フォーマルからインフォーマルまで、自身のこだわりを移す鏡として選ばれる腕時計の数々。ここではブランド腕時計専門店・MOON PHASE(ムーンフェイズ)が最新モデルからアンティークまで、見る者の感性を刺激する1本をセレクト。今回は、ロレックスのアンティークとしてファンの多いバブルバックをご紹介。

ROLEX
世界でもっともポピュラーな腕時計ブランドがROLEX(ロレックス)。高級時計の代名詞といっても過言ではないが、その歴史は1905年の創業から100年余りと意外と短い。その間の偉業は数知れないが、高い防水性を実現した「オイスターケース」、自動巻ローター「パーペチュアル」の技術は、新興ブランドであったROLEXを不動の地位に押し上げた。

防水自動巻き時計の礎として

まだ自動巻きの時計に防水機能がなかった時代に、ロレックスが初めて完成させた防水自動巻き腕時計「オイスターパーペチュアル」。この時計の愛称がバブルバックである。

この名は裏蓋の膨らみに由来しており、その形状がまるで泡のように見えることからいつからかバブルバックと呼ばれるようになった。これはデザインではなく、パーペチュアル機構によるローターの出っ張りを収めるためのスペースを設けたためであり、1930年から50年代のロレックスに見られる特長のひとつ。

バブルバックは、アンティーク時計のなかでも非常に人気があり、コレクターも多いモデルである。

膨大なバリエーションから自分だけの1本を

バブルバックは20年以上も製造されてきたことから、文字盤やケースの素材・形状、針のバリエーションなどがとにかく豊富。

たとえば上半分はローマ数字、下半分はアラビア数字になっている遊び心溢れるユニークダイヤルや、長針短針が独特な形状のもの、フーデッド(ベルト装着部分のカバー)のあるものなど、枚挙にいとまがない。それら組み合わせ次第では驚くような価格に跳ね上がることも。

画像: こちらはユニークダイヤル&ベンツ針&黒文字盤のバブルバック

こちらはユニークダイヤル&ベンツ針&黒文字盤のバブルバック

画像: ベルト装着部にカバーのついたフーデッドタイプは価格も高くなる傾向にある

ベルト装着部にカバーのついたフーデッドタイプは価格も高くなる傾向にある

今回セレクトしたバブルバックは、インデックスは飛びローマ、針はリーフ針、文字盤下部にはスモールセコンドを搭載。文字盤のコンディションがよく、ケースのピンクゴールドがとても上品である。

画像: インデックスはⅫ・Ⅱ・Ⅳ……と1つずつローマ数字が飛んでいる「飛びローマ」。文字盤下部には独立した秒針機能のスモールセコンド

インデックスはⅫ・Ⅱ・Ⅳ……と1つずつローマ数字が飛んでいる「飛びローマ」。文字盤下部には独立した秒針機能のスモールセコンド

アンティークは一期一会。なかでもバブルバックで気に入ったものと出合うことはとても幸運なこと。それはまさに自分だけの1本。運命と思ってぜひ手にとってみてほしい。

画像: アンティークとしてキレイ過ぎず、かといって経年変化もし過ぎず、とてもバランスのとれた1本

アンティークとしてキレイ過ぎず、かといって経年変化もし過ぎず、とてもバランスのとれた1本

画像: 裏蓋の膨らみには防水仕様のムーブメントが収まっている

裏蓋の膨らみには防水仕様のムーブメントが収まっている

ロレックス バブルバック
品番:ROLEX / 3130
素材:PG(ピンクゴールド)
サイズ:縦32㎜×横32㎜
ムーブメント:自動巻き
文字盤:シルバー
販売価格:1,150,000円(税込)※アンティーク
【付属品】
なし
※価格は2019年9月現在のMOON PHASE銀座店・販売価格です。

MOON PHASE 〜STAFF VOICE〜

ケースサイズは32㎜で、メンズの時計としてはかなり小ぶりです。現行の時計に慣れてしまうとボリューム感が少なく物足りないと思うかもしれませんが、その存在感は確か。歴史を感じさせる上品なスタイルはほかの時計では味わえないでしょう。

ちなみに今回紹介している1本の素材は14金。当時は金質がさまざまあって、なかには9金なんてものもあります。金だから高いということはなく、ステレンスのほうが高いこともあります。価格はダイヤルの良し悪しが大きいですね。

一般的な時計店では、バブルバックを探しても1、2本置いてある程度ですが、弊社では代表がバブルバック好きということもあり、かなり豊富に取り揃えています。コンディションを問わなければ30万円からありますので、ぜひ気に入った1本を探しにきてください。

所在地東京都中央区銀座1-6-6 GINZA ARROWS1F
TEL03-5250-7272
営業時間11:00〜19:00(日曜祝日〜18:00まで)
定休日水曜日
公式サイトhttps://www.moon-phase.jp/
【MOON PHASE(ムーンフェイズ)銀座】

This article is a sponsored article by
''.