号を冠し、スーパーチャージャーを搭載した究極の公道モデル
画像: スーパーネイキッドZシリーズ共通のデザインコンセプトである「Sugomi」デザインを体現しながら、スーパーチャージャーのエアインテークダクトを活かした左右非対称のデザインを採用。

スーパーネイキッドZシリーズ共通のデザインコンセプトである「Sugomi」デザインを体現しながら、スーパーチャージャーのエアインテークダクトを活かした左右非対称のデザインを採用。

画像2: Zの称号を冠し、スーパーチャージャーを搭載した究極の公道モデル
画像: 同時に発表されたNinja ZX-25R(ワールドプレミア/参考出品)。 250cc クラスのラインナップでは、2019年10月現在では唯一となる並列 4気筒エンジン(スムーズで滑らかな回転フィーリングを持つ、新開発の 249㎤  水冷 4ストローク並列 4 気筒 DOHC4 バルブエンジン)を搭載したスーパースポーツモデル。

同時に発表されたNinja ZX-25R(ワールドプレミア/参考出品)。
250cc クラスのラインナップでは、2019年10月現在では唯一となる並列 4気筒エンジン(スムーズで滑らかな回転フィーリングを持つ、新開発の 249㎤ 水冷 4ストローク並列 4 気筒 DOHC4 バルブエンジン)を搭載したスーパースポーツモデル。

画像3: Zの称号を冠し、スーパーチャージャーを搭載した究極の公道モデル
画像4: Zの称号を冠し、スーパーチャージャーを搭載した究極の公道モデル
画像5: Zの称号を冠し、スーパーチャージャーを搭載した究極の公道モデル
画像6: Zの称号を冠し、スーパーチャージャーを搭載した究極の公道モデル

This article is a sponsored article by
''.