こんにちは、今回から恐竜コラム「生田晴香、恐竜と生きる」を書かせていただく恐竜おねえさんこと「生田晴香」です。毎月第1、第3月曜日に更新していくので毎回隅々までチェックしていただけたら嬉しいです。記念すべき第1回は恐竜ショー「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー ライブエクスペリエンス」を通じて伝えたい恐竜の素晴らしさについて前のめりにご紹介します。

連載コラム「生田晴香、恐竜と生きる」。福井恐竜博物館 公認恐竜博士、古生物学会友の会・恐竜倶楽部メンバーでもある自他共に認める恐竜ラバーのタレント生田晴香が、恐竜の素晴らしさを隅から隅まで語り尽くす。壮大な歴史とドラマ、未解明の不思議が交差する魅惑の恐竜ワールドへ、ようこそ。

大人こそ行くべき恐竜ショー&ライブ

さて、早速ですが夏といえば恐竜です。

毎年夏は他の季節に比べ、たくさんの地域で大規模なものから小規模なものまで様々な恐竜イベントが開催され、メディアに出る事も増えます。

どの恐竜イベントもテレビや駅のポスターなどで広告をバンバン出しているので、関東に住んでいる方は恐竜を見ない日はないどころか何回も恐竜を見る機会があるのではないでしょうか。

2019年8月は特に色んな地域を回る大規模な恐竜ショーが多く、横浜アリーナでは「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー ライブエクスペリエンス」、さいたまスーパーアリーナでは「世界一受けたい授業the Live」、市川市文化会館では「恐竜どうぶつ園」が日程を被せて行われていました。

その中で生田晴香がオススメなのは、横浜アリーナでの「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー ライブエクスペリエンス」という恐竜ショーです。

実はその3つは過去に開催されていてどれも行った事があるのですが、ウォーキング・ウィズ・ダイナソー ライブエクスペリエンスはこれまで行ったどのショーよりも迫力があり、圧倒的NO.1だからです。

ウォーキング・ウィズ・ダイナソー ライブエクスペリエンスとは?

画像: t.pia.jp
t.pia.jp

1999年にイギリスのBBCが制作したドキュメンタリー番組をベースに、教育とエンターテイメントを融合させた世界最大の恐竜ライブです。

最新のアニマトロニクスという技術を用いて羽毛まで忠実に再現されたリアルサイズの動く恐竜を目の前で体感することができます。

これまでに日本を含む250都市で、既に900万人以上を動員し、熱狂させてきました。(すごい!)

日本での公演は2010年と2013年にも行っており、6年ぶりの日本での開催となります。今回は8月1日〜8月4日の4日間、1日4公演というスケジュールでした。

次回観られるのはいつになるのか……ここからは、行けなかった方の為にどれだけ素晴らしい世界だったか紹介します。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.