今年の冬は自宅で過ごすことも多く、“おうち美容アイテム”を贈る方が増えているようです。そこで美容のプロが選ぶ、贈り物にぴったりな美容機器をご紹介いたします。(文:紺野ミク)

美容のプロが選ぶ、ギフトにオススメ美容機器

画像: 美容のプロが選ぶ、ギフトにオススメ美容機器

今年は外出を控えて自宅で過ごす人が増え、おうち美容アイテムの需要が高まっています。ストレスやマスクによる肌トラブルが増えている今だからこそ、しっかりとケアしたいですよね。

そこで、美容機器メーカーのヤーマン社員が選んだ、この冬、ギフトで贈りたいオススメの美容機器をご紹介いたします。

第5位 キャビスパRFコア

キャビスパRFコア 34,000円(税抜)

自宅で本格的なボディケアを叶えるキャビスパシリーズ。その中でオススメなのは 【キャビスパRFコア】

運動だけでは難しい気になる部位のお悩みに対し、エステサロンで人気のキャビテーションをご家庭で再現することを目指した本格ボディケア美容器です。RF(ラジオ波)でお肌を深部まで素早く温め、ボディコンディションを整えつつ、キャビテーションとEMSで気になる部分をケアします。お風呂での使用も可能なので、全身くまなくケアしたい方におすすめです。

第4位 レイボーテRフラッシュ ハイパー

レイボーテRフラッシュ ハイパー 89,000円(税抜)

Rフラッシュローラーにより、脱毛の圧倒的スピードケアが叶う光美容器、レイボーテRフラッシュシリーズ。その中でオススメなのが【レイボーテRフラッシュ ハイパー】

照射口を肌にあてて滑らせるだけでハイパワーフラッシュを高速連射し、全身のムダ毛を高速ケア。
美肌LEDヘッドを新搭載し、エステでも使われる赤色LEDを照射することでつるすべ肌になれちゃいます。ムダ毛ケアは肌の露出が少ない冬が適しているので、ホリデーシーズンのギフトとして最適です。

第3位 フォトスチーマー

フォトスチーマー 72,000円(税抜)

毛穴の悩みや、乾燥によるお肌のしぼみが気になる方のために開発した新作スチーマーシリーズ。その中でオススメなのが【フォトスチーマー】

美肌菌に着目したLEDスチーム美顔器で、約40℃に肌温度を上げるW温スチーム・化粧水ミスト・4色フォトケアと、「3つの浴びるケア」でエステサロンのようなフェイシャルケアを体感することが出来ます。浴びるだけなのにうるおい、毛穴ケアが手軽に行えると人気の商品です。

第2位 フォトプラス プレステージ S

フォトプラス プレステージ S 90,000円(税抜)

シリーズ累計出荷台数250万台超えの美顔器シェアNo.1を誇るフォトプラスシリーズ。その中でオススメなのが【フォトプラス プレステージ S】

「水分量・弾力・バリア機能」を向上する確かな美容技術で、大人のあらゆる肌悩みにエステのような機能をシンプルな5モードに集約して徹底アプローチ。独自技術「DYHP(Dynamic Hyper Pulse)」を搭載し、お肌を一時的にゆるめて高分子の美容成分をお肌に浸透しやすい環境をつくります。

第1位 メディリフト

メディリフト 25,000円(税抜)

1回10分つけるだけで表情筋を鍛えられる、メディリフトシリーズ。その中でオススメなのがTVやSNSで話題の【メディリフト】

印象年齢を決める顔の下半分にアプローチする、ウェアラブル美顔器です。医療でも使われるメディカルシリコーンでお肌を引き上げながら、独自波形のEMSで表情筋を刺激。マスクを装着してスイッチを入れるだけの、100%ハンズフリーのケアを実現しました。たるみを改善し、使用後にしっかりと手ごたえを感じていただける人気商品が堂々の一位です。

【ヤーマン公式サイトはこちらから】

ホリデープロモーション開催中

ヤーマンではこの冬、「GIFT for you. GIFT for me. きれいのスイッチ、あげる。」と題して、大切な人やがんばった自分へのギフトに最適な美容機器をご提案するホリデープロモーションを実施中。特設サイトでは贈りたい人を選んでオススメ美容機器を選べる体験型サイトと、素敵な賞品が当たるプレゼントキャンペーンの詳細もご覧いただけます。

【詳細はこちらから】

画像: ホリデープロモーション開催中

もう12月だなんて全く実感がありませんが(笑)街はイルミネーションでクリスマス気分ですね!クリスマスのギフトや一年頑張った自分へのご褒美で、ぜひおうち美容アイテムを検討してみてくださいね~!

画像: 大切なあの人に。今年の冬は美容機器を贈ってみませんか?

紺野ミク|Miku Konno

モデル・女優などで活躍中の他、2017年からはライターとしても活動。連載を持ちコラム執筆をするなど多方面で活躍中。食べること・飲むことが大好きなお色気お姉様。

InstagramTwitterにて活動をcheck。

あわせて読みたい

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.