フォーマルからインフォーマルまで、自身のこだわりを移す鏡として選ばれる腕時計の数々。ここではブランド腕時計専門店・MOON PHASE(ムーンフェイズ)が最新モデルからアンティークまで、見る者の感性を刺激する1本をセレクト。今回はカルティエから、ドライブ ドゥ カルティエをご紹介しよう。

Cartier
世界のトップジュエラーに君臨するブランドでありながら、時計史に刻んできた功績はとても大きく、現在の時計業界への影響力も非常に高いのがカルティエ。とくに1904年に発表された「サントス」は、“時計を腕に巻く”という腕時計の概念を普及し、懐中時計から腕時計への移行を後押ししたほど。ほかにも「タンク」「パシャ」などのロングセラーモデルをいくつもラインナップし、どのモデルも美しい造形のケースに高度な技術を誇るムーブメントが納められていることでも定評がある。近年も「バロン ブルー」「カリブル ドゥ カルティエ」などの新シリーズを続々とリリース。片時も目を離すことのできないメゾンである。

2016年に登場した新たなコレクション

サントス・デュモンや、サントス ドゥ カルティエ、コレクション プリヴェなど、数々の名作時計を生み出してきたカルティエ。ジュエラーならではの発想に加え、生粋の時計ブランドに勝るとも劣らない技術力は、多くの時計ファンを唸らせてきた。

そんな同ブランドが2016年に発表したのが『ドライブ ドゥ カルティエ』だ。
無駄を削ぎ落としたライン、明確なフォルム、完璧なプロポーション、洗練されたディテールというカルティエ独自の4原則を守りつつ、これまでになかったケース形状「クッションシェイプ」を採用した新コレクションである。

画像: ドライブ ドゥ カルティエ エクストラフラット

ドライブ ドゥ カルティエ エクストラフラット

今回紹介するのは、同コレクションのなかでも一際注目を集める「エクストラフラット」モデル。その名の通り、ケースが極薄のタイプである。その厚みはなんと6.6㎜(通常モデルは11.25㎜)。

2針でシンプルな文字盤はサテンブラッシュ仕上げのサンレイエフェクトダイアル。中央から放射状に広がる細かな線がケースのピンクゴールドと相まって非常に美しい。

さすがトップジュエラー・カルティエが手がけるだけあって、装飾品としての完成度も非常に高い1本。フォーマルなシーンで映える時計が欲しい!なんて方はぜひ本モデルを選択肢に加えてみてはいかがだろうか。

Cartier
ドライブ ドゥ カルティエ
エクストラフラット
品番:WGNM0006
素材:ピンクゴールド
サイズ:縦38㎜×横39㎜
防水:日常生活防水
ムーブメント:手巻き
文字盤:シルバー
販売価格:980,000円(税込)※USED
参考定価:1,676,400円
【付属品】
外箱、内箱、保証書(2019年12月)等が付属
※価格は2021年5月のMOON PHASE銀座店・販売価格です。

MOON PHASE 〜STAFF VOICE〜

これまでもいろんなドレスウォッチを見てきましたが、やはりジュエラーが作るだけあって非常に上品ですよね。

ドレスウォッチとしてはケース径が大きめで、数値だけ見るとスポーツウォッチ的に見られてしまいがちですが、素材の質感や文字盤の仕上げが上手く絡みあい、これぞドレスウォッチ!という印象になっています。

同ジャンルの時計は比較的値段も高めなことが多いですが、こちらは100万円ほどと比較的手の届きやすい価格なのも魅力です。

当店にはエクストラフラットモデルと通常モデルをご用意しておりますので、厚みや仕上げの違いなどぜひ見比べていただければ幸いです。(売り切れてしまっていたらすみません!)

所在地東京都中央区銀座1-6-6 GINZA ARROWS1F
TEL03-5250-7272
営業時間11:00〜19:00(日曜祝日〜18:00まで)
定休日水曜日
公式サイトhttps://moon-phase.jp/
【MOON PHASE(ムーンフェイズ)銀座】

腕時計に関する記事はこちらから

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.